わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月11日 13:00

シリーズ・コロナ革命(18)~小売業を取り巻く辛苦の多重奏 まさに転機の時 コロナ革命 

 我が国の小売業界ではここ数年、広域の提携や協業化が進んでいる。北海道、東北地盤のアークスと岐阜が地盤のバローホールディングス、中国、九州のリテールパートナーズが新日本スーパーマーケット同盟を立ち上げた。グループを合わせると1.3兆円になるが、市場環境だけでなく、取引先や企業風土が違う企業同士の協業はその効果をどう導き出せるかは不透明だ。もともと、複数の企業共同体がさらに距離と文化の差を加えての協業だからスムーズな運営は簡単ではない。

 中四国といえば、四国の雄、フジとイオンの業務提携も今後の動向が注目される。長年ライバルだった両者の提携は、今後のさらなる協業に含みをもたせた注目すべき提携でもある。イオンは自ら展開する総合スーパーやマックスバリューに加えて、マルナカを傘下に収めているから同地域における売上高1兆円に遠からず手が届く。

 そのほかにも新潟の原信と群馬のフレッセイが提携したアクシアル リテイリングやヤオコーとライフの提携など少なくない統合や協業が目白押しだが、最後は主導権を取る企業に統一されることになるのだろうか。

 いずれにしても地域を越えた提携が盛んになる背景には今後我が国の小売市場が縮小し、各社独自の戦略での生き残りが見えなくなっているということが根底にあることは誰にも異論のないところだろう。

トレンドを睨んだ戦略

 我が国の小売業と違って、規模だけに甘んじることなく新たな戦略に着手を始めているのが世界最大の小売業のウォルマートとホームセンター最大手のホームデポだ。この数年、新規投資の大きな部分を店舗建設でなく、オンライン販売のための環境整備に振り向けている。この部分への対応が遅れると、深刻な状況に陥ることを予測しての戦略転換だが、その効果は店舗を増やさず売上を増やすという結果に表れている。

 アメリカに日本車が溢れているように、また、我が国を中国製の衣料品が席巻するように、消費者は品質や価格、利便性にメリットがあれば、自国品に執着することはない。現にアマゾンは2000年に日本語サイトを立ち上げ、20年で日本の売上高1.7兆円を達成するまでになっている。これはユニクロの国内販売額の2倍の数値だ。リアル店舗をもたず、オンラインだけの販売で売上高1.7兆円は、リアル店舗企業から見れば驚異を通り越してまさに脅威だ。

ネット直販のリアル店舗実験

 17年、アマゾンはホールフーズというリアル小売業を137億ドルという巨費を投じて買収した。その本当の意図がどこにあるのは別として、創業者のジェフ・べゾフの思いは困難といわれる生鮮食品の宅配に挑戦し、成功させたいという強い思いがあったことは想像に固くない。容易でないことに挑戦するという決断は小売の進化に欠かせない。まさにmake a difference である。

 生鮮に厳しいデマンドをもつ我が国の消費者は食品、とくに生鮮食品のオンライン購入は馴染まないという考え方が大勢だ。事実、イオンやヤオコーなどの大手小売業も宅配部門には苦戦している。だからといって、タカをくくっているとやがてアメリカでオンラインノウハウを蓄えたアマゾンが国内の中堅スーパーを買収し、我が国の市場に参入しないとも限らない。

 株の世界にも、「人の行く裏に道あり花の山」という格言がある。小売業の世界は、はっきり言って「真似」が中心の世界である。真似て、真似て、真似尽くし俺が本家と胸を張る(笑)こともある。しかし、時代が激変するとき、模倣は陳腐化の実行になってしまいかねない。

ネットのポストモダン

 最近よく聞くD2Cというネット通販がある。自社で製作した商品をネット直販するビジネスだが、SNSも利用して消費者に商品情報を届け、ブランドをつくり上げることを基本戦略としている。そのオンライン企業がリアル店舗を利用したブランド認知に乗り出した。

 それらの企業を取りまとめ、新たな顧客周知の場を提供するのがネイバーフッズグッズという企業だ。出店企業を消費者から認知されるための優秀な販売員、データ収集、情報発信などでD2C企業を支援する。ネットとリアルの互換性を目的としたこの試みは空き店舗の増加に悩むアメリカのSCにも朗報となるかもしれない。アメリカの近、現代の小売は次々にイノベーションを起こした。これは紛れもない事実だ。我が国の小売業は彼らがつくったものを真似た。しかし今、真似から独自の世界をつくり出す必要に迫られている。それができるかどうかが、今後の我が国の小売業を大きく左右するのだろう。

<プロフィール>
神戸 彲(かんべ・みずち)

 1947年、宮崎県生まれ。74年寿屋入社、えじまや社長、ハロー専務などを経て、2003年ハローデイに入社。取締役、常務を経て、09年に同社を退社。10年1月に㈱ハイマートの顧問に就任し、同5月に代表取締役社長に就任。流通コンサルタント業「スーパーマーケットプランニング未来」の代表を経て、現在は流通アナリスト。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

▼関連リンク
シリーズ・コロナ革命(16)~コロナショックとオンラインが致命的な影響をおよぼす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月20日 17:25

創業から約60年 天神のロシア料理店「ツンドラ」が閉店

 1960年創業の老舗ロシア料理店である「ツンドラが」惜しまれつつも5月7日をもって閉店することとなった...

2021年04月20日 17:11

「Made in ピエール・エルメ 福岡空港」4/19、堂々オープン!

 21世紀を代表するパティシエの1人、ピエール・エルメによる絶品のスイーツを販売する「Made in ピエール・エルメ 福岡空港」が19日に福岡空港国内線ターミナルビ...

2021年04月20日 16:52

シャンプー選びの悩み、DtoCパーソナライズが解消(前)

 現在販売されているシャンプーは1万種類以上といわれる。これまでは評判が売れ行きを左右し、販売戦略ではクチコミや商品レビューが重視されてきた。しかし、買う側からすると...

2021年04月20日 16:22

【訃報】西日本新聞社前社長・川崎隆生氏が死去

 (株)西日本新聞社の前社長で日本新聞協会副会長などを務めた川崎隆生氏が19日に死去した...

2021年04月20日 16:17

コロナ後の航空業界の在り方(前)

 コロナ禍により、航空業界は青息吐息の状態になっている。航空業界は、旅行業などと同様に「平和産業」と言われ、戦争やテロ、政情不安などが発生すると、需要が落ち込んでしま...

2021年04月20日 15:55

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(3)

 水は「水素原子2個と酸素原子1個が結合した分子」であり、そのうちの水素原子は「原子核に陽子が1個あり、その周りを電子1個が回っている」ことは、よく知られていることだ...

2021年04月20日 15:45

九州卸の雄・ヤマエ久野(1)

 ヤマエ久野(株)の祖業は、宮崎県の内陸部で始めたでんぷん製造。その後、飼料・酢類・食品雑貨を取り扱うようになり、現在に至っている...

2021年04月20日 15:23

福岡市内の飲食店に22日から時短要請、感染拡大防止協力金も給付

 福岡県は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県民に対して不要不急の外出自粛など、福岡市内の飲食店などに対して営業時間の短縮を要請すると発表した...

2021年04月20日 14:50

「全国ノーマスクピクニック」 主催者不明ながら太宰府、北九州でも企画か

 「全国ノーマスクピクニックデー」と呼ばれるイベントのゴールデンウィーク期間中の5月1日、2日への参加がTwitterなどのSNS上で呼びかけられている...

2021年04月20日 13:53

所有のコスト背負わず所有する無敵の「方程式」~星野リゾート(4)

 バブル崩壊の後遺症を脱せぬまま10年が経過した2001年、発足した小泉純一郎政権が「我が国の力強い経済を取り戻すための極めて重要な成長分野」の1つに観光を挙げ、世界...

pagetop