• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月27日 07:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(20)チリ向け小型乗用車大量輸出に成功

日本ビジネスインテリジェンス協会会長・中川十郎氏

日本では目新しい「致命的情報」が不可欠

 ニチメン・ブラジル駐在中の最大のビジネスの成果は、チリ向けに500億円規模の日本製乗用車の輸出に成功したことだ。このビジネスが成就した理由は、人的情報(Human Intelligence)の「致命的情報」(Critical Intelligence)の入手に成功し、それを最大限に活用したことだ。

 これまで、ビジネスインテリジェンス(経済情報)を活用してビジネス開拓に成功した事例として、人的情報の活用によるイラクでの初の日本車大量輸出、文書情報の活用によるインドでの日本製医薬品原料の初の大量輸出の例を公開してきた。

 今回は、米国諜報機関やビジネス競争情報でも活用されている人的情報のなかでも、日本では目新しい「致命的情報」を活用したチリ向け日本製乗用車の初の大量輸出の事例について説明する。この案件は、国際貿易においてビジネスインテリジェンスを活用した格好の事例である。

チリが乗用車の輸入を解禁

 ニチメン・リオデジャネイロ支店の現地従業員は、日系2世のA氏とブラジル人の2名だった。ある日、A氏が自身の友人という日本商社I社のリオデジャネイロ支店化学品代理店に勤務している日系2世のB氏を会社に連れてきた。

 B氏は得意先の情報を持ち出し、「近いうちにチリが乗用車の輸入を解禁するため、I社に話をつないだが、I社は『日本車は南米チリへの輸送費がかさみ、競争力がないため、興味ない』として断られた」という。

 筆者はかつてイラク向けに日本車の輸出に成功しており、日本乗用車メーカーには人脈を持っていたため、B氏に「弊社で検討するから、詳細を連絡してほしい」と伝えた。するとチリの関係者がリオデジャネイロ支店に面談にきて、「チリ側ではガソリンの消費を抑えるため、小型乗用車を輸入したい」という。イラクで関係があったN社とD社に、話をつなぐようニチメン本社の自動車部に連絡した。

 筆者がチリの関係者に「チリではタコを生で食べるというが本当か」と聞くと、「そうだ」という。「それならば、社宅で刺身と寿司を振舞うから来い」と誘った。社宅でワインを飲みながら食事している時に、ニチメン自動車部に重要な点を知らせるのを忘れていることに気づいた。実は、チリでは輸入に際し自動車のエンジン排気量が1,000cc以下ならば関税は100%、1,000cc以上ならば関税は200%かかるのだ。このように、チリの関係者から、「1,000cc以下の小型車を輸入したい」という、情報論でいうところの「致命的重要情報」の提供を受けていた。

 ただちにニチメン本社の自動車部に連絡し、D社のシャレード850ccを提案するように依頼した。この情報を入手していなかったM社はT社のC車1,400cc、N社のB車1,400ccを提案した。しかしM社が提案したT社とN社の自動車は、いずれも関税が200%上乗せされるために、販売価格がシャレードの2倍以上となったため、ふたを開けるとM社は一台の注文も取れず、ニチメンにはD社のシャレード4万台、計500億円という大量の注文が舞い込んだ。供給を完了するまで3年を要するほどの大規模な注文だった。

 この事例は、国際ビジネスにおいては情報の収集、分析が大切であり、なかでも「エンジン排気量」という「致命的情報」の収集や活用がいかに大切であるかを物語っている。ビジネスにおいては、正確で徹底した「情報」がカギとなり、命であることを認識すべきである。

(つづく)


<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

 鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現:双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月24日 07:00

構造スリットの第一人者・都甲栄充氏が来福~構造設計一級建築士・仲盛昭二氏とベルヴィ香椎の施工不具合問題を対談(4)

 「築後10年といえば、マンションはほとんど劣化しておらず、構造スリットの不具合という重大な瑕疵が隠れているとは誰も考えないでしょう。しかし、外観がきれいであっても、...

2020年10月24日 07:00

イズミ8月中間決算、経費減で経常17.5%増を確保 売上は11.8%減

 イズミの8月中間連結決算は、営業収益が前年同期比11.8%の減収であっだが、粗利益率の改善と販管費削減で経常利益は17.5%の増益を確保した...

2020年10月23日 18:30

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (20) 甲羅万蔵とは

 『実録 頭取交替』で維新銀行を舞台に登場する主人公の甲羅万蔵について触れる。【表1】、【表2】を見ていただきたい。甲羅のモデル・田中耕三・山口銀行特別社友に関する資料だ。

2020年10月23日 18:09

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(1)

 100年に一度の金融危機(グリーンスパン元FRB議長)と評されたリーマン・ショックは、その後の順調な回復を振り返れば、大げさすぎた表現であった。しかし今進行している...

2020年10月23日 17:30

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(4)

 プレートには、「早良区役所」「脊振の自然を愛する会」のロゴを入れるようドコモから指示があり、あわせてドコモのロゴと「ドコモの携帯電話がご利用できます」との文字を表示...

2020年10月23日 16:55

国際金融誘致へ~福岡市が国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設

 20日、福岡市は国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設した...

2020年10月23日 16:41

福岡商工会議所 次期副会頭に西日本FHの谷川社長ら

 福岡商工会議所の役員が11月に任期満了と迎えるが、次期副会頭に西日本フィナンシャルホールディングスの谷川浩道代表取締役社長らが就任する予定であることがわかった...

2020年10月23日 16:34

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(後)

 マスコミそのものが筆者身近な読者同様、「敵性音楽の使用」に関心がないのかもしれない。そのように考えてみると、戦後この問題に触れたのは、管見の限りでは長田暁二氏(大衆...

2020年10月23日 15:49

P&G、イオンなどが米テラサイクルの容器再利用「Loop」を導入~「使い捨てプラ容器のほうが低コスト」という常識に挑戦(前)

 米リサイクルベンチャーのテラサイクルジャパン(合)は来年3月、イオンやP&G、味の素、キリンビール、大塚製薬などが参加する容器再利用、リサイクルのショッピングシステ...

2020年10月23日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 9月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年9月30日に公表(20年8月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop