• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月21日 16:02

新たなステージ迎えた再エネの未来(9)

 2030年、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が掲げる、太陽光発電だけで100GW超、5,700万世帯分の電気がまかなえる時代は来るのか。原発39基分の電気が太陽光だけで生み出せるようになれば、日本のエネルギー自給率も大幅に上がり、海外に依存しない国産電力ができるかもしれない。しかし、太陽光のみならず再生可能エネルギーの普及が進む一方で、ハードルはまだまだある。本シリーズでは新たなステージを迎えた再生可能エネルギーの未来について、現在のトレンドから読み解いていきたい。

地域経済循環型のエネルギー供給へ

総務省が示す分散型エネルギーインフラを中心とした地域内資金図 総務省が示す分散型エネルギーインフラを中心とした地域内資金図

 いかに再生可能エネルギーで電気を生み出したとしても、その利益が都市部に集中して地域経済に反映しなければ、社会貢献としての意義が薄れてしまう。エネルギーの地産地消による大きな地域経済の好循環を実現すべく、総務省は資源エネルギー庁や林野庁などと連携して「分散型エネルギーインフラプロジェクト」を推進している。
 これは「地域経済好循環推進プロジェクト」の一環で、自治体主導による「地域の特性を活かしたエネルギー事業導入計画(マスタープラン)」の作成を支援するものだ。

 背景には電力の小売り自由化がある。家計や企業からの電気料金への支出は年間約18兆円と言われており、自由化されて1割でも地域のエネルギー産業にまわれば、年間1.8兆円という資金が地域に還流する可能性がある。地域の需要家が支払うエネルギー代金がキャッシュフロー・ソースとなり、間伐材などの地域資源を活用したエネルギー供給事業が立ち上がれば、地域経済に資するという狙いがある。
 そこで目をつけたのが「地域熱利用」だ。現在、大規模集中型発電所は需要地から遠く離れたところで電気を作っているため、発電にともない膨大な熱が放出されて、エネルギー転換ロスが生じると言われている。分散型エネルギーの特性を活かし、その熱も有効活用するのが、地域におけるエネルギーの地産地消を進めるうえで大きな論点だという。
 アプローチとしては、経常コストの低いバイオマス燃料による熱供給をベースにする方法がある。そうすれば、木材の端材や間伐材などがプライシングされ、林業や運搬の雇用拡大が見込めるからだ。チップやペレット工場にも資金がまわり、エネルギー供給プラントや熱導管インフラが整備できれば、金融機関の融資需要も生まれ、ビジネスとしての継続性も高まる。
 熱を地域に供給するには熱導管などの分散型エネルギーインフラが必要だ。それにはまちづくりと一体となって長期の取り組みを担保する必要があり、自治体が主導することが求められるというのが総務省の考えのようだ。

 すでに各自治体で計画が進んでいる。長崎県対馬市のような離島や北海道下川町のような中山間地は、人口そのものは少ないが人口密度は高いため、効率的に熱導管を整備できるという。また青森県弘前市では、中心市街地の小学校跡地にエネルギーセンターを新設し、周辺の病院や大型施設などへ熱や電気を供給する地域エネルギー事業を展開する計画だ。


 これまで再エネの未来について、太陽光発電の動向を中心にトレンドを見てきた。再エネ普及はビジネスチャンスと社会貢献の両方で大きな可能性を秘めている。今後も市場は拡大し続けるだろうが、これを地域経済の活性化にまで結び付けなければ、せっかくの分散型エネルギーも集中型経済政策の道具になってしまうだけだ。世界の動向を抑えつつ、日本独自の地域経済活性型の再エネビジネスを作ることが求められている。

(了)
【大根田 康介】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催NEW!

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)NEW!

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)NEW!

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)NEW!

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop