2024年04月16日( 火 )

「防衛大」の検索結果

日本の将来:「市民の覚醒の道」(後)
日本の将来:「市民の覚醒の道」(後)
 今日、日本の経済政策、安全保障政策は、軍産複合体、グローバル企業、金融資本の利益を追求する米国政府のために遂行されている。
日本の将来:「市民の覚醒の道」(前)
日本の将来:「市民の覚醒の道」(前)
 日本は経済、安全保障の両面で、崩壊、没落の方向に進んでいる。
分断された世界と中台問題 日本が備えるべきことは(後)
分断された世界と中台問題 日本が備えるべきことは(後)
 中国の習近平主席は、自分が中国を率いている間に台湾問題を解決したいと表明しており、その際に武力を行使する可能性を否定していない。
分断された世界と中台問題 日本が備えるべきことは(前)
分断された世界と中台問題 日本が備えるべきことは(前)
 ロシアのウクライナ侵攻に対して、国連をはじめ世界は有効に対応できておらず、世界の分断が目立っている。
盛山文科大臣が更迭されないのは元岸田派のため?
盛山文科大臣が更迭されないのは元岸田派のため?
 推薦確認書へのサインなど統一教会とのズブズブの関係が明らかになった盛山正仁・文科大臣だが、16日になってもいまだに更迭されないのは「岸田派だったからではないか」との疑いが強まっている。
高市氏、保守派勉強会での講演はポスト岸田を見据えた動きか?
高市氏、保守派勉強会での講演はポスト岸田を見据えた動きか?
 自民党の保守系議員の勉強会「保守団結の会」が8日に党本部で会合を開き、高市早苗経済安全保障担当大臣の講演会を開いた。安倍晋三元首相は同会「永久顧問」で、高市氏は顧問を務めている。
森山派解散決定で、麻生・茂木両派に与える影響
森山派解散決定で、麻生・茂木両派に与える影響
 25日、自民党の森山派(近未来政治研究会)は、国会内で会合を開き、派閥の解散を正式に決定した。
【新春トップインタビュー】諸先輩から受け継いだ理念を後輩に伝え、国家観を示し、国民の信頼を取り戻す
【新春トップインタビュー】諸先輩から受け継いだ理念を後輩に伝え、国家観を示し、国民の信頼を取り戻す
 今こそ「木を見て森を見ない議論ではなく国家観を語り、国民の信頼を取り戻すべき」と語るのが福岡11区選出で、総務大臣(菅義偉内閣)を務めた武田良太衆議院議員。
世界大戦を前にフィリピン国会で演説する岸田首相(前)
世界大戦を前にフィリピン国会で演説する岸田首相(前)
 10月7日に突然、勃発したように報道されているイスラエル・ハマス戦争ですが、その背景には長年に渡るガザ沖合30kmに眠る膨大な天然ガスの開発利権をめぐる争いの歴史が...
ハマス対イスラエル~軍事的観点から考察する(後)
ハマス対イスラエル~軍事的観点から考察する(後)
 空軍による爆撃という第1段階を経て、現在は地上軍によるガザ地区への侵攻、ハマスが長年構築してきた地下トンネル拠点の攻撃と破壊、テロ指導者の確保や排除という第2段階にイスラエルは進んでいるが...
ハマス対イスラエル~軍事的観点から考察する(前)
ハマス対イスラエル~軍事的観点から考察する(前)
 先日より始まったハマスとイスラエルとの紛争は、現在も激化の一途をたどっている。今回は、なぜハマスがあれほど大規模なイスラエルへのテロ攻撃を行ったかについて、その背景を考えてみたいと思う。
木原防衛相の自衛隊政治利用発言──長崎4区・金子陣営は無法集団か?
木原防衛相の自衛隊政治利用発言──長崎4区・金子陣営は無法集団か?
 岸田政権の命運を左右すると注目された衆院長崎4区補選(10月22日投開票)で初当選した金子容三候補(自民公認・公明推薦)は、「法律違反をしてでも勝つ」という考えなのか。
参院徳島・高知選挙区補選、野党系前職が当選
参院徳島・高知選挙区補選、野党系前職が当選
 22日、投開票の参議院徳島・高知選挙区の補欠選挙は、無所属で元参議院議員の広田一氏(55)の当選が確実となった。
日本保守党は自公政権に反発する保守層の受け皿になり得るか
日本保守党は自公政権に反発する保守層の受け皿になり得るか
 ベストセラー作家で保守論客としても知られる百田尚樹氏と、ジャーナリストの有本香氏が立ち上げた「日本保守党」が17日結党したが、わずかな期間で党員5万人弱となっている。
女性登用で刷新感狙うも政権の安定第一の改造内閣
女性登用で刷新感狙うも政権の安定第一の改造内閣
 13日、岸田文雄首相は内閣改造を行った。留任した松野博一官房長官が19人の閣僚名簿を発表した。
集団指導体制へ移行も、まとまらない安倍派の迷走(2)
集団指導体制へ移行も、まとまらない安倍派の迷走(2)
 自民党内の最大派閥である安倍派の迷走がとまらない。8月17日の総会で当面、集団指導体制で派閥を運営することを決めた。自民党安倍派はどうなっていくのか。その動向をウォッチングしていく。
分裂もあり得る後継会長不在の安倍派の前途多難
分裂もあり得る後継会長不在の安倍派の前途多難
 16日、自民党最大派閥である安倍派のパーティーが開催された。昨年の安倍元首相の逝去から現在まで後継会長が決まっていない。今後の行方を考察する。
山口2区補選、岸候補と平岡候補が互角の戦い(前)
山口2区補選、岸候補と平岡候補が互角の戦い(前)
 自民党が衆参議席を独占する「保守王国・山口」の衆議院山口2区補選で、自民公認の岸のぶちよ候補と野党統一候補で無所属の平岡秀夫候補がほぼ互角の戦いをしている。
保守王国山口~2区選出の岸衆院議員が辞職し長男が世襲か
保守王国山口~2区選出の岸衆院議員が辞職し長男が世襲か
安倍元総理の死去にともない、山口4区の補欠選挙が4月に実施される予定となっている。
防衛費増額をめぐる議論とその背景にあるアメリカの思惑
防衛費増額をめぐる議論とその背景にあるアメリカの思惑
 日本の防衛関係費は対GDP比で約1%の額で推移してきました。1976年当時の三木武夫内閣が閣議決定した「防衛関係費の総額は当該年度のGDPの1%に相当する額を超えないことをめどとする」に端を発しています。
  • 1
  • 2
  • 6