わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月23日 14:29

中国経済新聞に学ぶ~中国の中所得クラスターは3億人超? チャイナビジネス最前線 

 2017年末に行われた中央経済政策会議は、中国共産党第18回全国代表大会以降の中国の経済発展が獲得した歴史的な成果と体験した歴史的変革を総括するなかで、世界の注目を集める判断を下した。それは、「中国には世界最多の人口を擁する中所得クラスターが形成された」というものだった。中央政府が中国に世界最大規模の中所得クラスターが形成されたと明確に打ち出した最初のケースだ。

中国は世界最大規模の中所得クラスターに

 少なく見積もっても、現在の中国には中所得クラスターが3億人以上おり、世界の中所得クラスターの約30%を占める。国家統計局国民経済総合統計司の毛盛勇副司長(報道官)は取材に答えるなかで、「学術界の中所得クラスターに対する定義にはまだ統一的な標準がないが、世界のさまざまな研究方法を総合して試算すると、どのような標準を採用しても、この判断は成立する」と述べた。
 毛副司長は中国で中所得クラスターが拡大を続けるのをみつつ、「欧米などの先進国はすでに所得がラグビーボール型の構造を形成し、中所得層の割合が60%を超える。中国の中所得クラスターは規模が最も多く、発展ペースが加速しているが、割合ということでは先進国と大きな開きがあり、これは今後さらなる努力が求められる点だ」と指摘した。
 2016年には、中国の1人あたり平均可処分所得が2万3,821元(約39万3,000円)に上り、12年に比べて44%増加し、実質年増加率は7%だった。つまり中国経済の持続的急成長にともない、とくに経済運営の質の持続的向上にともない、中所得クラスターの仲間入りをする人がますます増えるということだ。
 3億人を超える中所得クラスターから生まれる消費ニーズは、中国の経済成長にとって最大の安定装置になる。中所得クラスターの人的資本が急速に積み上がれば、革新(イノベーション)型国家の建設によりよい重要な支えを提供することになり、これは中国が高度成長の段階から高い品質の発展の段階に進む上での最も着実な基礎になる。

3億人超の中所得クラスターはどのように算出したか

 毛副司長の説明によると、「現在、中国には中所得クラスターについての統一的な標準がないが、世界の一連の研究機関は定義を設けている。世界銀国が打ち出した関連の標準が一般に通用する」という。
 世銀の標準では、中所得とは成人の一日あたりの収入が10~100ドル、年収にして3,650~3万6,500ドルの層を指すという。ドルの対人民元レートを1対7と控えめにみると、世銀の標準では年収2万5,000~25万元が中所得になる。毛副司長は、「レートで計算しても購買力平価で計算しても、この標準は中国にすでに世界最大規模の中所得クラスターが形成されたとの判断を否定するものではない」と強調した。
 毛副司長は、「2016年の国家統計局のデータで説明すると、全国の国民を5段階の所得グループに分けた場合(各グループの人数を約20%ずつとする)、低所得グループの可処分所得は5,529元、中の下グループは1万2,899元、中所得グループは2万924元、中の下グループは3万1,990元、高所得グループは5万9,259元になる」という。
 中の上グループと高所得グループを合わせた40%は世銀の中所得クラスターの標準に当てはまる。高所得グループ内で可処分所得25万元以上のクラスターが10%になっても、残りの10%と中の上グループの20%を合わせて、中国の中所得クラスターの規模は30%に達する。
 クレディ・スイス研究センターのこれまでの研究によると、世界の中所得クラスターは約10億5,000万人に上り、このうち中国が35%近くを占め、3億7,000万人に達するという。毛副司長は、「このデータは中国の実際の状況とほぼ合致する」と述べた。

北京・上海の可処分所得は最高

 中国国家統計局はこのほど、2017年31省の第1~3四半期の1人あたり可処分所得を発表し、上海と北京は4万元(約69万円)を超えた。そのうち、上海の1人あたり可処分所得が4万4,360元(約76万8,000円)、住民1人あたりの消費支出は2万9,440元で、全国最高だった。
 国家統計局のデータによれば、第1~3四半期の全国住民の1人あたりの可処分所得は1万9,342元で、前年同期比で9%増、物価要素を差し引いた実質成長率は7.5%だった。
 データを整理したところ、上海市、北京市、浙江省、天津市、江蘇省、広東省、福建省、遼寧省、山東省の第1~3四半期の住民1人あたり可処分所得が全国の平均を上回っていることが明らかになった。
 国家統計局のデータによれば、2017年第1~3四半期全国住民の1人あたり消費支出は1万3,162元で、前年同期比7.5%増、物価要素を差し引いた実質成長率は5.9%だった。
 住民消費支出とは、住民の日常家計を支える全費用を指し、現金消費支出と実質消費支出を含む。さらに消費支出は、飲食、酒・煙草、衣服、住宅、生活用品・サービス、交通通信、教育・文化娯楽、医療保健、その他とサービスの8つのカテゴリに分類することができる。
 なかでも上海住民の給料レベルが全国で最も高く、消費支出の水準も最も高かった。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月14日 15:34

福岡市東区和白で火災

 福岡市東区和白5丁目付近で火災が発生している。現地は立花高等学校から600メートル程の住宅地で出火元は民家とみられる。林に隣接しており、延焼が心配される状況。

2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)

 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き...

2019年12月14日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ローソンの中国デリバリー売上7%に(後)

 外資系コンビニブランドは商品の供給チェーンなどでしっかりした基礎を打ち立てたが、中国人の味覚に合った飲食の現地化イノベーション(革新)では、地元コンビニの挑戦に直面...

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

2019年12月13日 15:13

小郡母子殺害事件、被告に死刑判決

 福岡地裁は13日、福岡県小郡市で殺人罪に問われていた元福岡県警巡査部長に死刑判決を言い渡した。

2019年12月13日 15:00

ホワイトマーク 8月、9月は新たに2社が認定

 安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)は、労働者の安全や健康確保対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が企業を認定する制...

2019年12月13日 14:28

「『本部』が勝手に発表した」!? いきなり!ステーキ

 業績の低迷が続く(株)ペッパーフードサービス(本社:東京都墨田区、一瀬邦夫社長)は、19年12月期末配当の無配修正や、収益性低下が見込まれる44店舗の撤退を決定する...

pagetop