わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月21日 07:00

岐路に立っているテスラ(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 それでは、テスラはどのような問題に直面しているのだろうか。テスラが今まで生産した累積生産台数は34万台くらいである。現代自動車は年間750万台の自動車を生産しているので、テスラの累計生産台数はその5%弱にしか過ぎない。

 テスラはロボットをフル活用した最新の量産体制を構築しようと努力しているが、生産ノウハウが確立しておらず、結果的に不良品が多く、計画通りの生産には至っていない。自動車産業はとても複雑な産業で、生産技術が簡単に蓄積される分野ではない。電気自動車は部品点数が減り、異業種からも簡単に参入できる産業とされているが、結果的にこれは安易な考えであったと証明されたかたちとなった。テスラは生産地獄のような状況に陥っておりで、この危機をテスラがどのように乗り越えるかが試されている。

 しかし、役員だけでも1年で数十人が会社を離れていくような厳しい状況で、テスラの前途は決して明るいとはいえない。それに、電気自動車の普及が確実になってくると、既存の自動車会社は長年蓄積されたブランド力と大量生産能力を武器に、電気自動車市場に参入してくるのは間違いない。テスラは競争激化に巻き込まれることが必至で、そうなると、収益が悪化する可能性もある。

 メルセデスベンツは2022年までに10車種以上の電気自動車を発売予定であると発表しているし、フォルクスワーゲンも2030年まで合計200億ユーロを投入し、300車種以上の電気自動車を出荷する計画があることを明らかにした。BMW、GM、アウディなども電気自動車の生産計画があることはいうまでもない。さらに、米国連邦政府のEV購入支援策も急激に減少し、それも電気自動車会社の今後の業績に悪い影響を与える可能性が大きい。

 18年まで連邦政府の税控除は1台あたり7,500ドルだったが、今年1月からは、その金額が半分である3,750ドルに。今年7月には、さらに半分の1,875ドルになり、来年1月には税控除がゼロになる。

 テスラが現在のような危機に陥ったもう1つの原因として挙げられるのは、死亡事故である。2016年5月の運転者の死亡事故をはじめ、衝突でバッテリーが爆発したことによる死亡事故など、複数の事故がテスラの信用を落としている。このように複数の要因が絡み合い、テスラの業績は悪化している。

 テスラが今回の危機を乗り越えるための唯一の道は、危機の原因である「モデル3」の量産にかかっている。生産台数を順調に伸ばし、売上高を伸ばしていけば、株価も、資金の問題も全部解決できることになる。しかし、量産台数の増加に失敗すれば、テスラの前途は厳しい。テスラにはあまり時間が与えられていないと思われる。しかし、テスラに対する期待がなくなったわけではない。

 テスラが危機に陥れば、テスラにバッテリーを独占的に供給していたパナソニックも危機に直面することになるだろう。電気自動車の普及に重大な影響をおよぼすことになるテスラの動向から目を離すことができない。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop