2021年12月07日( 火 )
by データ・マックス

竹中工務店、九大伊都キャンパスで研究棟新設へ

 WTO対象の一般競争入札「(伊都)総合研究棟(農学系)新営」の落札者が決定した。銭高組、前田・池田JV、大成建設ら大手ゼネコンが名を連ねるなか、最終的に当該工事を落札したのは(株)竹中工務店。落札金額は79億5,000万円。

 工事概要は、九大伊都キャンパスの総合研究棟(農学系)の新築。SRC造8階建てで、延べ床面積は4万2,727m2。使用する主な資機材は、コンクリート約1万8,000m3、鉄筋・鉄骨約8,200t、ガラス約6,100 m2など。
 なお、工期は平成30年1月31日までで、場所は九州大学構内、福岡市西区元岡744番地。

竹中工務店の看板が掲げられた現地<

竹中工務店の看板が掲げられた現地

着々と進められる建築工事<

着々と進められる建築工事

建設情報サイトはこちら>>
建設情報サイトでは建設業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 

関連記事