• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月06日 15:11

「激動するアジア情勢と中国経済の行方」~浜田和幸・参院議員が講演(後)

浜田 和幸 参院議員<

浜田 和幸 参院議員

 参議院議員で国際政治学者の浜田和幸氏は4月4日に開いた福岡市の講演会で、「中国企業の海外投資はものすごい勢いで増えている」と中国経済の勢いを語った。2015年は171件150億ドルの投資があり、16年に入っても2カ月で30億ドルを超えている。こうした投資拡大の背景には、中国の企業が国営であること、つまり中国共産党の方針が国営企業と一体化している強みがあると解説。中国経済の失速がささやかれているものの、15年には世界の大富豪ランキングで米国を抜いた。日本での爆買いは氷山の一角にすぎず、1億人の海外ツアー客のうち来日しているのはわずか500万人。裏を返せば、インバウンドにはかなりの伸びしろが残されているということである。

 「中国は権謀術数の国として長い歴史を持つ。そう簡単に内部崩壊しない」。米国の主な政治家にも中国マネーが入り込んでいるという。このように手練手管に長けた国とどうすればうまく付き合っていけるか。それには一般国民の悩みを解決する姿勢を示すことだと浜田氏は主張する。現在、中国で深刻なのは環境問題。「北京では毎年、驚くべき数の奇形児が生まれている状況」。この解決が喫緊に求められている。そこで中国の資金力を使い、日本の高い技術力を使って環境改善に貢献するというアイデアを提示し、中国国民の信頼を獲得することが両国の連携を深めると説明した。

 日本は国連が発表した2016年版「世界幸福調査」において、53位にランキングされた。OECD加盟国としては最下位。1位はデンマーク、米国は13位となっている。かつてGDPで世界2位だった経済大国という状況から遠ざかっており、その不満が政治に反映しているのが現状だ。「日本に生まれて良かったと思える環境に変えていかなければならない」と浜田氏は熱を込める。そのために目を向けるべき地域がアジアだ。P.M2.5が世界で最も深刻な都市がインドのニューデリー。汚染大気の浄化や健康回復に日本の高度な技術で協力し、世界最先端のロボット技術も活用する。さらに「国民が政府に依存する体質をやめ、地域で独立するぐらいの気持ちにならないといけない」と発破をかけた。

 一方、日本経済に重くのしかかっている問題が福祉だ。このまま福祉関係の予算が増えていけば、国家財政を破たんさせてしまう。問題は平均寿命と健康寿命に開きがあることだ。いくら長生きしても、健康でなければ意味がない。そこで浜田氏が提案したのが「Counterclockwise」。時計の針を逆転させようというこの取り組みは、20歳若いという意識づけを行うことによって体質改善を図る。例えば70歳の人に50歳のころの環境を与え、意識の若返りを促す。すると体もその当時の健康を取り戻すとされ、実際にそうした例もあるという。健康寿命を延ばすための創意工夫を凝らし、医療や介護にかかる負担の軽減を図っていく。こうした流れを実現するためのきっかけが20年の東京五輪・パラリンピック。国民一人一人が大会を成功させるために協力することで、ライフスタイルの転換につなげていくというのが浜田氏の考えだ。

 資源小国といわれる日本だが、「排他的経済水域には400年分のエネルギーが眠っている」。燃える氷とも呼ばれるメタンハイドレートだ。「世界のエネルギー事情を考えると、無尽蔵の資源を開発することができれば世界に貢献できる」とメタンハイドレートに注目する。環境、健康、エネルギーなど、日本の高い技術力を生かせる分野は数多くある。そうしたものを生かしながら、「日本発の新しいビジネスモデルを作り出したい」と意気込みを語った。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月27日 17:53

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(後)

 脊振山頂駐車場に停めた愛車の車内で、粉末の即席ぜんざいをコップに入れ湯を注ぐ。コンビニで買ったソフトパンを頬張り、ぜんざいとともにお腹に流し込んだ。ようやくエネルギ...

2021年01月27日 17:42

山村の過疎化地域で「小水力発電」~消滅の危機に瀕する山間地産業が復活(後)

 第二次世界大戦以前の日本では、都市部への電力供給のために巨大ダムが建設されると同時に、全国の農村部では村役場や住民有志が資金を集めて建設した小水力発電が普及していた...

2021年01月27日 17:00

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(2)

 イエレン氏に呼応する形で、パウエル議長も財政債務論の見直しに踏み込んでいる。パウエル議長は景気回復と財政の持続性はともに重要であり、政府債務のGDP比は高いが、国債...

2021年01月27日 16:42

【2/17~26】日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」~五感すべてを使って楽しめる新感覚のアート

 毎日を生きるなかで、つい忘れがちな「ときめき」を、抽象画や写真とのコラボレーションで斬新な世界をつくり出すことで表現しているアーティストの山田ゆかり氏と、多くの油絵...

2021年01月27日 16:25

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(2)

 『長野にも仕事場があるんですが、これまでは長野と東京などの都会を行き来することで自然とバランスをとっていたところがあって、それができなくなったので最初のころは大変で...

「復興五輪」悪魔の正体

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「日本はいま『原子力緊急事態宣言』下に置かれている。被ばく線量の上限が変更...

2021年01月27日 14:41

【福岡県に緊急事態宣言】(16)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(2)

 福岡市南区にある創作料理店を営む店主(個人事業主)は2度目の緊急事態宣言の影響について、下記のようにコメントした...

2021年01月27日 14:05

緊急事態宣言下の首都圏、“路頭”に迷いつつある営業マンら〜耐えることしかできないのか

 「前回の緊急事態宣言時とは違い、外回りの営業をしています。しかし、アポはほとんど取れず、売上は既存客との電話による商談のみです。会える人はごく僅かですが、それでも可...

2021年01月27日 13:37

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(3)

 折口雅博氏がベンチャー起業家として脚光を浴びたのは、1999年から2000年にかけてのネットバブルの狂乱時代である...

pagetop