• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月11日 17:01

西日本新聞よ!現実を直視せよ(3)─(株)西日本新聞社OB鼎談(ていだん)─

 ――Aさん、Bさんより一世代後に西日本新聞社でご活躍されたCさんは、先輩方のお話を聞かれていかがでしょうか

 C:私は、バブル終焉期に入社しました。営業、そして開発事業に従事し、西日本新聞社の本業と関連事業の両方を経験することができました。それに関しては、今も感謝の言葉しかありません。

 営業の最前線、そしてメディアなどの関連事業に関わり、新聞業界の全容を見ることができました。その経験をさせていただいたからこそ、現在の西日本新聞社には、失望しか感じません。

 先輩のAさん、Bさんのように有能で、使命感をもった人たちが西日本新聞社を支えていたからこそ、同社は何とか今日まで生き延びていられるのではないでしょうか。

 ――Cさんが西日本新聞社に「失望」した一例をお聞かせください

 C:同社の中核事業である販売事業については、販売店に丸投げしている状態です。これは同社に限らず新聞社の事業モデルといえますが、新聞社は輪転機で新聞を発刊し、それを各地区の販売店に買い取らせています。

 同社の原価率は概ね50〜70%とされておりますが、購入部数によって調整されます。販売店の“フランチャイズ”ビジネスですね。新聞社は、購読者の名簿をもっておらず、販売店の営業能力に委ねられているのです。

 発刊部数のピークは87万部で、「目指せ100万部」をスローガンに事業展開しておりました。しかし、その後は下降の一途をたどっております。

 発刊部数が70万部を切ると、経営面で苦境下に立たされるとされておりましたが、現況の発刊部数は朝刊約57万部、夕刊約5万6,000部で、70万部をきっています。経営は苦しいでしょう。

 当然、新聞業界の従来のビジネスモデルでは淘汰されることがわかっていました。そこで、新聞社のインフラを活用しながら、新たなビジネスモデルの構築・展開を積極的に実践することこそ、同社の進化・発展につながると確信していました。

 同社の代表含め経営陣や幹部クラスもそれは理解しており、同社OBも自らのアイデアや企画・構想を駆使しながら、新たな事業をデザインしつつ、スクラップアンドビルドを繰り返しました。私も次世代に続く、新たな収益事業を何としてもかたちにしようとの一心で、挑戦し続けた結果、結実した事業もあり、それは今も継続しております。

 A:しかし、せっかく新たな事業を構築しても、それを“よし”としない面々も存在するのですね。

 C:A先輩がおっしゃる通りで、従来の新聞業界に固執する勢力が存在したことも事実です。反目され、思い通りに事が運ばなかったことも多々ありました。そこで同社に対して限界を感じたのです。

 私は、本当に西日本新聞社が好きでした。同社が斜陽であるのは、誰が見てもわかります。諸先輩が築き上げた実績と歴史を後世に継いでいくためには、新たな収入源が必要なのです。

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

pagetop