• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月28日 13:00

若手ビジネスパーソンに伝えたい仕事の本質~「傍を楽にすれば、仕事はうまくいく」(4) 一樹百穫 

見えない資産が評価される時代

 インターネット時代ですから、皆さまはスマホで直接やり取りする人を100人つくりませんか。個人の電話番号とアドレスを知っている人を100人つくれば、いろいろな情報が入るし、また、その人が100人ぐらい知っている。だから、100×100で1万人ぐらいのネットワークはすぐにできます。そういうアライアンス人脈をつくっておくと、会社のためにもなりますし、個人の次の道を選ぶときにも、非常に役に立ちます。

 いろいろなノウハウが次々に変化するので、会社を退職した時、ノウハウでは間に合わないと思いました。勉強してもすぐに過去の情報になってしまう。だから、ノウハウではなくノウフー、誰を知っているかに特化しようと。これが、当社の経営資源です。

 バランスシートにいろいろな数字が載っていますが、資産勘定に載っていない資産が3つあると考えています。まずは「人材資産」。社員の資産価値が前期までは、50億円だったのが、1人定年で辞めることによって10億円ぐらい下がることがあります。人数はいっしょでも能力の資産価値が違うわけです。アメリカは人材価値を数量化しています。M&Aをする際、買収先の価値を見るときに設備をもった工場などは計算しやすいが、あの会社にはこういう人材が何人いるから価値があるという見方をして買うことがあります。M&Aをしなくても、今後は人材資産が増えたのか減ったのかを計算する時代がきます。

 それから、「客財」。お客さまの価値です。どんなお客さまと取引しているかが、評価です。たとえば、5万人のお客さまと取引があるということにも価値がありますが、大手企業や公的機関など、取引していることで自社の信用や評価が上がるお客さまもあります。このような価値の高い顧客をゼロから開拓しようと思うと大変です。これが増えているのか、減っているのかが大切なのです。最後は「ブランド資産」です。コンプライアンス違反などをすると一度に価値が落ちます。

 これら見えない3つの資産を数量化する時代が必ずやってくると思います。物的なものだけではなく、見えない物を見える化することが必要になってくるのではないかと考えています。

環境への取り組みが企業評価を左右する

 これから、どの会社にも時代のニーズとして問われるのが、環境問題への取り組みです。環境への取り組みは投資家が投資する大きな判断材料になります。単なる財務内容だけではなくて、その会社の理念に投資する時代がきています。そういう問題を無視して経営すると、企業は100年続きません。そういう時代がきています。

 先程もお話しましたが、当社の資産は人脈であり、アライアンス先です。固定費のコストダウンのお話をしましたが、提携している企業が提供する品目は700種類あります。たとえば、健康診断。一般的な健康診断は1回あたり3,000円ほどかかります。この金額もオーバーに言いますと、東京企業が100としたら、福岡の企業は150ぐらい払っています。家賃も大きなコストです。家賃をバブルのころに契約した金額をそのまま適用しているところもあり、家賃にもの凄い格差があります。これを見直して、ギャップを是正する会社があります。

 ある企業では、自社所有の土地を使っているので家賃は払っていないとおっしゃる。しかし、固定資産税は払っているわけです。これは経費です。ある会社の固定資産税を調べたら、税額が間違っていました。これをプロに依頼したところ、役所から数年分遡って返金しますという回答がありました。

 通称「経費ドック」と呼んでいます。人間ドックと同じように定期的に経費を診断します。3年に一度のスパンで診断すると、その間に必ず技術が進歩していますから、コストダウン効果が生まれます。まず、自分の会社の現状を知ることが大事です。こんなものだろうと思うのではなく、別の角度から見ると変わるということが結構あります。

 最後にぜひ、100年企業を目指していただきたいと思います。そのためには、変化にチャレンジしてください。進化しなければ続きません。すばらしい企業は、理念やコンプライアンスは変えませんが、常にやり方、手法を変えています。変えない企業はいずれ退化して衰退します。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:川邊 康晴
所在地:福岡市中央区大名2-4-19
設 立:2005年9月

<プロフィール>
川邊 康晴 (かわべ・やすはる)

 1935年、福岡市で生まれる。九州大学法学部卒業後、西日本相互銀行(現・西日本シティ銀行)に入行。92年専務、98年西日本経営情報サービス(現・NCBリサーチ&コンサルティング)社長、2001年会長。現在は、川邊事務所会長、(株)Kアライアンス・ジャパン代表取締役会長。著書に『アライアンス・パワー「三方一両得」の経営』、『傍楽』がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反NEW!

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売NEW!

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)NEW!

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設NEW!

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大NEW!

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)NEW!

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)NEW!

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)NEW!

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

2020年02月17日 11:22

【政界インサイダー情報】大阪IRの日本側エクイティ参画は20社1,400億円NEW!

 大阪IRの公募(RFP)申請の締め切りに際し、日本側エクイティ(株主資本)投資負担額が1,400億円であることが明らかになった。また、これに応募するのは関西地元財界...

2020年02月17日 11:14

【インタビュー/加谷 珪一】オリンピック後、2020年代日本の未来図~祭りの後の日本経済発展のために(1)NEW!

 2020年、56年ぶりに東京オリンピックが開かれる。前回の東京五輪同様、その後に景気が低迷すると予測されている。また、2020年から全都道府県で人口減が始まるとの予...

pagetop