• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月17日 14:45

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を達成するために、「食と健康」市場創造プロジェクトを立ち上げ、第1回製配販合同会議を2018年10月下旬に開いた。同プロジェクトでは、昨年に続き19年、2~3月に東京・神奈川・千葉など4店舗で実証実験を実施する。棚割り・陳列・販促・登録販売者・栄養士などによる情報提供のあり方、人材活用法など、実施計画を決め、来年3月の「JAPANドラッグストアショー」で中間報告し、6月以降にJACDS加盟企業の店舗で「食と健康」の普及を図る考えだ。本稿では、DgS業界が製配販の総力を挙げ、市場創造を目指す「食と健康」に焦点を当て、最新動向を紹介する。

成長路線を持続するためプロジェクトを立ち上げる

 DgS業界は、ここ数年、踊り場ともいうべき状態が続いていたが、JACDSが行った2017年度「全国ドラッグストア実態調査」によると、全国総店舗数は1万9,534店舗、総売上は、6兆8,504億円と、再成長の兆しがみえてきた。ただ、成長要因は、(1)処方箋調剤、(2)インバウンド需要、(3)食品の取り込みの3点で盤石とはいえない。加えて、薬価の切り下げ、モノから人へのインバウンド需要の変化、価格訴求と利便性のみに頼る食品部門など不安要素があり、長期安定成長は望めない。

 そこで、将来に向けて、成長路線を持続するため、JACDS主導で新たな市場創造に取り組むのが、「食と健康」市場プロジェクトだ。同プロジェクトは、JACDS設立20周年記念事業として位置付けられており、「食と健康」の新カテゴリーをつくり、市場創造を行おうというもの。同プロジェクトの最も重要なポイントは、リアル店舗からの「適切な情報提供」で、需要を顕在化させることにある。

 同プロジェクトは、JACDSが17年に発表した「街の健康ハブステーション」構想に基づくもので、「25年に売上高10兆円」を目標に向け、DgSの社会的機能・役割として「地域の健康プラットフォーム」「生活者からの相談窓口」になるべく、大きく戦略転換することにした。

これからは、地域連携がキーワードになる

 10月25日、JACDS東京事務所で開かれた「食と健康」市場創造プロジェクト第1回製配販合同会議には、プロジェクトを成功に導くために、薬業界の製配販関係者に加え、プロジェクトへの協力・支援を表明している消費者庁・厚労省・経産省・日本栄養士会などの行政・団体の担当者などがオブザーバーとして出席、総勢50名が顔をそろえる盛大な船出となった。

 オブザーバーとして参加した厚生労働省医薬・生活衛生局総務課の安川孝志薬事企画官は、「食と健康」市場創造プロジェクトへ期待を込め、次のようにエールを送った。

 「当課は、薬事行政を担当しているが、必ずしも薬というわけではなく、食・栄養をしっかり摂るということが大事なことだと考えている。予防が大事だとも思っている。厚労省生活習慣病対策では、「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ」とあるように、病気にならない生活習慣、栄養をしっかり摂る食生活が重要だと考えている。国民の間では健康が今、ブームになっており、健康への関心がますます高まっている。

 しかし、その一方で、健康に関する情報が錯綜している。消費者が正しい商品を選択できるかどうか、という点で、専門的な見地からいうと、薬剤師、登録販売者、管理栄養士などが連携して、相談に応じて正しい情報を消費者に伝えていくことが、DgSの大事な役割だと思う。地域のなかでDgSが活動するときに、薬剤師、登録販売者、管理栄養士などがはたす役割は、ますます重要になる」―。

 さらに安川薬事企画官は、地域連携が非常に重要になり、キーワードになると指摘。「大切なのはそのなかで、しっかりデータ、エビデンスを示していくこと。実績とともに、どういう役割をはたしたかということを、データで示すことも大事だ」と強調した。

(つづく)

【取材・文・構成:大川 善廣】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月19日 17:53

対立軸は「金権主義者」と「社会を大事にする人たち」!

  原発ゼロ自然エネルギー推進連盟会長 吉原 毅氏  2月12日(水)、午後6時45分から9時まで、神宮前「東京ウィメンズプラザ」において「グローバル...

2019年02月19日 17:08

「懲りない」非常電源の点検普及団体 消防庁指摘もいまだ続く「不適切表現」

   非常用発電機の消防点検啓発活動を行う「(一社)日本発電機負荷試験協会」(JLA)(本部:東京都中央区、長坂五郎代表)の加盟企業が、営業目的で建物オーナーに配布し...

2019年02月19日 15:42

伊藤産業がアンパンマンバッグを国内でつくる理由~在庫を抱えず職人を大切にした安定経営

  9割以上の商品を国内工場で製造  テレビ番組がスタートしてから30年以上になる大人気キャラクター「アンパンマン」。ボイス情報(株)のライセンスキャラク...

2019年02月19日 14:19

『脊振の自然に魅せられて』雪原に動物の足跡を見る

   新雪が降り積もった日に脊振の登山道を歩いていると、さまざまな動物たちの足跡を見かける時があります。  動物の種類によって足跡のかたちが違いますが、その...

2019年02月19日 14:02

アダル・武野重美会長の成功の秘訣~ピンチにこそ閃きが湧く

  福岡市で家具製造販売を展開するアダルが中国・上海に進出したのは1996年のこと。アダル・武野会長のこれまでの歩みを振り返る。 1990...

2019年02月19日 14:02

よく考えて行動し連帯すれば世界は変わる

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は経済政策の基本路線刷新が必要だと訴えた2月19日付の記事を紹介す...

2019年02月19日 12:24

国交省、排ガス規制強化を20年12月より適用

   国交省は2月15日、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などの改正を行い、ガソリン直噴車と二輪車などの排出ガス規制を強化すると発表した。  主な...

2019年02月19日 12:12

国セン、ラグビーワールドカップのチケット購入トラブル多発で注意喚起

   (独)国民生活センターは7日、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下RWC2019日本大会...

2019年02月19日 11:58

福岡県の治安概況~飲酒運転の撲滅が課題

   福岡県警察(以下、福岡県警)は、ホームページ上で「平成30年中の治安概況」を公表している。福岡県警が三大重点目標として掲げる「暴力団の壊滅」「飲酒運転の撲滅」「...

2019年02月19日 11:28

『親を棄てる子どもたち ―新しい「姨棄山」のかたちを求めて』の意味するところ(前)

  大さんのシニアリポート第76回 『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)をようやく上梓することができた。書き始めて...

pagetop