• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月13日 15:41

エズラ・ヴォーゲル氏の『ジャパン・アズ・ナンバーワン』を考察~ライシャワー駐日大使はなぜ「発禁せよ」と警告したのか(後)

 『ジャパン・アズ・ナンバーワン』が大ベストセラーとなったハーバート大名誉教授のエズラ・ヴォーゲル氏が、2020年12月20日に90歳で亡くなった。各メディアは一斉にヴォーゲル氏の評伝を掲載した。親日派のライシャワー駐日大使が、同書について「日本人が傲慢になるから、日本では発禁にした方がいい」と評したのは有名な話だ。なぜ、発禁を唱えたのか。

ヴォーゲル教授が日本的経営の解体のシナリオを描く

 ヴォーゲル教授は、日本的経営を礼賛するために『ジャパン・アズ・ナンバーワン』を著したわけではない。「米国への教訓」とあるように米ソ冷戦が消耗戦であり、競争力を失い意気消沈した米国人に、日本の社会を分析し、米国はその長所から学ぶべきだと説いた。それが経済大国となったタイミングで日本人の自尊心をくすぐり、日本でベスセラーになったのは、本人にも予想外だったことだろう。

 ヴォーゲル教授は、米国の対日政策で重要な役割を担う。1993年にクリントン政権が誕生し、ホワイトハウスにまず設けたのが「経済安全保障会議(ESC)」である。クリントン大統領は、米ソ冷戦でしのぎを削っている間に、漁夫の利をむさぼったのは日本とドイツであると認識し、日独、とくに日本を「経済仮想敵国」として、猛然と戦いに挑んだ。 

 クリントン政権がESCを置いたのは、日独の経済を弱体させるためのシナリオを描くことだった。ヴォーゲル教授は、東アジア担当の情報館として、対日政策を立案した。日本の傲慢さと脆弱性を見抜いているヴォーゲル教授だったため、クリントン大統領は任命した。

米国による日本大改造計画

 米国による日本大改造計画。それを象徴しているのが「年次改革要望書」だ。93年のクリントン大統領と宮澤喜一首相との会談で始まった。毎年秋に、政治・経済の在り方について、米国が注文をつける。その注文にそって、日本政府がその実施方針を検討し、実行に移していく。その実行状況を米国政府が総括し、翌年春、その成果を米国議会に報告する。まるで、上司からノルマを課せられた部下が、その遂行状況を点検されるようなものだ。このようなシステムをつくることを首脳会談で合意した。

 「年次改革要望書」は、規制撤廃、自由化、公共部門の解体解放、独禁法改正や時価会計導入などなど。さまざまな要望がつきつけられて、それらが実現していった。郵政民営化も、このシステムを通じて要求された。金融機関の不良債権処理も米国の要求に基づく。金融界は突然、不祥事をあばかれ、日本的経営を支えてきた護送船団は沈没した。

 年次改革要望書は、“三種の神器”に代表される日本的経営にトドメを刺した。企業忠誠心は急速に冷めていく。高度成長時代の古き日本的経営は化石になったのだ。

日本はイカロスのように「ネメシスの報い」を受けた

 日本大改造改革のシナリオを描いたのは、クリントン政権で東アジア担当国家情報官を務めたヴォーゲル教授である。

 日本的経営が死滅し、要望書通りに日本の大改造が進んでいることを見届けたヴォーゲル教授は2004年に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の復刻本を出した。序文には「ネメシス」が何度か出てくる。ギリシャ神話で、人間の思い上がった無礼な行為に対する神の怒りから罰を与える女神である。

 イカロスは天性の資質ゆえに最初は目覚ましい成功を遂げながらも、翼を得て得意のあまり太陽に近づきすぎたため、熱で蝋が溶け、翼が取れて海に落ち、溺れ死んだ。イカロスは「ネメシスの報い」を受けたのだ。

 ヴォーゲル教授がいうように、ネメシスはかつて日本の頭上にいた可能性がある。ヴォーゲル教授は自らがネメシスの化身となり、思い上がり無礼な日本に天罰を与えたのかもしれない。各メディアは、ヴォーゲル教授に好意的な評伝を載せているが、クリントン政権の所業を見るにつけ、そうそう素直になれない。親日家のライシャワー大使が、「発禁」を警告したのは、『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の奥に隠された、「ネメシスの報い」の意図を察知したためではなかろうか。

(了)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月28日 17:38

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(3)NEW!

 『神獣さんは私が創作したものではなくて、たとえばお寺や神社にいけば狛犬や龍がいたりする。イタリアにいけば腕の生えた獅子がそのへんにいて、フランスにはガーゴイル(架空...

2021年01月28日 17:05

【縄文道通信第59号】縄文道は身体知~縄文道―武士道―未来道(前)NEW!

 日本の歴史の中で燦然と輝く、約1万4,000年の縄文時代の人々は狩猟、漁労、採集生活者であった。 生活のリズムは常に日の出から日の入りまで、太陽の光を浴びて自然の賜...

「コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威」(1)NEW!

 菅総理は1月18日に召集された通常国会での施政方針演説で「安心を取り戻すため、新型コロナを1日も早く収束させる。闘いの最前線に立ち、難局を乗り越えていく決意だ」と力...

2021年01月28日 15:51

中洲の灯は絶えない(3)たくましく独自の工夫を凝らすNEW!

 福岡県への緊急事態宣言発出を受け、中洲の飲食店も営業時間を午後8時(酒類の提供は午後7時)までの時短営業としている。飲食店の苦境が伝えられる一方で、中洲の各店舗はラ...

2021年01月28日 15:35

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(4)NEW!

  ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)(以下、GWG)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』(昭文社刊、税別定価1,500円...

2021年01月28日 15:15

長尾治療院・長尾良一氏のコロナ対策NEW!

 長尾良一は佐賀県唐津市の鍼灸院・長尾治療院の院長である。知る人ぞ知るその道の達人。肩書きに「日中特種鍼法研究会会長」とあるが、伊達ではない...

2021年01月28日 14:01

【IR福岡誘致特別連載21】市営地下鉄・西鉄・JRの直通相互乗り入れで年間99億円増収

 マスコミ各社は27日、かつてからの福岡都市圏計画の懸案事項である、福岡市営地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線、貝塚駅における両者の相互乗り入れによる直通化(軌道幅はともに1,...

2021年01月28日 13:47

【長期連載】ベスト電器 消滅への道(13)半世紀生きるために同社のケースに学ぶ

 ユニード、寿屋、そしてベスト電器。「九州の覇者から全国へ」という野望を抱き、事業拡大に走ったが、いずれも惨憺たる結果に。没落していく企業にはそれなりの理由がある。ベ...

2021年01月28日 13:00

巣ごもり消費で経常49%増 コスモス薬品11月中間

 コスモス薬品の2020年11月中間連結決算は、売上高が前年同期比12.0%増、経常利益49.1%増と増収大幅増益になった...

2021年01月28日 11:58

大島産業、4.2億円で清滝橋はく落対策工事を受注

 NEXCO西日本九州支社発注の「令和2年度九州自動車道清滝橋ほか12橋はく落対策工事(その2)」を(株)大島産業が4億2,921万円(税別)で受注した。同工事は随意...

pagetop