2024年04月14日( 日 )

経済小説『落日』

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

経済小説『落日』(47)目の奥の不快3
経済小説『落日』(47)目の奥の不快3
 井坂は改めて石井を見た。井坂に届くこの男の評判は、面白くないものばかりだった。勝手な言動と新生朱雀屋に批判的、というのがそのほとんどを占めている。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(46)目の奥の不快2
経済小説『落日』(46)目の奥の不快2
 M県事業は坂倉や武藤が去った後も担当者を変えて店舗の展開を続けていた。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(45)目の奥の不快1
経済小説『落日』(45)目の奥の不快1
 実は石井は数年前、似たようなことを体験していた。突然、牧下の依頼で西総銀から朱雀屋の経理課長に出向していた磐田馨という男を顧問として受け入れたことがあった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(44)欠席裁判2
経済小説『落日』(44)欠席裁判2
 武藤が石井を訪ねてきたのは辞任からしばらくしてからのことだった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(43)欠席裁判1
経済小説『落日』(43)欠席裁判1
 特別幹部研修会と称する会議が突然召集されたのは武藤芳人がM県事業に出向して半年後のことだった。その日、朱雀屋の研修センターに関連会社の幹部を始め、朱雀屋の役員、部長が集められた。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(42)隠ぺい2
経済小説『落日』(42)隠ぺい2
「石井社長、坂倉は大変なことをしていますよ」 武藤芳人から石井一博に電話が入ったのはその赴任から半月後のことだった。 「何もかもでたらめです...
企業・経済 一般
経済小説『落日』(41)隠ぺい1
経済小説『落日』(41)隠ぺい1
「なぜですか? そんなバカなことがありますか。私は仮にも担当部長ですよ。いくら特命といっても収支を隠すということなど許されませんよ」
企業・経済 一般
経済小説『落日』(40)負の連鎖2
経済小説『落日』(40)負の連鎖2
 井坂太一と石井一博の出会いは井坂が朱雀屋にきて間もなくのことだった。当時、石井は西日本総合銀行のすぐ近くにある朱雀屋の旗艦店舗の店長をしていた。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(39)負の連鎖1
経済小説『落日』(39)負の連鎖1
「調査の結果M県がベストです。M県に集中出店します」 坂倉が分厚い資料とそこから抜粋した提案書を朱雀屋グループの戦略会議に提案したのはベーカリーが頓挫した直後のことだった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(38)あらたな蹉跌2
経済小説『落日』(38)あらたな蹉跌2
「富田さん、パンの基本は技術に裏打ちされた品質じゃないんですか。それに店の外観パースですけど、チーピー過ぎますね。コストが低いのはいいけどパンはある部分でファッションですよ...
企業・経済 一般
経済小説『落日』(37)あらたな蹉跌1
経済小説『落日』(37)あらたな蹉跌1
「社長、ご安心ください。私が台湾の分は取り返します」 朱雀ベーカリー専務の富田和夫が社長室を訪ねたのは台湾の不快な出来事が報告されて三カ月が過ぎたころだった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(36)屈辱3
経済小説『落日』(36)屈辱3
 井坂との付き合いを深めるなかで、太田は自分の評価が次第に高まるのを実感した。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(35)屈辱2
経済小説『落日』(35)屈辱2
 クローズのプレートがかかったドアにクラブ・ロバータと外国語で書かれた小さな店には犬飼とその仲間が集まっていた。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(34)屈辱1
経済小説『落日』(34)屈辱1
「社長まずいことが起きました」 風邪で体調がすぐれない井坂のもとに、財務・経理部長の太田が暗い顔でやってきたのは年明け早々のことだった。風邪の原因は年末の中国旅行だった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(33)救世主2
経済小説『落日』(33)救世主2
 その後、営業本部の通路横の一角に衝立で仕切られた小さなコーナーを与えられた坂倉は、そのパーティションの外側に奇妙なポスターを張った。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(32)救世主1
経済小説『落日』(32)救世主1
「社長、坂倉先生にお出でいただきました」 経営企画部の武本紘一が1人の男をともなって社長応接室を訪れたのは八月下旬のある暑い日だった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(31)残滓
経済小説『落日』(31)残滓
 そんななかでも、朱雀剛三はいたって元気だった。業績の悪化は経営の中枢から外れた朱雀にとって、むしろエネルギーになったのかもしれなかった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(30)スケープゴート4
経済小説『落日』(30)スケープゴート4
 時代、組織を問わず現状を否定するということは既存権力を否定することと同義である。しかし、なぜか役員たちはあからさまにそれに反論しなかった。その理由は指摘がほぼ的を射ていたからだった。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(29)スケープゴート3
経済小説『落日』(29)スケープゴート3
 井坂が社長になると役員のダイヤルイン回線はすべて交換経由秘書室というかたちに改められた。いつどんな人間が役員に連絡してきたかが秘書室通しで記録され、井坂や犬飼に報告される。
企業・経済 一般
経済小説『落日』(28)スケープゴート2
経済小説『落日』(28)スケープゴート2
「一体何があったんですか?」 軽いノックとともに入ってきた場違いな明るい声に一茂は思わず顔を上げた。そこには石井一博の笑顔があった。
企業・経済 一般