• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月07日 15:46

SB通信障害によって露呈した、利便性の裏に潜む脆弱性

 6日の午後から約4時間半にわたって、ソフトバンクで通信障害が発生。障害は日本全国におよび、スマートフォンなどの携帯電話サービスだけでなく、固定電話サービス、自宅・家庭用Wi-Fiサービスでもつながらない、もしくはつながりにくい状態が続いた。原因は、スウェーデンの通信機器大手「エリクソン社」製交換機のソフトウエアでの異常の発生だというが、その影響は日本のみならず、英国などの世界複数国で同時におよんだとされる。

 今回の通信障害による不便さを実体験して、今から約10年前に公開されたあるアニメ映画を思い出した。ストーリーの詳細は割愛するが、同映画の舞台ではインターネット上に世界中の人々が集う仮想世界が築かれており、人々はパソコンや携帯電話、テレビなどを通じてその仮想世界にアクセスすることで、ショッピングやゲームだけでなく、納税や行政手続きなどを含めたさまざまなサービスを利用できるというものだった。だが、現実世界の各種インフラ設備の制御まで、その仮想世界に密接にリンクさせてしまっていたことで、悪意をもったAI(人工知能)によってシステムが乗っ取られると、現実世界はたちまち混乱の渦に――。さらに、その悪意のあるAIが人工衛星を意図的に地上の核関連施設に落下させようとしたことで、世界規模の核災害を引き起こしかねない事態にまで陥ってしまうという展開だった。

 現在、通信インフラを含めた技術の発達により、我々の生活は以前からは考えられないほど便利になった。とくにスマートフォンの登場と普及によって、ネットを通じて場所を選ばずにさまざまな利便性を享受できるようになったほか、便利な外部記憶装置として活用することも、もはや当たり前になっている。スケジュール管理や電話番号の記憶なども、手元の小さな端末(スマホ)に任せっきりだ。今後、AIやIoT(モノのインターネット)などに代表される新たな技術革新がさらに進めば、前述の映画の世界をはるかに超えた次元のものが現実化するのも、そう遠くないかもしれない。ただしそこには、ある種のリスクを孕んでいることを忘れてはなるまい。

 1つのシステムにのみ依存するのは、効率性の観点からいえば、たしかに合理的な選択だろう。だが、今回の通信障害が示したように、その効率性・利便性が絶対に毀損されないという保証は、誰にもできまい。今回の通信障害の原因とされるエリクソン社製交換機のソフトウエアの異常だが、もしこれが仮に人為的に引き起こすことも可能だったとしたらどうだろうか――。あまり陰謀論的な話は好きではないが、映画のなかのAIの事例のように、悪意ある者の外部もしくは内部からのシステムへの介入により、世界規模の通信障害を意図的に引き起こすことも可能ということが示されたことに、今回のケースはなりはしないだろうか。

 これは、何も通信インフラに限った話ではない。電気の発電・送電システムに障害が発生すれば、電力供給がなされることを前提に成り立っている都市機能や人々の生活は途端に麻痺するだろうし、水道インフラや交通インフラが機能しなくなっても、多大な影響が発生することは必至だ。それも、先に述べた人為的な原因でなくとも、近年頻発しているような大規模な自然災害などによって、こうしたインフラ機能が簡単に破綻させられてしまうことを、我々は身に染みてわかっているはずだ。
 現在、我々が漫然と享受している文明による利便性だが、それが薄氷の上に成り立っているという可能性も否定できないのではないか。それを踏まえたうえで、1人ひとりが想定し得るリスクに備えておくことも、必要なのかもしれない。

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

2019年07月17日 11:09

令和新時代と太宰府

 新年号令和ゆかりの地・太宰府。令和は730年(天平2年)太宰府で行われた万葉集「梅花の宴」に由来する。本年4月1日の新年号発表以来、伝・大伴旅人邸宅跡坂本八幡宮には...

pagetop