• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月15日 13:00

コロナとニューヨーク~イーストサイド・ストーリー(後)

大嶋 田菜(ニューヨーク在住フリージャーナリスト)

警官による黒人男性殺害への抗議デモ

 数カ月前、ニューヨーク市の感染者数がようやく減少し始めていたころ、ある黒人男性がミネアポリスで警官に窒息死させられる事件が起こり、アメリカの各地で抗議デモがあった。しかしこのような事件は初めてではなく、毎年何十人もの黒人が警官に殺されている。今回はアメリカに長く続いている人種差別に抗議して、黒人のみでなくさまざまな人種の市民が各地でデモを行った。デモは毎日のように行われ何カ月も続き、ミネソタ州などでは警察の残虐行為への対策が本格的になってから、デモはようやく少しずつであるが収まっていった。もちろんニューヨーク市で黒人の多いサウス・ブロンクス、やブルックリン、ウェスト・ハーレム、イースト・ハーレムなどでもこの運動が活発に展開された。

 抗議デモの跡は今でも見られる。イースト・ハーレムに昔からあったプエルトリコの旗やプエルトリコの芸能人を表すミューラル(壁画)の隣の壁には、今回の抗議デモで人々が訴えた「ブラック・ライブズ・マター」の大きな文字が立派に描かれている。

 1950年代のニューヨークを代表する映画、『ウエストサイド・ストーリー』では、プエルトリコ人はアッパー・ウエストサイドに住んでいる。そのころのアッパー・ウエストサイドは今のブロンクスやハーレムのように移民労働者の多い地区だったが、そのうちコロンビア大学とセントラルパークの魅力に引き寄せられて、ミドルクラスの白人が続々と移住してきた。それにともなって物価も上昇し、プエルトリコ人にとっては生活し辛くなったため、彼らはイースト・ハーレムに移動したのだ。今ではアッパー・ウエストサイドといえば俳優や有名人の住む静かな高級住宅地であり、イースト・ハーレムがプエルトリコ人たちの住処となっている。

アート業界の取り組み

静かだった5丁目

 コロナのパンデミックの前までは、筆者自身もその街にあるアートギャラリーによく顔を出していた。スタッフのミーテイングに参加したり、今から思えばまるで嘘のような人混みのなかで展示会のオープニングに出席したりしていた。

 今ではほとんどのギャラリーはオンライン展示しか行えない状態で、ギャラリーが開いているとすれば、前もって電話でアポを取った1人か2人の顧客が空っぽの部屋のなかでポツンと作品を展覧しているのみだ。展示会のオープニングにあるべき迫力がどこにも感じられないが、それでもいずれのギャラリーもZoomなどでオンライン配信を行い、努力して顧客を呼び寄せようとしている。作品をきちんと売り出すこともできなくなった巨大なニューヨークのアート業界にとって、もっとも厳しい時期であるに違いない。

 メトロポリタン美術館(通称:メット)とニューヨーク近代美術館(MoMA)のみがようやく再開した。つい2、3週間前のメットが再開した日には、5丁目の入口の横から長い行列がまだら模様の蛇のように歩道を埋めた。人と人の間には1m半のソーシャルディスタンス、それぞれの人々の顔にはマスク、行列の先には入館者1人ひとりの体温を測る女性警官。それでもみな楽しそうに列に並んでいた。

 その横には今までずっと冬眠していたかと思えるホットドッグ・スタンドが再び販売し始めていた。いつものアラブ系のおじさんらが、元気そうにソーセージを焼いている。それらのニューヨークらしい香りにあやされながら、長い間あまりにも静かすぎたこの5丁目の街も少しずつ生き返っていると感じた。

メット5丁目

(了)


<プロフィール>
大嶋 田菜
(おおしま・たな)
 神奈川県生まれ。スペイン・コンプレテンセ大学社会学部ジャーナリズム専攻卒業。スペイン・エル・ムンド紙(社内賞2度受賞)、東京・共同通信社記者を経てアメリカに渡り、パーソンズ・スクールオブデザイン・イラスト部門卒業。現在、フリーのジャーナリストおよびイラストレーターとしてニューヨークで活動。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月21日 12:00

構造スリットの第一人者・都甲栄充氏が来福~構造設計一級建築士・仲盛昭二氏とベルヴィ香椎の施工不具合問題を対談(1)NEW!

 Net I・B Newsでは、福岡市東区の分譲マンション・ベルヴィ香椎における建物の傾斜や構造スリットの未施工に関する報道を重ねてきた。記者が構造スリットについて調...

2020年10月21日 11:30

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発(16)山口銀行に近かった関係者談NEW!

 今回は、山口フィナンシャルグループに極めて近かった関係者Aに取材した...

2020年10月21日 10:22

【みやき町】リコージャパンと包括連携協定を締結~IoTを活用したまちづくり推進へNEW!

 佐賀県みやき町は20日、リコージャパン(株)と包括連携協定の締結調印式を行った。両者は4月30日に包括連携協定を締結していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受...

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(3)

 菅義偉新総理が打ち出した新たな政策の目玉が「デジタル社会の実現を促進する司令塔」と位置付けられるデジタル庁の新設である。その実現に向けて、「21世紀の石油」とも呼ば...

2020年10月21日 07:00

SCにリニューアル~健康を意識した店舗づくりに イオン野芥店

 イオン九州は10日、福岡市早良区にある「イオン野芥店」をショッピングセンターとしてリニューアルオープンした...

2020年10月20日 17:28

朝鮮戦争―日本の民主主義の変節、自由主義の崩壊の原点!(7)

 朝鮮戦争を境に、米国と日本に1つの明白な流れが定着しました。米国には軍事産業が根を下ろし、戦争を戦い続ける国になりました...

2020年10月20日 17:00

ヤクルト本社、仏ダノンとの資本関係解消 背景にはダノンを利用した経営陣と販社の対立(前)

 仏食品大手ダノンは10月6日、保有するヤクルト本社の全株式6.61%を売却すると発表した。売却額は600億円規模...

2020年10月20日 16:48

話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(後)

 保有する暗号資産を元手に融資を行うことができるサービスを展開するコンパウンド社は、新しいアイデアとしてガバナンストークンのコンプ(COMP)を発行し、暗号資産を預け...

2020年10月20日 16:40

【10/25】糸島の逸品をお得にGET!「第5回Laboフェス」開催

 10月25日(日)、伊都物語の販売を手がける(株)糸島みるくぷらんとの直売イベント、「Labo(ラボ)フェス」が糸島工場で開催される

2020年10月20日 16:08

What to do next?~先人たちが問う新たな「独自性」

 fabbit(株)と(一社)東京ニュービジネス協議会が共催の注目のスタートアップ企業経営者とのピッチイベント「スタートアップ・メンタリング・プログラム~シリコンバレ...

pagetop