• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月12日 09:00

韓国経済ウォッチ~現代自動車にチャイナショック(後) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

中国市場での現代自動車

china 現代自動車にとって中国は、最大の市場であるだけでなく、かなり成功を収めた市場でもある。
 現代自動車は、2002年に北京現代汽車を設立することで、中国市場の攻略を始めた。08年には第2工場を中国に建設し、12年には第3工場を稼働させるほど、順調に成長してきた。生産台数の増加とともに、販売台数も大きく伸びた。中国市場のニーズに合ったモデルを別に開発するなど、現代自動車としては中国市場に並々ならぬ力を入れてきた。販売の拡大を背景に、生産能力をさらに増大するために第4工場の建設、第5工場の建設を予定していた。
 しかし、第4工場の建設は、中国政府の許可の遅延があって、一部では中国政府との関係に亀裂が生じたのではないかと懸念する声もあった。
 いずれにしても、現在の年間121万台の生産能力を181万台に伸ばそうとしている時期に、販売が急激に減少するような事態が起きて、現代自動車の中国市場の戦略は見直される時期に来ていると専門家は指摘する。

 現代自動車はこのような販売減少の対策として、中国で販売が順調に伸びているSUV(多目的スポーツ車)の生産を増やし、今年の後半には新型ツーサンなど2モデルを中国市場に投入する予定だ。それと同時に、価格の引き下げも慎重に検討し、中国での販売の巻き返しを図っている。
 しかし、他の外国メーカーも価格を下げる動きがあり、激しい戦いになりそうだ。

 一方、中国ではハイブリッド車と電気自動車などが大きく成長している。まだ自動車市場全体に占めるシェアは0.6%で微々たるものではあるが、去年は240%も成長しており、今後の成長が期待される。中国の環境問題などを考えると、中国政府はこのような環境に優しい自動車を普及するのに積極的にならざるを得ない。
 しかし、ハイブリッド車の場合、日本のメーカーが技術的にかなり進んでいて、有利な立場にある。また、電気自動車の場合には、蓄電池の航速距離の問題、充電スタンドの普及の問題があるのが現状である。

 現代自動車も次世代の自動車の開発に力を入れているが、このような状況のなかで、競争優位性を確保できるかどうかはまだわからない。いずれにせよ、世界最大市場である中国だけに、現代自動車をはじめ、その対策に頭を悩ませている。中国での今後の展開は、世界自動車市場の再編の試金石になりそうだ。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表NEW!

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)NEW!

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatにNEW!

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

2020年05月29日 13:34

健栄研発表、「抗ウイルスへの効果ない」食品は25素材にNEW!

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(健栄研)は、インフルエンザや新型コロナウイルスへの予防効果が期待できるとして広告宣伝している食品素材を次々に発表し、注意...

2020年05月29日 13:21

マカオの「カジノ王」スタンレー・ホー氏が逝去NEW!

 国家安全法の制定をめぐり、香港情勢が再び国際社会の注目を集めるなか、中国のもう1つの特別行政区であるマカオの経済発展に寄与したスタンレー・ホー(何鴻燊)氏が逝去した...

2020年05月29日 11:49

九州地銀の20年3月期決算を検証する(1)NEW!

   新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、20年3月期の決算発表を延期していた福岡中央銀行が27日に公表し、九州地銀(18行)の決算が出そろった。  トップ交代...

2020年05月29日 11:30

司法書士法人みつ葉グループ 福岡から全国8位の規模に成長NEW!

 司法書士法人のみつ葉グループ(東京都港区、宮城誠代表)が成長を続けている...

2020年05月29日 11:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(前)NEW!

 食事や買い物をする際、支払いは顔認証によって手ぶらで「キャッシュレス」。ドローンなどを活用して、各人の必要なものが必要なときに届く「自動配送」システム。街中を走るの...

2020年05月29日 10:44

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(前)NEW!

 日経平均株価、NYダウ工業株は、2~3日でそれぞれ1,000円、1000ドルという急騰を繰り返す局面に入ってきた。すでにコロナショック後ほぼ4割の暴落から、半値戻し...

7.5東京都知事選に市民が総力結集するNEW!

 緊急事態宣言が全国で解除されてコロナ問題が解消したとの錯覚が生まれているが事実誤認だ。市民は感染拡大を抑止するために強度の行動抑制を実行した。

pagetop