• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月06日 07:30

直方に根付き、地域貢献する「ものづくり企業」 “全員参加”をキーワードに社員とともに歩む 一樹百穫 

製造業
(株)佐藤製作所

直方で創業、地元に貢献

代表取締役社長 飯野 英城 氏
代表取締役社長 飯野 英城 氏

 (株)佐藤製作所は、筑豊・直方を本拠に70年以上にわたって業容を拡大してきた。創業当初は、ポンプ・バルブ・コック類といった石炭鉱山機械をつくっていたが、石油時代に入ると鉄鋼業界や設備機械業界からの受注取引に主力を移した。現在では、高炉メーカーなどが大口の得意先。電気炉溶解で、材料の製造から加工、組み立てまでの一貫生産体制をとっている。
 産学官の連携にも熱心で、大学や県の研究機関の試験施設を利用しての研究開発に力を入れている。研究によって得られた成果は現場にフィードバックされ、技術力を高めるサイクルを加速する。

 こうした佐藤製作所の確固たる技術の信頼性は海外でも知られており、「フィリピン、台湾、中国、トルコなどの企業に多くの納入実績がある」(飯野英城社長)と自信をもつ。直近の売上高は約10億円。注目すべきは取引先の大半が市外、県外の企業であることだ。そうして「稼いだ」お金は地元に投下され、地域に大きく貢献し、直方を元気にしているのだ。

全社員で安全管理

現場では安全管理を徹底
現場では安全管理を徹底

 3代目となる飯野社長は、「人のため社員のための全員参加による開かれた経営」を大事にしている。月に1度、全社員による半日をかけた清掃と整理整頓を行う。皆が同じ作業をすることで、コミュニケーションを図ることもできる。
 現場の清掃と整理整頓は、重大災害を防止するためにも役立っている。

 千数百度にもなる熔けた鉄を扱うこともある現場では、ちょっとした不注意でも大事故につながる。そこで安全管理は最も重要だ。同社では、管理職全員、その他の社員は持ち回りによる「安全パトロール」を毎月実施している。「事故の発生しそうなポイントを事前に予知し、未然に防止するため」と飯野社長。

 事故だけではない。法律に定められた定期健診以外に特別検診も実施。社員が健康につつがなく働ける努力は怠らない。「社員がケガや病気になってしまえば、そのご家族だけでなく会社にとっても大きな損失。経営全体にも影響を及ぼすこともある。会社にとって人こそ最も大きな守るべき財産だ」と飯野社長は強調する。

効率と安全のための設備投資

 目下、佐藤製作所は設備投資に注力している。今年は新型のNC工作機械を導入、9月から試験運用を開始している。配備しているのは材料などの移動に関わる工程。とくに高い技術が必要ではないが、人力に頼っていると時間と手間がかかる。しかも事故の危険性も大きい。「機械の導入によって作業時間が短縮できるうえ、社員の安全も確保できる。職場環境改善策の1つでもある」(飯野社長)という。
 来年は、鋳造部門でも新型機械を導入する予定だという。通常、製造業の現場では、効率面を考えての設備投資が優先されるが、同社では「安全」も重要な要素の1つだ。飯野社長の言う「大切な社員」を守るための方策でもある。

社長自らが勉強会を主宰

直方市頓野にある本社屋
直方市頓野にある本社屋

 現在、45人のスタッフ(正社員37人)が所属し、平均年齢は43歳。中小製造業では異例の若さといえる。また女性の登用にも積極的で、管理職もいる。新卒採用では、若い有望な人材の獲得に熱心だ。九州工業大学で博士号を取った人材も採用している。飯野社長は、若い社員に意欲的にいろいろな分野の知見を増やすことを期待している。
 毎月、社長自らが全社員を対象にした勉強会も開いている。講義するのは経営全般に関する内容。「職人でも経営管理のことを学んでほしい。コストの知識などを学んでもらえれば、日々のルーティン・ワークに対する姿勢も変わってくるはず」という。

 技術の世界は動きが速い。その動向も見極めながら、業界のなかでの自社の立ち位置、会社のなかでの自分の役目を的確に認識できれば、常に能動的に仕事に向き合えるだろう。
 佐藤製作所は、これからも「全員参加」をキーワードに、社長以下一体となって歩みを続ける。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:飯野 英城
所在地:福岡県直方市頓野2253
創 業:1947年6月 設 立:1969年10月
資本金:3,000万円
TEL:0949‐26‐4171
URL:http://www.syaan.com/sato/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop