• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月14日 11:41

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(1)

米中間で貿易戦争が始まった。アメリカは1980年代に日本の自動車、家電、半導体などで市場を席捲され、日本との間で貿易摩擦が生じたことがある。この時の日米貿易摩擦は、アメリカの輸入超過による貿易赤字が原因で発生し、それを解消するためのものであった。しかし、今回の「米中貿易戦争」は、それとは様子が違う。

アメリカの目的は覇権維持

 中国は2001年にWTOに加入している。アメリカは中国が市場経済に参加することを歓迎し、その後、中国の経済発展に協力もしている。なぜかというと、中国が経済発展を遂げて、国民が豊かになり、その結果、共産主義から資本主義に体制がシフトすることをアメリカは密かに期待していたからだ。中国は1978年12月の共産党全体会議で、毛沢東時代の疲弊した経済を立て直すため、鄧小平が改革開放政策をとり、市場経済体制への移行を断行した。

 その後、中国経済は順調に成長し、中国は「世界の工場」となり、安い賃金で多くのものを生産し、世界に供給した。そのようななか、中国はアメリカへの輸出で大きな成長を遂げる。その結果、アメリカの対中貿易赤字はずっと増加の一途をたどり、3,000億ドル以上の莫大な金額に膨らむことになる。

 しかし、トランプ氏が大統領になってから、アメリカの対中国家戦略に変化が起きている。トランプ大統領は就任前から、中国政府の通商政策を不公平とし、改善されるべきと思っていた人物だ。トランプ大統領をはじめ、アメリカの首脳陣は中国との今までの関係は不公平で、このまま状況が続けば、米中の力関係が逆転し、アメリカは覇者の地位から引きずり降ろされるかもしれないと懸念する人物で占められている。

 今回の貿易戦争は、単なる貿易赤字を解消するためではなく、アメリカの覇権を維持するためのもの。中国は外国企業が中国に進出すると、中国企業との合弁という規制を課せ、外国企業の最先端技術をずっと盗んでいた。つまり、先進国で多額の投資をして開発した知的財産権を中国は平気で侵害し、それを活用するという狡い方法で成長を遂げてきた。

 それに、先進諸国が今まで大事にしてきた国際秩序を中国が守ろうとしないことも今回の米中貿易戦争の原因の1つだ。中国のやり方をこのまま放置すると、アメリカの競争力は早晩失いかねないという危機感がアメリカ側に芽生えた。実際、中国の技術レベルは飛躍的な発展を遂げ、人工知能、携帯電話、通信などの分野で、アメリカの覇権に大きな脅威になりつつある。中国は軍事力の拡張も続けており、数年後には軍事的にもアメリカと対等な水準になるとされている。これ以上中国が強くなると、アメリカの手に負えなくなる可能性も高い。技術力も軍事力もアメリカが優位である今のうちに、中国を抑えておこうということだろう。

 今回の貿易戦争は、中国が掲げている「中国製造2025」を阻止し、最先端分野で中国に追い越されることがないようにすることが目的であることはたしかだ。関税で経済的に有利になるという経済的な要因より、安全保障上の脅威を理由に、機密情報の流失を防止するという覇権維持が大きな目的である。

(つづく)
【劉 明鎬】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題NEW!

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

2020年06月03日 15:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(前)NEW!

 Net I・B Newsでは、愛知県名古屋市営住宅において杭が施工されていなかった事例を報じたが、元杭工事関係者から杭の不正に関する情報が寄せられた。その内容は、「...

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)NEW!

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?NEW!

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月03日 12:04

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」NEW!

 経済産業省は、5月29日時点において、消毒に使われる次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)について、新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性は5月29...

2020年06月03日 11:21

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(前)NEW!

 スーパーやドラッグストア、SC(ショッピングセンター)開発・運営、金融などさまざまな事業を展開する同社では低収益事業の改革が目下の経営課題だ。2021年2月期は業績...

コロナ下で実施される最重要二大選挙NEW!

 安倍内閣の支持率が朝日、毎日の世論調査で30%を下回った。コロナウイルスの感染が拡大したが東アジア地域では相対的に被害が抑制されている。最重要の指標といえる人口あた...

2020年06月03日 10:21

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月03日 09:30

四国新幹線「ないのがおかしい」(中)

 国土交通省鉄道局は3月31日、JR四国に対し、国土交通大臣名で「経営自立(最終的には株式の上場)」に向けた経営改善を求める文書を手渡した...

pagetop