2024年04月16日( 火 )

西鉄が来春に本社を天神の「新福岡ビル」に移転へ 大規模食堂も開設

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 西日本鉄道は21日、2025年春に福岡・天神において建設中の「新福岡ビル(仮称)」(福岡市中央区)へ本社を移転すると発表した。また、同ビル5階に天神地区最大級のワーカー向け食堂を設けることも明らかにした。

「新福岡ビル」竣工イメージ
「新福岡ビル」竣工イメージ

    新本社は、新福岡ビルの9階の一部と10階に入居し、約700人が勤務する予定だ。フリーアドレスオフィスとするなど、従業員が働きやすい環境づくりを行うという。

 同社は新福岡ビルの敷地内にあった「福岡ビル」に本社を構えていたが、「天神ビッグバン」による旧福岡ビル建替えにともない、博多区に移転していた。本社が天神地区に戻るのは約6年ぶりとなる。

 新福岡ビルの5階には天神地区最大級という食堂も開設する。市内でイタリアンレストランを経営する(株)リングラッツェ(中央区)が出店し、200の席が設けられる計画だ。

 新福岡ビルには西鉄などが入居するオフィスほか、商業施設やホテルなどが入居する予定。このうち、ホテルについては「WITH THE STYLE FUKUOKA」(博多区)、「THE LUIGANS FUKUOKA」(東区海の中道)などの運営会社(株)Plan・Do・See(本社:東京都千代田区)が運営することとなっている。

【田中 直輝】

関連記事