• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月04日 13:21

ノーベル賞3年連続でも喜べない?困窮する日本の研究者

jikken_siken ノーベル賞、日本人が3年連続獲得―。ノーベル賞獲得レースは、この季節の風物詩だ。とくに近年、医学・生理学、化学、物理学などの分野で日本人、または日本出身者による受賞が相次いだ。日本人なら誰もがもろ手を上げて喜べるニュースはよいものだ、と思われる方も多いだろう。

 しかしこのニュースを、複雑な表情で見つめる人々もいる。他ならぬ大学の現役研究者たちだ。文科省の調査によれば彼らの活動の原資である個人研究費はここ10年減額され続け、今では6割以上の研究者が年間50万円以下の研究費で研究活動を続けている(「個人研究費等の実態に関するアンケート」による)。これは大学が独立採算制を求められ、また少子化による学生減少などで厳しい経営環境に直面しているためだ。

 大学の研究者が自由に使える資金が減る一方、企業が大学との共同研究に資金を投下するケースが増えてきた。企業からの研究資金の流入は右肩上がりに増え、2013年度には総額400億円に迫っている(科学技術・学術審議会 産業連携・地域支援部会(第11回)資料による)。

 しかし企業側としては、資金を投入する以上その見返りとして商品化できる成果を求める。今回医学・生理学賞を受賞した大隅良典栄誉教授(東京工業大)が「自分の研究がノーベル賞をとれるとは思っていなかった」と語っているような、地味な基礎研究に資金が投じられるケースはまだ少ない。

 基礎研究は、すぐ世間に理解されて経済的効果を生む花形技術ではない。しかし技術立国を標榜してきた我が国の土台を形作るものだ。実際、大隈栄誉教授が受賞を果たした「オートファジー」の研究は、約30年前にその端緒があるが、もともと「誰も注目していないものだから、自分が研究してみよう」という動機で始まったもの。花形技術という言葉とはもっとも遠い場所からのスタートだった。それが今では世界中の研究者から数多くの引用を受けることになり、ノーベル賞に先立って「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受賞している。

 今後の日本が技術をもって立つ国であり続けるためには、まず研究者がフリーハンドで使える資金を増やすことは必須だろう。そして、長い時間をかけて花を咲かせ、実をつける地道な研究を続ける研究者たちにスポットライトを当てることを怠ってはいけない。現役の研究者たちは、小さくなっていく研究費のパイを争い、予算のひもを握る企業の動向に左右される環境を強いられている。彼らがのびのびと自分たちが望む研究を行う舞台を用意して初めて、次の世代のノーベル賞受賞者が育ってくるはずだ。

【深水 央】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)NEW!

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)NEW!

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)NEW!

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop