• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月21日 07:00

岐路に立っているテスラ(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 それでは、テスラはどのような問題に直面しているのだろうか。テスラが今まで生産した累積生産台数は34万台くらいである。現代自動車は年間750万台の自動車を生産しているので、テスラの累計生産台数はその5%弱にしか過ぎない。

 テスラはロボットをフル活用した最新の量産体制を構築しようと努力しているが、生産ノウハウが確立しておらず、結果的に不良品が多く、計画通りの生産には至っていない。自動車産業はとても複雑な産業で、生産技術が簡単に蓄積される分野ではない。電気自動車は部品点数が減り、異業種からも簡単に参入できる産業とされているが、結果的にこれは安易な考えであったと証明されたかたちとなった。テスラは生産地獄のような状況に陥っておりで、この危機をテスラがどのように乗り越えるかが試されている。

 しかし、役員だけでも1年で数十人が会社を離れていくような厳しい状況で、テスラの前途は決して明るいとはいえない。それに、電気自動車の普及が確実になってくると、既存の自動車会社は長年蓄積されたブランド力と大量生産能力を武器に、電気自動車市場に参入してくるのは間違いない。テスラは競争激化に巻き込まれることが必至で、そうなると、収益が悪化する可能性もある。

 メルセデスベンツは2022年までに10車種以上の電気自動車を発売予定であると発表しているし、フォルクスワーゲンも2030年まで合計200億ユーロを投入し、300車種以上の電気自動車を出荷する計画があることを明らかにした。BMW、GM、アウディなども電気自動車の生産計画があることはいうまでもない。さらに、米国連邦政府のEV購入支援策も急激に減少し、それも電気自動車会社の今後の業績に悪い影響を与える可能性が大きい。

 18年まで連邦政府の税控除は1台あたり7,500ドルだったが、今年1月からは、その金額が半分である3,750ドルに。今年7月には、さらに半分の1,875ドルになり、来年1月には税控除がゼロになる。

 テスラが現在のような危機に陥ったもう1つの原因として挙げられるのは、死亡事故である。2016年5月の運転者の死亡事故をはじめ、衝突でバッテリーが爆発したことによる死亡事故など、複数の事故がテスラの信用を落としている。このように複数の要因が絡み合い、テスラの業績は悪化している。

 テスラが今回の危機を乗り越えるための唯一の道は、危機の原因である「モデル3」の量産にかかっている。生産台数を順調に伸ばし、売上高を伸ばしていけば、株価も、資金の問題も全部解決できることになる。しかし、量産台数の増加に失敗すれば、テスラの前途は厳しい。テスラにはあまり時間が与えられていないと思われる。しかし、テスラに対する期待がなくなったわけではない。

 テスラが危機に陥れば、テスラにバッテリーを独占的に供給していたパナソニックも危機に直面することになるだろう。電気自動車の普及に重大な影響をおよぼすことになるテスラの動向から目を離すことができない。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月27日 17:53

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(後)

 脊振山頂駐車場に停めた愛車の車内で、粉末の即席ぜんざいをコップに入れ湯を注ぐ。コンビニで買ったソフトパンを頬張り、ぜんざいとともにお腹に流し込んだ。ようやくエネルギ...

2021年01月27日 17:42

山村の過疎化地域で「小水力発電」~消滅の危機に瀕する山間地産業が復活(後)

 第二次世界大戦以前の日本では、都市部への電力供給のために巨大ダムが建設されると同時に、全国の農村部では村役場や住民有志が資金を集めて建設した小水力発電が普及していた...

2021年01月27日 17:00

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(2)

 イエレン氏に呼応する形で、パウエル議長も財政債務論の見直しに踏み込んでいる。パウエル議長は景気回復と財政の持続性はともに重要であり、政府債務のGDP比は高いが、国債...

2021年01月27日 16:42

【2/17~26】日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」~五感すべてを使って楽しめる新感覚のアート

 毎日を生きるなかで、つい忘れがちな「ときめき」を、抽象画や写真とのコラボレーションで斬新な世界をつくり出すことで表現しているアーティストの山田ゆかり氏と、多くの油絵...

2021年01月27日 16:25

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(2)

 『長野にも仕事場があるんですが、これまでは長野と東京などの都会を行き来することで自然とバランスをとっていたところがあって、それができなくなったので最初のころは大変で...

「復興五輪」悪魔の正体

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「日本はいま『原子力緊急事態宣言』下に置かれている。被ばく線量の上限が変更...

2021年01月27日 14:41

【福岡県に緊急事態宣言】(16)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(2)

 福岡市南区にある創作料理店を営む店主(個人事業主)は2度目の緊急事態宣言の影響について、下記のようにコメントした...

2021年01月27日 14:05

緊急事態宣言下の首都圏、“路頭”に迷いつつある営業マンら〜耐えることしかできないのか

 「前回の緊急事態宣言時とは違い、外回りの営業をしています。しかし、アポはほとんど取れず、売上は既存客との電話による商談のみです。会える人はごく僅かですが、それでも可...

2021年01月27日 13:37

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(3)

 折口雅博氏がベンチャー起業家として脚光を浴びたのは、1999年から2000年にかけてのネットバブルの狂乱時代である...

pagetop