• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月25日 15:30

「コロナ・ショック」2020東京オリ・パラ延期~アスリートは奮起を!

開催延期は評価される

 3月24日、2020東京オリンピック・パラリンピックの1年程度の開催延期が決定された。政府、東京都、大会組織委員会、そしてIOCの協議のもと、安倍晋三総理がIOCトーマス・バッハ会長に1年程度の延期を提案し、了承を得たかたちだ。

 すでに各報道およびメディアで、発信されており、今回の決定についてさまざまな論評が展開されている。ポジティブな報道がある一方、延期による懸念事項を連呼する報道も存在する。経済的な損失と補てん、出場内定選手=各アスリートの心身のコンディショニング、競技会場のスケジューリング、販売済・取引確定分チケットの扱いなど…課題は山積する。これについては、割愛する。なぜなら、現状ではどれが正解か不透明だからである。

 いずれにせよ、スケジュール通り開催するにしても延期するにしても、賛否の意見があるのは明白である。今回の開催延期は、仮に国内のコロナ・ウイルスの蔓延が鎮静化しても、世界各国がその状況になく、むしろ感染拡大がさらに広がっており、競技者および関係者の来日が困難となることを勘案したものと推察される。

 今回の開催延期についても、悲喜こもごも、賛否両論が展開されているが、不明瞭だった開催の可否について、決断したことについては高く評価すべきである。世界中を苦境に陥らせているコロナ・ウイルスから、人間の健康と安全・安心を守ることを最優先させた。

 今回の開催延期で、ひとまず感染拡大の危機は回避できたことは明らかだ。一部報道では、「開催延期は安倍晋三総理、バッハ会長の保身、アメリカ・トランプ大統領の選挙のため」という“政争の具”であるとした分析が報じられている。それが事実かどうかは、本人たちにしかわからない。まさに「下衆の勘ぐり」レベルである。

アクシデントに狼狽しない!

 コロナ・ウイルスの感染拡大は、まさに想定外の事態で「誰の責任だ!」と断じることはできない。よって、今回の開催延期についてもギリギリの判断となった。

 出場選手である各競技のアスリートの方々に対しては、「本当に気の毒である」という言葉以外見つからない。今回の2020東京オリンピック・パラリンピックを競技生活の“最後”に位置付けているアスリートも存在する。その方々にとっての1年という時間は計り知れないものだろう。

 どの競技にも共通することだが、アスリートは出場する大会から逆算して、出場する日時に最高のパフォーマンスを披露するため日々鍛練しながら、綿密な微調整を繰り返し行い、大会に備える。この厳しさは、常人の想像をはるかに超える。

 今回の開催延期により、その計画がリセットされ、1年後のスケジュールでもう一度練り直しを要求される。しかし、あえて明言したい。アスリートは常人にはできないパフォーマンスや、その崇高な姿を披露することで、人々や地域、そして国を元気にできる存在である。

 世界各国が「国難」と言って良い状況に置かれているからこそ、出場する選手=アスリートは、狼狽することなく、1年後に目標をリスケジュールして、最高のコンディションをつくり上げていただきたい。

 「国難」に毅然とした姿勢で挑み、1年後の晴れ舞台で最高のパフォーマンスを披露すれば、全世界の人々に勇気と希望を与えることができる。アスリートは、国民の希望でありヒーローなのだ。

 「確かに開催延期は厳しいことですが、世界の情勢を見たらそれがベストであることは、出場選手皆、理解しているでしょう。私は、もっとハードなトレーニングを行って、これまで以上のコンディションに仕上げる準備期間と捉えます」とコメントを寄せた出場候補選手がいる。1年後の華々しい開催を期待したい。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

2020年09月18日 16:45

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(後)

 とはいうものの、「スプートニクV」に限っていえば、すでに触れたように、あまりにも少ない治験データであり、その効果の程は「神のみぞ知る」といったところかもしれない...

2020年09月18日 16:30

ユニバ裁判、創業者の控訴が棄却に

 パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメントは、17日、同社の創業者で、元取締役会長・岡田和生氏との裁判において、岡田氏の控訴が棄却された...

2020年09月18日 16:18

歌舞伎町にSODの大型飲食ビル誕生

 "オトナ"の映像コンテンツ流通業大手、ソフト・オン・デマンド(株)と、ソフト・オン・デマンドグループで映像作品の企画・制作などを手がけるSODクリエイト(株)は、飲...

外国資本に日本売るスガノミクス

 「夜明け前が一番暗い」という。 「朝の来ない夜はない」ともいう。 日本は夜明け前の真っ暗闇に移行したようだ...

pagetop