2024年04月16日( 火 )

ダックス、九地整より監督処分~元従業員がマンション管理組合から数千万円着服

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 戸建住宅「P-TELAS」の販売・企画などを手がける(株)ダックス(福岡市中央区)は3月27日、国土交通省九州地方整備局(九地整)より監督処分を受けた。

 処分理由は、同社の元従業員が、管理を受託していた複数のマンション管理組合から数千万円を着服したことによるもの。九地整は同社に対して再発防止などを指示し、4月30日までに文書での報告を求めている。

 同社によると、マンション管理組合に対してはすでに弁済済み。また、元従業員に対しては懲戒解雇処分を行い、刑事告訴を行ったとしている。

 本件については、今後継続して取材と記事化を予定している。

▲クリックで全文表示(PDF)

【坂田 憲治】

関連記事