• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月09日 17:08

西日本新聞よ!現実を直視せよ(1)─(株)西日本新聞社OB鼎談(ていだん)─

 創業140年超の歴史をもち、一時は九州・山口県の地方紙(ブロック紙)の雄として、新聞業界で脚光を浴びていた西日本新聞社。しかし、購読者の激減により、業界全体が斜陽となった現在、同社も正念場を迎えている。同社のグループ会社、保有資産の整理、人材難など、残念ながら明るく、前向きな話題は皆無である。このような同社の現況を憂いた同社OBにお集まりいただき、同社の歴史を回顧しながら、西日本新聞の「これから」について語っていただいた。

(聞き手:弊社代表取締役 児玉 直)

国内地方紙の雄として

 ――本日はご多忙のなか、お集まりいただきましてありがとうございます。皆さまが長年にわたって勤められた西日本新聞社は、創業142年になります。国内地方紙の雄として、地域社会の発展に貢献してきた同社ですが、近年の斜陽ぶりは深刻な状況であると思われます。同社で多才な能力を発揮されてきた皆さまに、同社が生き残るために、「これからどうあるべきか」について大いに語っていただきたいと思います。まずはAさん、よろしくお願い申し上げます。

 A:私は、1953年(昭和28年)に発生した三井三池争議に代表される、労働争議 「まっただ中」の時期に西日本新聞社に入社いたしました。

 新聞社に入社したのですが、記者や広告局などの現場ではなく、なぜか管理部門へ配属されました。それから、10数年、管理部門での仕事に従事いたしました。

 当時、福岡の地場大手企業でも労働争議が発生し、経営側がロックアウトする事態が続き、地元経済界は、混乱していました。私が入社して数年後、同社でも労働争議が発生いたしました。当時、新聞各社も、労働争議がピークで、労働組合が血気盛んでした。

 経営側がバリケードを張るなど組合員側と一触即発の状況が続きました。私は当時30歳前で、その争議を沈静化させるための組合側との交渉役が、私の主な業務でした。

 10数年間、その業務に明け暮れ、会社に泊まり込みながら、組合員との話し合いに終始しました。組合員側は、会社ではロックアウトしているため話し合えないので、経営陣の自宅まで乗り込んでいく面々もおりました。

 私を含め管理側の人間は、組合員側から相当な圧力をかけられました。つまり、入社からそう経過していないにもかかわらず、争議の最前線に立たされたのです。そのように混乱したなかでも、新聞は発刊され続けました。記事の内容は、決して充実したものではありませんでしたが、幹部社員が総掛かりで「何が起ころうが、読者の皆さまに必ず新聞を届けるのが我々の使命」として、発刊し続けました。当時のメンバーは、新聞社としての矜持をもっておりました。

 ――地方紙業界をけん引する立場としての使命感ですね

 A:そうです。皆、同社の仕事に誇りをもち、それぞれの立場で、活動しておりました。西日本新聞社に誇りをもっていたのです。

 若い時は、労働争議という過酷な日々を過ごしましたが、今振り返れば良い思い出です。皆、血気盛んで意欲に満ち溢れて仕事をしていました。

 ――Bさんは、西日本新聞社のグループ会社で活躍されていました

 B:そうです。Aさんは大先輩です。

 私は、西日本新聞社グループの広告代理店・西広に入社いたしました。西日本新聞社の発展期から下り坂となる時期にかけて、同社で過ごし、主に長崎、そして福岡など、北部九州エリアの営業を行ってきました。

 新人のころ、博多東急(現在の西鉄イン福岡)最上階の13階にあったレストランに先輩方に連れて行っていただき、ご馳走になりました。那珂川沿いにあり、福岡の都心部を見渡せるすばらしいロケーションでした。

 「自分も1日でも早くご馳走できる立場になれるように仕事にまい進しよう」とモチベーションが高まったことを思い出します。まだ青二才でしたが、本当に楽しい時期でした。 

 30歳前に長崎での営業が中心になりました。とにかく猛烈に仕事に打ち込みました。広告の仕事が楽しかったからです。なぜなら幅広い分野の業界の方々とのご縁ができたからです。

 A:当時よりBさんは、西広を代表する有能なメンバーのお1人で、寸暇を惜しんで仕事をされておりました。

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)NEW!

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大NEW!

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープンNEW!

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)NEW!

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)NEW!

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop