• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月22日 10:31

まちかど風景・西区~変わる周船寺駅前 まちかど風景 

 福岡市西区周船寺。同エリアにおける主要交通機関、JR筑肥線の「周船寺駅」前の光景が変わろうとしている。

 周船寺駅前は歩行者、自転車、自動車が混在し、通学・通勤ラッシュ時などは安全性に不安を感じる状態にあった。これが、自動車用の駅前ロータリー、歩行者用の通路シェルターが整備されたことで歩車分離が図られ、安全性が向上した。

 また、駅前の長らくコインパーキングだった場所では「周船寺駅前ビル(仮称)」工事が進行中。駅から徒歩1分を地で行く好立地で、周辺環境も良いことから注目の物件といえる。
 建築物の概要はRC造5階建てのワンルーム外25戸。建築主は個人で、設計・施工を照栄建設(株)が手がける。

「周船寺駅前ビル(仮称)」工事現場
「周船寺駅前ビル(仮称)」工事現場

 また、同じく駅前のJA福岡の倉庫があった場所(土地面積1,146.70m2)は、現在更地になっており、こちらは大和リース(株)によって有料老人ホームが建設される予定となっている。

JA福岡の倉庫跡地
JA福岡の倉庫跡地

 近隣の九大学研都市駅、今宿駅前での開発が先行し、これまで目立った動きがなかった周船寺駅前だが、九大伊都キャンパスとの位置関係や駅周辺における商店街や商業施設の存在など、相応の利便性は確保されており、発展の余地は十分に残されている。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop