• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月18日 14:23

博多駅筑紫口の新たなランドマークに~「都ホテル 博多」9月22日開業へ

 JR博多駅の筑紫口前で開発が進められてきた「都ホテル 博多」が、いよいよ9月22日に開業を迎えるにあたり、同ホテルの運営を行う(株)近鉄・都ホテルズ(大阪市天王寺区)が17日、開業に先立ってメディア向けの内覧会を開催した。同ホテル総支配人の長尾修二氏は、「緑と水、そして光の3つをテーマに、特徴的な外観のホテルができました。これからは我々スタッフ一同が、かつての旧・博多都ホテルのサービスの心を引き継ぎながら、このホテルに“魂”を入れていきます」と意気込みを語った。

博多駅筑紫口の新たなランドマークとして、一際存在感を放つ
博多駅筑紫口の新たなランドマークとして、一際存在感を放つ
「都ホテル 博多」総支配人の長尾修二氏
「都ホテル 博多」総支配人の長尾修二氏

 同ホテルは、同地で1972年9月から2016年3月まで営業していた「博多都ホテル」を建て替えたもの。「緑と水と光のホテル」を外観コンセプトとし、外壁を豊かな緑の植栽で覆いつつ、上階部分には“滝”が流れるという斬新なデザインが特徴。夜になると建物全体が埋め込まれた168本の線形のLED照明によって幻想的にライトアップされる。ビルの建築設計は(株)三菱地所設計、インテリア設計は(株)メック・デザイン・インターナショナルが担当し、施工は大林組・大日本土木JV。総事業費は約130億円。

 地上13階・地下2階からなる「近鉄博多ビル」の地上3~13階部分が「都ホテル 博多」として運営されるほか、地下1階~地上2階部分には大賀薬局のフラッグシップ店やコンビニ、カフェ、もつ鍋屋など6店のテナントが入居する。また、博多駅の地下コンコースと直結しており、博多駅から徒歩1分という抜群のアクセスが特長。立地の良さを生かし、九州観光の拠点としての国内外の観光客をメインターゲットに据えるほか、ビジネス客からの利用も見込む。

開放的な空間で楽しめるアウトドアスパ
開放的な空間で楽しめるアウトドアスパ

 ホテル最上階には、敷地内から汲み上げた温泉を用いたアウトドアスパと内湯からなる「SPA lucida(スパ ルシーダ)」が設けられている。アウトドアスパエリアでは、8mの高さから流れ落ちる滝のすぐ横で、プールやジェットバスなどに浸かれるほか、プールサイドでフードやドリンクを楽しむことも可能。開放的な空間のなかで、リラクゼーションとエンターテインメントの両方を満喫できる仕組みだ。そのほか、3階部分にホテルフロント・ロビーとカフェラウンジを、スパと同フロアの最上階にオールデイダイニングを備えている。

最上階のオールデイダイニング「SOMEWHERE RESTAURANT&BAR」
最上階のオールデイダイニング「SOMEWHERE RESTAURANT&BAR」

 ホテルの客室は全208室すべてで30m2以上の広さを確保するとともに、上質な眠りをサポートするオリジナルベッドの採用や、洗い場付きの快適な浴室など、宿泊客に快適な滞在を提供すべく配慮がなされている。客室内の絨毯には博多織の献上柄をモチーフにした意匠を取り入れるほか、茶器には小石原焼を採用するなど、福岡・博多らしさも意識。ツイン137室、ダブル65室のほか、流れる滝に沿って位置するテラス付の特別室「ザ・テラス」も6室設けられている。

テラスが設けられた特別室「ザ・テラス」
テラスが設けられた特別室「ザ・テラス」
快適な滞在を提供する広めの客室(写真はデラックス・ダブル)
快適な滞在を提供する広めの客室(写真はデラックス・ダブル)

 17日夕方から開かれた「オープニングレセプションパーティー」には、報道関係者を始め多数の招待客が参加。最上階のレストラン&バーではドリンクや軽食が振舞われたほか、ルーレットゲームを楽しむ招待客の姿も。アウトドアスパエリアには心地よい夜風が吹き付け、辺りが暗くなると博多駅周辺の夜景とともに、ライトアップされたプールや滝が招待客を魅了していた。

 近鉄・都ホテルズが運営するホテルチェーン「都ホテルズ&リゾーツ」では、「都ホテル」「都シティ」「都リゾート」の3つのホテルブランドを有しており、今回開業する「都ホテル 博多」は伝統と品位を継承する都市型フルサービスホテルに位置付けられている。都ホテルズ&リゾーツ全体では、9月22日現在で総客室数5,777室のホテルを運営しており、今後2028年までに8,500室まで拡大していきたい考えを示している。

 同ホテルは、一定以上のゆとりある客室やハイクオリティなホテル施設の設置など、一定の条件を満たすことで建設の際の容積率が緩和される福岡市の制度「ハイクオリティホテル建設促進制度」の第1号に認定されているほか、市が博多駅周辺において進めているプロジェクト「博多コネクティッド」の理念にも合致。開業後には、博多駅筑紫口の新たなランドマークとしても存在感を発揮しそうだ。

提供:都ホテル博多

【坂田 憲治/長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

pagetop