2024年06月20日( 木 )

広がりを見せる福岡クリスマスマーケット

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 2013年から毎年福岡で開催されている「福岡クリスマスマーケット」は今年で7年目を迎える。今年から会場が増設(イムズ)され、店舗が増えており、全部廻ってみたくなる。主催者(株)サエキジャパンの佐伯岳大社長に、今回の特徴と意気込みなどを聞いた。

(株)サエキジャパン 佐伯 岳大 社長

 ――博多と天神のクリスマスマーケットにはそれぞれどのような特色がありますか?

 今年で博多は7年目、天神は5年目を迎えます。見て廻ってもらうことを提案しており、同じものにはしていません。博多はパリ、天神はドイツのサンタクロースとそれぞれ別のコンセプトの下で企画しています。博多はクオリティを高め、天神は規模を拡大しなければならないと考えています。

 ――数回続けてきて企画に余裕が出てきているように感じます。それでは今年一番の企画は何でしょうか?

 毎年少しずつ変化させたいと考えていますが、まず博多は1.エコ、2.アート、3.オペラの3つをテーマとして掲げています。1.エコはイベントに多いムダを削減するため、使い捨ての皿を減らします。今年から試験的な試みとして、ソーセージを本物の皿に盛って提供しています。お皿は毎晩回収し、洗浄はレストランに外注していますので安心してください。2.アートは画廊の方にきてもらっているほか、靴職人の花田優一さん(貴乃花ご子息)は絵も描いているのですが、来てもらいます。3.オペラはより上質な空間をつくりたいという思いから、プロの歌手に歌ってもらいます。

目玉商品の1つ ぐるぐるソーセージ
天神・福岡市役所西側のツリー

 天神は1.ツリー、2.回遊の流れです。1.市役所広場の真ん中にツリーを建て、それを起点として広がるようにしています。2.天神エリアで来場者に見て廻ってもらう流れをつくりたくて、イムズでも新たに開催し、渡辺通りを北から南に向かってイムズ~市役所~大丸へと回遊してもらえればと思います。

 ――クリスマスマーケットは定着し、支持を得られてきていると感じますか?

新規会場のイムズスクエア

 クリスマスマーケットのファンは生まれてきていますね。28日には名古屋からきてくれたという方もいました。今年の来場者数は520万名を見込んでいます。店舗のアルバイトは約700~800名で、主に学生ですが、クリスマスマーケットで働きたいという動機できてくれているようです。ネット、テレビで紹介されるほか、取材もよく受けています。

 クリスマスマーケットは全国で広がりをみせており、九州では私が把握する限りでも13~14カ所で開催されるようになりました。鹿児島市や大分市のほか、福岡市内では香椎や大橋でも行われています。

 ――予算や会場での消費についてはどうですか?

新調された博多駅駅前広場のツリー

 協賛企業を集めるのに毎年苦労していますが、JR博多シティなどからご支援をいただけています。今年は博多会場のツリーを新調していただきました。博多駅のように駅前に大きな広場があるところは少ないので、助かっています。

 会場では主に食事、飲み物、雑貨を販売しています。飲み物はホットワイン、ホットチョコがよく出ます。飲み物は1,000円以下、料理を注文されると客単価は2~3,000円くらいになりますが、シェアされている方が多いということもあり、客単価のデータはなかなか取りにくいですね。雑貨はウクライナ、ポーランドの物なども扱っており、現地の人がきてくれて店舗を開いています。世界中のクリスマスマーケットのイベントに出店する専門の業者などです。

 ――そろそろ転換期に差しかかっていると思いますが、次のステージはどう考えていますか? 

 一番大事なことは飽きられないことですね。クリスマスマーケットはヨーロッパでは毎年安心して行けるイベントとして定着していますが、日本ではこれからクリスマスマーケットを楽しむ習慣をつくっていきたいと考えており、毎回飽きられないように趣向を凝らしています。ただ、手の込んだイベントを提供するというより、楽しんでもらえる空間を提供したいという思いを強く持っています。

 私たちはほかのイベントも行っておりますが、イベント会社でありたいというわけではなく、クリスマスマーケットがメインの会社と考えており、これからもクリスマスマーケットを中心に業務を展開していきます。この1カ月に焦点を合わせ、3~4月からその年の準備を始めています。

 ――ありがとうございました。今年も行きます。

 (天神から市役所広場に向かうと新設のイムズ会場の雑貨店などが目に入り、期待が高まる。市役所広場に足を踏み入れるとクリスマスのオブジェ、ツリーなどが迎えてくれ、まるでヨーロッパにきたかのようだ。ヨーロッパの雑貨、ホットワインなど見ているだけでも楽しい。来場者からは「冬でも外で楽しめて嬉しい」「昨年と少し違っていてまた来たい」などの声が聞かれた)

【文・構成:茅野 雅弘】

■福岡クリスマスマーケット2019

【博多エリア】
クリスマスマーケットin光の街・博多
<場 所>
JR博多駅前広場
<期 間>
2019年11⽉12⽇(⽕)〜12⽉25⽇(水)
<時 間>
[平⽇]午後4時45分~午後11時 [⾦・祝前⽇]午後4時45分~午後11時30分
[⼟]正午~午後11時30分 [⽇・祝⽇]正午~午後11時

【天神エリア】
1.Christmas Market TENJIN
<場 所>
福岡市役所⻄側ふれあい広場
<期 間>
2019年11⽉28⽇(⽊)〜12⽉25⽇(水)
<時 間>
[平⽇]午後5時~午後10時 [⼟⽇祝]正午~午後10時

2. Christmas Market in PASSAGE
<場 所>
エルガーラ・パサージュ広場
<期 間>
2019年11⽉27⽇(水)〜12⽉25⽇(水)
<時 間>
[平⽇]午後4時~午後9時 [⼟⽇]正午~午後9時

3. Christmas Market in IMS
<場 所>イムズ1階屋外イムズスクエア
<期 間>2019年11⽉28⽇(⽊)〜12⽉25⽇(水)
<時 間>
[平⽇]午後5時~午後10時 [⼟⽇]正午~午後10時(予定)

関連キーワード

関連記事