• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月11日 10:02

商号復活の「日本製鉄」~昔の夢を取り返せるか(後)

 イギリスで起こった産業革命以降、「鉄は国家なり」といわれ、鉄の生産量こそが国力そのものであるとされ、生産量第1位に上りつめた国は、イギリス→ドイツ→米国→日本→中国の順で移り変わり、現在中国1位、欧州連合2位、日本は3位となっている。

【表1】を見ていただきたい。日本の製鉄業界変遷の歴史である。

※クリックで拡大

~この表から見えるもの~

 官営の八幡製鐵所が1901年2月5日、東田第一高炉を操業してから118年が経過している。

 1934年1月29日、官営八幡製鐵所を中核として、輪西製鐵、釜石鉱山、三菱製鐵、九州製鋼、富士製鋼の6社が合同し、オールジャパンの鉄鋼メーカーとして日本製鐵がスタートした。政府が株式の大半を保有し、「日本製鐵法」という法律に基づく、まさに文字通りの国策会社だった。

 日本製鐵は1950年、過度経済力集中排除法により、八幡製鐵、富士製鐵、日鉄汽船、播磨耐火煉瓦に4分割されたが、20年後の1970年、八幡製鐵と富士製鐵が合併し新日本製鐵が誕生。この時点で、日立製作所を抜いて売上高日本一のメーカーとなり、1980年代にトヨタ自動車に抜かれるまで、長年その位置を占め続け、3名の会長が経団連会長を歴任している。

【表2】を見ていただきたい。日本企業の2018年3月期の売上高順位表(20位)である。

※クリックで拡大

~この表から見えるもの~

 新日本製鐵が誕生して50年近く経った2018年の売上高トップは、トヨタ自動車。かつて売上高日本一を誇った新日鐵住金は20位。JFEHDは38位、神戸製鋼所は81位となっている。

 新日鐵住金・JFEHD・神戸製鋼所の3社の売上高を合計しても11兆2,283億円で、5位の日本電信電話につぐ6位であり、鉄鋼業界の地位低下が目立つ。

〜鉄鋼業界に暗雲の兆し〜

 世界最高水準の技術力を背景に、構造不況業種から力強い復活を遂げた日本の大手鉄鋼メーカーの収益環境に再び厳しさが迫ってきている。自動車の電動化にともない、鉄鋼業界の主力である自動車業界に素材革命が起きている。

 トヨタ自動車は昨年2月に発売した「プリウスPHV」のバックドアの骨格に、鉄の4分の1の軽さながら10倍の強度をもつ三菱ケミカルの炭素繊維を採用。「鉄離れ」の兆しが出始めている。

 ただ、夢の素材といわれる「炭素繊維」には弱点がある。鉄が1kgあたり100円程度の世界で勝負しているのに対し、炭素繊維は同2,000円前後もするからだ。

 素材メーカー関係者は、「鉄のお株をすべて奪えるなんて、はなから思っていませんよ」と口をそろえて言っているが、その夢を実現するために三菱ケミカル、帝人に続き、業界首位ながら量産車へのアプローチが遅れていた東レも、昨年7月に過去最高の1,200億円を投じてオランダの炭素繊維複合材料メーカーのTACHD社を買収。前出の2社に比べて不足していたノウハウを手に入れ、量産車への早期採用を目指しており、炭素繊維の価格は今後大幅に下がるものと予想されている。

(まとめ)

 1934年にオールジャパンの鉄鋼メーカーとして日本製鐵がスタートしたように、今年4月、69年振りに商号を復活した日本製鉄が最初に打つ手は、経営状況が厳しい神戸製鋼所が外国の鉄鋼メーカーに買収されるのを防ぐために吸収合併することであり。次にJFEHDと大統合すれば「昔の夢を取り返す」ことができる。通産省も独禁法を問うことなく、鉄鋼業界がオールジャパンとして世界に伍していくことを望んでいるように思えるからだ。

 その鍵を握るのは【表3】の歴代トップから見えるように、日本製鉄の影の実力者であり、住友金属工業との経営統合を成功させた宗岡正二相談役が、歴代3番目の「名誉会長」として残るかどうかにかかっているのではないだろうか。

※クリックで拡大

(了)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令NEW!

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop