• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月29日 13:51

九州企業の衰退・勃興 平成を振り返る(6)

事業意欲への執着ではなく、金持ちへの執着に共通する経営者

再春館製薬所

 長谷川常雄氏の青汁との出会いを前述したが、本音を推測すると、「いやー凄い儲け口に出会った。この青汁でバシバシ稼ぐぞ!」であり、「日本人同胞の健康を守るための使命感に燃えねば」という考えは、まるでなかったのではないか!

 キューサイと同様、通販パイオニア・石鹸のヴァーナルの太田勝氏の生き様も刹那的なもので、その生涯は短命であった。その点、長谷川氏は賢く、金への執着が人の1万倍あり、上手に資金移転に成功した。ただし500億円を握ったとみられるのに85歳での逝去はもったいない。「はたして青汁は健康に役に立ったのか?」という疑問が湧いてくる。

 長谷川氏を師と仰いだ(株)やずやの創業者・矢頭宣男氏も「香醋」で当てた。本人は若くして急逝したが、残された妻女が事業を拡大させた。現金を300億円貯めたともいわれる(グローバル的資金活用もされている)。

 (株)エバーライフの創業者も企業売却で最低200億円を握ったと囁かれている。新日本製薬(株)のオーナーも的確な不動産を得ながら、多額の資産を形成した。青汁若葉の(株)アサヒ緑健も博多駅東にビルを買い占めている。この業種での成功の第一人者たちは、他業種と比較すると短期間でケタ違いの財産を貯め込んだ。

 この経営者たちに共通する面を挙げてみよう。(1)健康に貢献するという理念は皆無。健食=通販ブームに乗じてひと山当てようという意識が優先していた、(2)たまたま最初の商品がヒットしたが、次のヒット商品を発掘することができなかった、(3)だから職替え・廃業・企業転売も考えている、(4)環境が激変。機能性表示食品の整備は、結局のところ大手の独走を許すようになってしまった。中小企業が台頭できる可能性は薄れてしまったといえる。

 ただし、業界の名誉のために付け足すと、熊本にある(株)再春館製薬所は、ただ1社のみダントツの好調を維持している。『社会貢献、地位貢献』を本気で考える唯一の企業であろう。

 福岡では新日本製薬一社のみが上場に向けて気勢を発している。とにかく、この業種で成功した経営者たちは、福岡では過去に例がないほど短期間で莫大な蓄財をなした。しかし、今後は、もう二度とチャンスは来ないだろう。

ラーメン・もつ鍋・調味料と博多食が続々と日本、世界を席巻する

 明太子、健食=通販が下火になったとしても、嬉しいことに博多は次から次に食文化のスターが登場してくる。まず何よりも食材が豊富で、値段の割にクオリティーが高い。たとえば東京のお客さんの接待にイカの生きづくりをふるまうする。すると「イカがこんなに甘いとは知りませんでした」と皆さん感謝してくれる。さらに値段の面では「私の為に1.2万円のコース料理でもてなしてくれた」と勝手に思い込んでくれる。実際は6,500円コースなのだが――

 これが東京に行くと逆になる。東京側は「1.2万円の和食で接待してやっている。うまいだろう」という恩に着せた態度になる。こちらとしては「何かくさい。それに素材が新鮮さに欠けるな」と思わず嫌味を言いたくなる。東京の名誉のために追記する。価格帯が数段上のコースになれば、ご馳走が食べられ、「さすが江戸の料理はどこか違う。品格がある」と感心できる。福岡の6,500円コースの4倍の金額を払えば、満足するメニューに遭遇できるのである。要は博多・福岡の人たちは食材に恵まれているので、結果的に舌が肥えることになる。だから、博多で繁盛した店は東京で絶対に成功する。

 舌が肥えていない方々は、必ずと言っていいほど、博多の料理に感動する。そして、東京は福岡より市場が桁違いに大きいので、儲ける可能性が高い。福岡市中央区の警固で営業していた広島風お好み焼き店が20年前に東京赤坂に移転した。筆者は上京した際、2カ月に1回は、この店を覗くことにしている。店長はこの間、まったくかわらない。この店長は「警固時代から売上が3倍になりました」と自慢げに漏らす。

 そういうものなのだ。博多発の食べ物屋を東京のあちこちで見かける。新橋界隈を歩けば一蘭の看板がある。博多もつ鍋も目立つ。「博多を制した者は東京で成功する」というのが鉄則になりつつある。

 明太子が下降線をたどってきたからといって、博多の食文化が衰退し始めたとみるのは大間違い。博多ラーメンの人気は、明太子の落ち込みをカバーしている。「一風堂」「一蘭」の2大巨頭の動きだけではない。多種多様の博多ラーメン屋が活躍している。ニューヨーク・マンハッタンには博多ラーメン5社が進出しているようだ。東京を始め日本国内だけではないのである。海外へ飛翔している現実からみても、「福岡・博多」の名前を海外に知らしめる貢献度が博多ラーメンは高い。

 続いて東京を賑わせているのは「博多もつ鍋」で、通販でも人気を博している。地味ではあるが調味料も堅調である。東京でブランドを高めて全国的に普及させるという常套手段をとって人気沸騰なのが、「茅乃舎だし」である。販売するのは福岡近郊にある久山町の(株)久原本家だ。この調味料部門で福岡の企業が3社ほど活躍している。今や博多料理・食材の安全・信用・人気は絶頂である。さらなる上昇を促す意味でも、行政・民間が一体となって強化する戦略をとるべき業種といえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月19日 07:00

学生起業の実態を探る~これでいいのか九大起業部(後)NEW!

 起業そのものを否定するつもりはまったくありません。私自身、九州・福岡が大好きなので、起業を通じて地元が盛り上がるなら願ったり叶ったりです。しかし、起業を志す若者にと...

2019年11月19日 07:00

インド市場は本当に魅力的な市場なのか?(後)NEW!

 各国はインド市場で、どのように動いているのだろうか。日本は1980年代からインド市場に関心を寄せて動いていた。進出した企業数はすでに5,000社を超えており、200...

2019年11月19日 07:00

激変!米国コワーキングスペース ニーズが急増し、競争が激化(3)NEW!

 スタートアップ企業がコワーキングスペースを選ぶ基準は、まず事業を成長させるためにいかに場所やサービスを活用できるかだ。販路を拡大して売上を伸ばせること、そしてメンタ...

2019年11月18日 17:25

大麻取締法違反で逮捕の宇美町議員、辞職へ

 福岡県糟屋郡宇美町の現職町議・時任裕史容疑者(42)が大麻取締法違反(譲渡)の疑いで沖縄県警に逮捕されたことを受け、宇美町議会は11月14日、時任容疑者の辞職届を受...

2019年11月18日 17:16

【ふるさと納税】納税者と自治体の感謝祭~第5回ふるさとチョイス大感謝祭

 (株)トラストバンクが主催する「第5回ふるさとチョイス大感謝祭」が16、17日の2日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催された。感謝祭は、自治体や地域の事業者・生...

2019年11月18日 17:10

学生起業の実態を探る~これでいいのか九大起業部(前編)

 「サッカー部がサッカーをするがごとく、起業部は学生起業します」――九大起業部は2017年6月に創設された九州大学公認の部活動。専任教員で九州大学准教授・熊野正樹氏が...

2019年11月18日 16:41

【11/20】不動産営業マンのマッチングアプリ・トラジが説明会

 不動産営業マンのマッチングアプリ「TRG(トラジ)」注目されている。今月6日に秋葉原UDX(東京)にてタレント・武田真治氏を起用したテレビCMに関する記者会見を行っ...

2019年11月18日 16:34

【桜疑惑】桜ツアー主催のサンデン旅行に質問書~柚木道義衆院議員が18日午前

 柚木道義衆院議員は18日午前9時ごろ、「桜を見る会」ツアーの主催者とされる「サンデン旅行」(下関市)に質問書を届けた。質問書の内容は5点。桜を見る会ツアーの参加人数...

2019年11月18日 15:22

【福岡市政インサイダー情報】安倍総理の「ソノウソホント」~あるのか?「唐揚げ解散」

 「助けてスガえも~ん!このままじゃ、公職選挙法違反で総理どころか議員を辞めさせられちゃうよ~」「しょうがないなぁ、しんぞー君は。こんなときは……」「ソノウソホント!...

2019年11月18日 14:00

【政界インサイダー情報】「公募」(RFP:Request for Proporsals)とは

 今回はIR実施法案における必須条件、各候補地管轄行政によるIR事業予定者の選抜方式"公募"(通称RFP)について、可能な限り簡略にポイントを説明します。

pagetop