わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月11日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(17)問われるヤマダ電機の真価(4)

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関する記事を掲載してきた。今回の連載では、ますベスト電器によるビックカメラとの合併の試みの破綻、ヤマダ電機による買収の歴史を遡ってみた。つづけて、比較検討対象として、ユニード、寿屋というほかの地場有力企業の挫折について振り返り、没落していく企業には内部の腐敗、戦略の欠如といった問題が散見されることを確認した。最後に、家電業界に君臨するヤマダ電機が行っている組織の再編、戦略をみていく。

   ヤマダHDの山田会長は、「ナンバーワンはいつか追いつかれ、逆転されるものと考えて経営している。家電だけを販売していては将来がないことはわかっていた。どんな業界でも、変革できない企業は必ず追い越されてしまう」と危機感を強く持っている。

 そこで住宅やリフォーム、家具など「住」を扱う“暮らしまるごと”を打ち出し、現在のヤマダは1万3,000m2の大型店を運営できるほどの商品とサービスをそろえた。しかし、前述したようにその取り組みが必ずしも売上に結びついていない。中核事業の家電量販店ビジネスは、アマゾンをはじめとするネットの攻勢もますます強まっている。

 ヤマダもウェブを強化して需要の取り込みを図りながら、リアル店舗ではコンサルティング機能を高めて、ネットとの差異化を図ろうとしている。国内では直営店が978店舗、FC店が1万1,780店舗(20年9月末現在)というネットワークを活性化させるため、最近、力を入れているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)とFintech(フィンテック)。

 DXにおける具体的な取り組みとして、携帯用タブレット端末を使って、接客品質の向上とその平準化に加え、顧客情報を基にビッグデータを活用することで、それぞれの顧客ににあった高付加価値のある提案を行っていく。

 また、電子棚札を21年3月期中に全店に導入し、専門店のネット価格をトラスト(信頼)価格でリアルタイムに対応して、魅力あるプライス表示に挑み、 業務効率の改善にもつなげていく。

 フィンテックでは20年10月、住信SBIネット銀行による「NEOBANK®」を利用した新たな金融サービスの実現に向けて始動した。6,000万人のアクティブ会員を活かし、「ヤマダ経済圏」の実現を目指す。また、多様なキャッシュレス決済への対応に加え、独自の顔認証決済 「ヤマダPay」を導入し、利便性を向上させる。

 ヤマダHDの直近の業績は好調だ。21年3月期第3四半期は、前期の消費増税特需の反動減や新型コロナ感染症による都市部の来店客数の減少があったものの、郊外店舗の来店客数ならびにEコマース需要の増加により全体的には好調に推移した。

 通期の見込みでは、売上高は前期比7%増の1兆7,190億円と従来計画の同3%増の1兆6,600億円から上振れしし、営業利益は同96%増の752億円へと計画比137億円の増額修正となった。売上高営業利益率も4.4%と前期比で約2ポイント改善し、純利益は同30%増の320億円の見込み。2期連続の増益となる予定だ。

 小売業全体でのポジショニングでは、イオン、セブン&アイ、ファーストリテイリングにつぐ4位。しかし、中長期的に見れば予断を許さない。次の世代に向けて成長を担保するための種はすでに撒かれているが、順調に育って収穫できるかについては必ずしも楽観視できない。

 ヤマダHDは、企業の持続的成長を基本方針として掲げ、高度化・多様化する消費者ニーズに素早く対応することを基本としている。経営指標として、売上高経常利益率5%以上を目標に掲げて、常に「お客様(市場)第一主義」の目線で経営理念である「創造と挑戦」「感謝と信頼」を実践し企業価値を高め、キャッシュ・フローを重視したローコスト経営に取り組んでいる。また、家電流通業界のリーディングカンパニーとして、CSR経営を積極的に推進し、社会に貢献できる強い企業を目指している。

 小売業が直面している人口減少による市場の収縮という逆風のなか、住まいのあらゆることにコミットして需要を取り込み、持続的成長を実現しようとしているヤマダHD。展開する事業それぞれの領域でシェア拡大を図りながら、トータルでライフスタイルを提案して足元のニーズや要望にきっちり応えることができるか、その真価が問われている。

(了)

【西川 立一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

2021年05月04日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(6)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月04日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(後)

 『家で過ごす時間が増え、家具と向き合う時間も増えたのだと思います。家具の新調需要などを受け、売上は堅調に伸びています。大川本店で実施した「新春プレミアムベッドフェア...

2021年05月04日 07:00

【熊本】産官学で総力を挙げて「新しい熊本を創る」(後)

 『コロナ禍で市中心部の繁華街でも空き店舗が目立つようになり、老舗ホテルや老舗アパレル店も閉業するなど、熊本市内にはやや疲弊感や閉塞感が漂っています...

2021年05月03日 08:00

香椎テイクアウト専門店で大人気 「フルーツサンドmori」博多マルイに期間限定オープン

 福岡市東区香椎の飲食店のテイクアウト商品が集まる「香椎テイクアウトステーション」で人気のフルーツサンド「フルーツサンドmori」が博多マルイに初めて出店している。5...

2021年05月03日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(前)

 『みやき町では「女子サッカーのまち宣言」を行うなど、幅広くまちづくりに取り組まれており、元気のある自治体という印象をもっていました。そうしたなかで、昨年秋ごろにみや...

pagetop