2022年01月22日( 土 )
by データ・マックス

京都発「感動の100円パン」~ 京都伊三郎製ぱん

 100円パンで有名な『京都伊三郎製ぱん』が、2014年9月に久留米市長門石にオープンして1年2カ月が経った。連日、多くの人がパンを買い求め、できあがったパンを並べる暇もないほど、次々に売れていくという。
 『京都伊三郎製ぱん』を運営するのは京都でアウトレット家具を取り扱う(株)のぶちゃんマン。『のぶちゃんマン』の着ぐるみでテレビに登場する滝下社長を見た人は多いだろう。2000年ごろから現在に続くまで、『たけしのここがヘンだよ!日本人』『THE!鉄腕!DASH!!』『有田とマツコと男と女』など、全国放送番組で何度も取り上げられてきた。代表取締役社長の滝下信夫氏に話を聞いた。

 ――まずは『のぶちゃんマン』について教えてください。

pan 滝下 のぶちゃんマンはバイキングです。世界中から宝を集めてそれを宝島に持ち帰ります。宝島で宝物の家具をお客様が宝探しする、というコンセプトで作られた『家具の宝島』のキャラクターです。のぶちゃんマンは、うまくいけば上を向いて喜び、うまくいかないときはうつむき加減。失敗して転んでも泣きながら立ち上がり、一歩前に進む。どこにでもいる子どもと一緒なんです...(⇒つづきを読む)

流通情報サイトこちら >>

 流通情報サイトでは流通業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

<日刊マックス流通のご案内>

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 

関連記事