• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月30日 10:01

地場戸建業者、対前年の着工数は増加(前)

今年6月、7月は対前年比で九州管内の住宅着工戸数が大幅に増加。8月も前年を上回った。9月はわずかに減少へ転じたものの、依然として2012年の水準を上回るなど、堅調に推移している。福岡県内の着工実績に目を移すと、今年上半期の上位はパワービルダーが占めるが、トップ20に地場企業が7社ランクインするなど健闘を見せている。着工実績をベースに上位34社をピックアップ。決算書から見る地場戸建業界の傾向と課題を見てみよう。


消費増税の影響も低減、依然として活況の住宅市場

 リーマン・ショックにより大きく落ち込んだ住宅需要が再び盛り返した2013年は、九州内での新設住宅着工戸数が9万戸を超えた。しかし、14年4月に5%から8%へ消費増税が行われ、着工数は減少。前年比1万戸以上の減少となった。月別で見た着工数でも前年割れが続いていた同年から一転、15年は6~8月で大きな伸びを見せたほか、減少した月もその減少幅はわずかなものに留まった。また、依然として高止まりするマンション建築コストから、事業期間が短く建築コスト高騰の影響が少ない戸建事業への参入ないし注力するマンションデベロッパーも散見され始めた。
 今回のレポートは14年4月~15年3月期決算が対象だが、対前年比で売上高は増加傾向にあるものの、粗利率は低下。経常損益も減少した。粗利率が低下した要因としては、4.81ポイント低下した企業が加わったことや、事業規模拡大による建売住宅の割合増加が見られた。

戸建業者財務分析総評

<売上高分析>
 売上高トップは前回(13年版)と同様、大英産業(株)で190億円に迫る売上高を計上。売上高にはマンション販売が含まれるものの、前回から67億円近くも売上高を伸ばしたほか、売上高に占める戸建事業の割合も拡大させている。新築住宅着工戸数では北九州地区でトップを誇り、近年では飯塚市などの筑豊地区でも積極的な販売を続ける。売上高が100億円を超えたのは前回の2社から増加し、4社となった。
 いずれも前回から大きく売上高を伸ばし、3位の東宝ホーム(株)は前回から46億円以上拡大。売上高を100億円の大台に乗せているが、大英産業同様マンション販売が売上高に含まれる。増収基調で推移し、13年6月期に売上高100億円を突破した同社は、「福岡ナンバーワン、売上高200億円」を目標に掲げている。2位から6位までは前回同様の顔ぶれが並んだが、いずれも大きく売上高を伸ばした。
 売上高が30億円を超えたのは8社で、8位の(株)よかタウンは前回(11年12月期)から売上高を倍増させた。

売上高伸び率分析
 売上高伸び率1位は、12年に設立され、北九州市内に3カ所、福岡市に1カ所の展示場を設置する鬼丸ホーム(株)。対前年比で1.5倍の伸びを見せた。2位はよかタウンで、10年12月期比では3倍以上に売上高を伸ばしたほか採算性の向上も果たしている。今年は本社を移転。福岡都市圏から北九州地区を中心に販売を伸ばしている。
 伸び率が20%を超えたのは8社で、そのうち50%を超えたのは3社となった。64社中で減収となったのは16社で、20%以上の減収となったのは4社。いずれも経常損益段階で減益となっている。前回とは掲載企業数が異なるものの、増収企業数が減少したほか、対前年比伸び率幅も大きく縮小した。
 前回は403%以上の伸びを果たすなど急拡大を続けていた第一ホーム(株)は、増収傾向から一転、10億円近い減収に転じた。

(つづく)


■ゼネコン&戸建業者特別レポート2015


<内 容>
データ分析
Ⅰ.ゼネコン(67社)
Ⅱ.戸建業者(34社)
・Ⅰ評点ランキング
・Ⅱ売上高ランキング
・Ⅲ売上高伸び率ランキング
・Ⅳ粗利率ランキング
・Ⅴ純利率ランキング
・Ⅵ金利負担、借入依存ランキング
・Ⅶ自己資本比率ランキング
・個別企業データ


<価 格>
4万3,200円(税込)

※お申込みはこちら >>
//datamax.heteml.jp/max-form/form.cgi…
◆住宅情報サイトはこちら>>
http://ib-sumai.jp/
住宅情報サイトでは住宅に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop