わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月18日 14:23

博多駅筑紫口の新たなランドマークに~「都ホテル 博多」9月22日開業へ

 JR博多駅の筑紫口前で開発が進められてきた「都ホテル 博多」が、いよいよ9月22日に開業を迎えるにあたり、同ホテルの運営を行う(株)近鉄・都ホテルズ(大阪市天王寺区)が17日、開業に先立ってメディア向けの内覧会を開催した。同ホテル総支配人の長尾修二氏は、「緑と水、そして光の3つをテーマに、特徴的な外観のホテルができました。これからは我々スタッフ一同が、かつての旧・博多都ホテルのサービスの心を引き継ぎながら、このホテルに“魂”を入れていきます」と意気込みを語った。

博多駅筑紫口の新たなランドマークとして、一際存在感を放つ
博多駅筑紫口の新たなランドマークとして、一際存在感を放つ
「都ホテル 博多」総支配人の長尾修二氏
「都ホテル 博多」総支配人の長尾修二氏

 同ホテルは、同地で1972年9月から2016年3月まで営業していた「博多都ホテル」を建て替えたもの。「緑と水と光のホテル」を外観コンセプトとし、外壁を豊かな緑の植栽で覆いつつ、上階部分には“滝”が流れるという斬新なデザインが特徴。夜になると建物全体が埋め込まれた168本の線形のLED照明によって幻想的にライトアップされる。ビルの建築設計は(株)三菱地所設計、インテリア設計は(株)メック・デザイン・インターナショナルが担当し、施工は大林組・大日本土木JV。総事業費は約130億円。

 地上13階・地下2階からなる「近鉄博多ビル」の地上3~13階部分が「都ホテル 博多」として運営されるほか、地下1階~地上2階部分には大賀薬局のフラッグシップ店やコンビニ、カフェ、もつ鍋屋など6店のテナントが入居する。また、博多駅の地下コンコースと直結しており、博多駅から徒歩1分という抜群のアクセスが特長。立地の良さを生かし、九州観光の拠点としての国内外の観光客をメインターゲットに据えるほか、ビジネス客からの利用も見込む。

開放的な空間で楽しめるアウトドアスパ
開放的な空間で楽しめるアウトドアスパ

 ホテル最上階には、敷地内から汲み上げた温泉を用いたアウトドアスパと内湯からなる「SPA lucida(スパ ルシーダ)」が設けられている。アウトドアスパエリアでは、8mの高さから流れ落ちる滝のすぐ横で、プールやジェットバスなどに浸かれるほか、プールサイドでフードやドリンクを楽しむことも可能。開放的な空間のなかで、リラクゼーションとエンターテインメントの両方を満喫できる仕組みだ。そのほか、3階部分にホテルフロント・ロビーとカフェラウンジを、スパと同フロアの最上階にオールデイダイニングを備えている。

最上階のオールデイダイニング「SOMEWHERE RESTAURANT&BAR」
最上階のオールデイダイニング「SOMEWHERE RESTAURANT&BAR」

 ホテルの客室は全208室すべてで30m2以上の広さを確保するとともに、上質な眠りをサポートするオリジナルベッドの採用や、洗い場付きの快適な浴室など、宿泊客に快適な滞在を提供すべく配慮がなされている。客室内の絨毯には博多織の献上柄をモチーフにした意匠を取り入れるほか、茶器には小石原焼を採用するなど、福岡・博多らしさも意識。ツイン137室、ダブル65室のほか、流れる滝に沿って位置するテラス付の特別室「ザ・テラス」も6室設けられている。

テラスが設けられた特別室「ザ・テラス」
テラスが設けられた特別室「ザ・テラス」
快適な滞在を提供する広めの客室(写真はデラックス・ダブル)
快適な滞在を提供する広めの客室(写真はデラックス・ダブル)

 17日夕方から開かれた「オープニングレセプションパーティー」には、報道関係者を始め多数の招待客が参加。最上階のレストラン&バーではドリンクや軽食が振舞われたほか、ルーレットゲームを楽しむ招待客の姿も。アウトドアスパエリアには心地よい夜風が吹き付け、辺りが暗くなると博多駅周辺の夜景とともに、ライトアップされたプールや滝が招待客を魅了していた。

 近鉄・都ホテルズが運営するホテルチェーン「都ホテルズ&リゾーツ」では、「都ホテル」「都シティ」「都リゾート」の3つのホテルブランドを有しており、今回開業する「都ホテル 博多」は伝統と品位を継承する都市型フルサービスホテルに位置付けられている。都ホテルズ&リゾーツ全体では、9月22日現在で総客室数5,777室のホテルを運営しており、今後2028年までに8,500室まで拡大していきたい考えを示している。

 同ホテルは、一定以上のゆとりある客室やハイクオリティなホテル施設の設置など、一定の条件を満たすことで建設の際の容積率が緩和される福岡市の制度「ハイクオリティホテル建設促進制度」の第1号に認定されているほか、市が博多駅周辺において進めているプロジェクト「博多コネクティッド」の理念にも合致。開業後には、博多駅筑紫口の新たなランドマークとしても存在感を発揮しそうだ。

提供:都ホテル博多

【坂田 憲治/長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

2020年01月24日 17:07

(株)ラック社長・柴山文夫氏「お別れ会」~約1,400人参集!故人の人柄を慕った方が数多く

 2019年12月17日に満78才で永眠されたラック社長・柴山文夫氏のお別れ会が同社の結婚式場「RIT5」で行われた。参列者は1,400人を超え献花の時間は40分にも...

2020年01月24日 16:21

武漢市ってどんなところ? 三国志の舞台 桜の名所

 新型コロナウイルスの発生地・武漢市。同市の日本での知名度はこれまで高かったとはいえず、中国ビジネスを行っている諸氏には知られているという程度であろう。

2020年01月24日 15:30

加盟者の契約更新率トップはセブン~コンビニ3社比較

 データ・マックスが、コンビニ加盟者が本部との契約更新時期を迎え、契約更新をした件数とせずに契約終了した件数を調査したところ、19年2月期で契約の更新率が最も高かった...

2020年01月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 12月27日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月24日 14:30

【検証】「ゴーン国外脱出」~王は法を犯さない

 被告人・ゴーンは入管法違反(形式犯)の罪を犯しただけなのに、「国権を揺るがす」「国権に対する重大な挑戦」とまで非難されている。日本人の入管法違反に対し、このような言...

2020年01月24日 14:00

アロマセラピーで認知症を予防・改善(後)

 認知症の改善に、香りの効果があることが証明されている。嗅覚とアルツハイマー病が密接に関係していることがわかってきたが、すでに香りが認知症患者の周辺症状の治療に有効で...

(株)メイト黒崎(北九州)/不動産賃貸

 メイト黒崎は1月24日、東京地裁に破産手続の開始を申請し、同日、同地裁より保全管理命令を受けた。

2020年01月24日 13:30

MCTやオメガ3を適量摂取 健康素材として急浮上!(前)

 毎年3月、米アナハイムで開催される世界最大級の機能性食品の展示会「Natural Products Expo」。2019年は2つの大きな話題が席巻した。1つは昨年ア...

pagetop