• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月16日 07:03

人口増が続く福岡市の今後の都市づくりの方向性とは(後) 福岡の未来を創る101社 

M&R地域マーケティング研究所 代表 吉田 潔 氏
(株)環境デザイン機構 代表取締役 佐藤 俊郎 氏

 神戸市の人口を抜き政令市として5位の都市となるなど、全国的に人口が減少している自治体が多いなか、人口増の勢いが止まらない福岡市。福岡市は今後、人口減が進む日本のなかで、どういった独自の強みを打ち出し、どのような街づくりを進めていくべきか――。これまでさまざまな地域づくりに携わってこられたスペシャリストである、M&R地域マーケティング研究所・代表の吉田潔氏、(株)環境デザイン機構・代表取締役の佐藤俊郎氏のお2人に、対談をしていただいた。

taidan 佐藤 本来ならば福岡は、釜山であれ、ソウルであれ、シンガポールであれ、そうしたところと肩を並べて競争するということが、本当は一番できやすい街なんだろうな、と思いますね。距離感や交通の便も含めて。そういったところの、地理的な条件というのは、ほかの街に比べても格段に優位な点だと思います。
 それで、「福岡は何で勝っていくか」「福岡の基盤は何か」という話ですが、たしかにアジアから来る人たちもそうですし、国内から見ても、住みやすさというところでは誰もが言っているわけですが、それをさらにどう発展させていくのか。たとえば以前よく言われていた「道州制」のようなものは、ずっと言い続けてもいい動きだと思います。ほかのところができなかったら、とにかく九州だけでも、とかね。
 そのとき、仮に九州がほかと切り離され、福岡市が『首都』という意味合いになったときに、どういう風格と、どういう街であるべきなのか。九州という大きな枠組みのなかでの福岡市の役割みたいなものを論じたほうが、可能性が出てくるような気がするんですよね。今はもうあまり聞かなくなりましたが、「道州制」の州都というのも、夢ではないのではないか、と。

 吉田 福岡が昔から、「ダム効果」と言われていましたよね。東京に流れていくのを福岡でストップさせるという意味で。そういう機能がある。たしかにそれはそうで、だから人口が増えているんですけれどね。箱崎の問題に関して言えば、100年の計じゃありませんが、相当長期的なスパンに立った見方のできる人の知恵を集めてやらなければいけないと思います。
 やはり人間が仕事して生きていくうえで、飲んで、食べて、遊んで、文化的なクリエイティブ性みたいなものがあって、生業があって――と、これはもう車の両輪みたいなものですから。どれが欠けてもならないわけです。やっぱりそれをうまく、バランス良く、回していくということです。市全体としては、どれに特化しても良くない。

 佐藤 私は、やはり大学――最高の教育機関というのは、すごく大事だと思いますよ。いろいろな研究をやるということもそうだし、今は大学が実学と結びついているようなところがすごくあるじゃないですか。そういった意味では、九大が福岡にあるということを、大学そのものがどう位置づけていくか。そういうことも、福岡の戦略上、すごく重要なことじゃないかと思っていて、やはり九州・福岡を背負っていく大学として、どういった独自性を出していくのか、どういう技術がほかのところよりも際だっているのか。それを波及する場、実証する場として福岡がある、というところがあればいいんじゃないかと思っています。

(了)

<プロフィール>
yosida_pr吉田 潔
1946年生まれ。地域マーケティング研究所代表。和歌山大学観光学部特別研究員/西日本工業大学客員教授/福岡大学商学部非常勤講師。地域おこしのスペシャリストとして活動している。趣味は、オーケストラでのヴィオラ演奏のほか、フルート演奏、読書、園芸、猫など多彩。

<プロフィール>
sato_pr佐藤 俊郎
1953年生まれ。九州芸術工科大学(現・九州大学)、UCLA(カリフォルニア大学)修士課程を修了。アメリカで12年の建築・都市計画の実務を経て、92年に帰国。94年に(株)環境デザイン機構を設立し、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop