• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 16:24

韓国の農水産物輸出と海苔の躍進(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 韓国の海苔は、ぱりぱりした食感とごま油の風味で、日本でも人気が高い。筆者も日本人へのお土産として韓国海苔を持参することが多い。
海苔は韓国の水産物の輸出商品のなかでは2位にランクされており、今後さらなる輸出の増加も期待されている。今回は韓国の農水産物の輸出状況と海苔について取り上げてみよう。

 海苔は韓国人の日常生活で、とても愛されている食品の1つである。海苔にはビタミンA,タンパク質、カルシウムなど、栄養素が豊富に含まれているだけでなく、ご飯と一緒に食べやすいので、おかずとして重宝されている。
海苔はご飯のおかず以外にも、ラーメン、お雑煮、おにぎりなど、いろいろな食品に脇役として活用されている。このように食卓には欠かせない海苔は三国時代(高句麗、新羅、百済)から採取されたという記録がある。韓国で海苔の養殖に初めて成功したのは、17世紀頃だとされている。

 世界的に海苔の養殖を行っている主な国は韓国、中国、日本の3国だが、そのなかでも、韓国の海苔は価格に比べて品質がよく、定評がある。海苔の生産量においては、1位は韓国(122億枚)で、中国は2位(45億枚)である。海苔の標準化においては、韓国海苔が国際食品規格委員会(CODEX)でアジア標準として認められ、海苔の輸出においては有利な地位を占めることになった。

 韓国人は海苔が大好きで、1年間に100億枚の海苔が消費されているようだ。韓国海苔のメインは乾燥海苔ではなく、海苔にごま油やエゴマ油を塗った後、塩を振った味付け海苔である。

 韓国の味付け海苔は、ぱりぱりした食感と油の風味で世界的な人気を呼び、米国をはじめ世界90カ国以上に輸出されている。韓国で生産された海苔の輸出割合は、昨年37.4%だった。2007年の海苔の輸出割合は10.5%だったので、4倍近く輸出が増えたことになる。韓国で生産されている海苔のなかで約4割は輸出されていることになる。

 海苔が海外でも人気がある理由は、海外では、海苔はポテトチップ、ポップコーンなどを代替する低カロリースナックとして人気だからだ。それでは、韓国の農水産物の輸出状況はどのようになっているのだろうか。

 2007年、38億ドルだった農水産物の輸出額は、昨年、前年同期比7%増の91億ドルを記録している。輸出相手国は195カ国にもおよぶ。

 韓国の農産物のなかで、とくに躍進している品目はというと、パプリカ、イチゴ、キノコを挙げることができる。もともと日本市場のパプリカはオランダ産で占められていたが、韓国のパプリカが、その市場に食いこみ、市場シェア70%を占めるようになっている。昨年の輸出額は9,000万ドルとなっている。

 イチゴは東アジアに輸出され、とても好評である。昨年の輸出額は4,200万ドルだった。キノコは主に欧米向けに輸出されている。欧米ではステーキとともにキノコが提供され、消費されているようだ。タバコの輸出も順調である。タバコの輸出額は10年間で3倍ほど成長している。昨年のタバコの輸出額は11億ドルである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop