• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月30日 07:01

池田親興氏が語る、ホークス3連覇への手応え(中)

 ――序盤の試合をご覧になられて、気づかれたことはありますか。

20160428_003 池田 ホームランの数が、両リーグの間に差がありますね。セ・リーグはホームランが多く、パ・リーグが少ない。おそらく、パ・リーグは、バッターの調整がシーズンに入る時に上手くいっていないのでしょう。パ・リーグのほうがセ・リーグに比べるとピッチャーのクオリティが高いこともありますが。ロッテは中軸が打っていませんが、中軸以外が打って、走って、最少得点を最少失点で賄うという試合をやっています。勝敗が中継ぎにかかっているという昨年のシーズン序盤のホークスで見られたような野球をしています。とっても良い形で試合をしていますが、いかんせん、これが何カ月続くかはわかりません。

 おそらく、ホークスの戦力に厚みが出てきた時には、他のチームはバックアッパーが不足しているでしょう。バックアッパー不在がきついのは、今年のオリックスを見ればわかりやすいと思います。ショートの安達が国指定の難病(潰瘍性大腸炎)にかかり、戦列を離脱しました。ショートに関しては、2年前からバックアッパーが足りていません。ホークスから獲得していた金子をホークスに戻していますが、彼がいれば、おそらく安達のバックアッパーとしてレギュラーにいると思います。そこにルーキーを当てはめなければいけなくなりました。しかし、そのルーキーはオープン戦や紅白戦でエラーをして、これでは使えないと烙印を押され、最終的には、中島を持っていきました。

 中島は去年から体も大きくなっていますし、守備範囲やバッティング自体も良くないので、バッティングに影響するというところで、中島はファーストで使わないと打線が動きません。したがって、中島を外せない打線を作る時、ショートは誰かと考えなければならない。安達1人がいなくなったことによってチームバランスが変わるということになります。ホークスは、あれだけ打っていた李大浩がいなくなっても、打線をどう組み替えようかという考え方ができているホークスとは質が違います。

 今年のホークスは、90勝しなくても優勝すればいい。100勝を目指しているのではなく、優勝を目指しているのです。チーム力の差は、おそらく交流戦に入る前に、見えてくると思います。今年のやらなければいけないこと、足りないものが出てきます。序盤に、カニザレスを使って落としていますけど、彼の調子が上がらなければ新外国人をとるという選択もあります。それに今、バリオスがあまり良くありません。真直ぐの球が走らないので、球をちょっと動かそうとしているんですね。球を動かそうとすると何が起こるかと言うと、コントロールがつかなくなってきます。ストライクが入らず、自滅している格好です。

 後ろにサファテがいるので、彼(バリオス)に8回を任せようとしましたが、どうしても苦しい状況で始まっています。寺原がもうすぐ上がってくると思いますが、寺原がそこを賄えるか、バリオスが調子を戻すか、森がそこをやるのか、五十嵐が復調するのか、森福が上手くあてはまるのか、そこに嘉弥真が入ってと、さまざまな選択肢があります。

 “今年の形を作っていく”というのが、4月もしくは5月の戦い方です。できれば勝率5割を守っていける野球をしていけばいい。そのなかで打線に火が付くこともあります。また、最少得失点の接戦でいかに勝つかがポイントです。引き分けの試合も多いのですが、その試合で、あと1つ何かして勝つ試合にしていけるか。負けなくて良かったなというのが現状の力なので、そこが勝てるようになればホークスは上のほうを向いてくると思います。

20160428_005 中野社長(以下、中野) 総合的なチーム力がないといけませんよね。さすが、プロOBの専門家は、的確なことを仰られる。池田解説員の言うことは新聞紙上で野球界の偉い方たちがみんな見ていますから。

 池田 今はいろんな方面から情報やデータが出ていますので、野球を観る人の幅はものすごく広くなっていますよ。自分でちゃんと意見を言えるような。ただし、それは終わったことに対してのことで、先のことに対しては、僕らが言うことが確かだと思います。歩いた後に足跡ができるのであり、足跡だけで物を言われても結果はわかりません。

 見えない部分とは、新外国人やルーキー、または昨年調子が悪かった選手、昨年調子が良かった選手で名前が挙がって来ないような選手がポンと出てきたとき、僕らにとっては計算外、チームにとっては“嬉しい誤算”になると思います。そこをどこまで読めるかが、僕らにとって大切なポイントです。

(つづく)

【聞き手・文:山下 康太】

<プロフィール>
ikeda_pr池田 親興 (いけだ ちかふさ)
1959年5月17日、宮崎県生まれ。法政大学卒。83年にドラフト会議で阪神から2位指名され入団。85年は開幕投手に指名され、チームの日本一に貢献した。91年にダイエーに移籍。95年、ヤクルトに移籍し、同年現役引退。

 nakano_pr-1中野 武志(なかの たけし)
1944年、福岡市生まれ。法政大学経済学部卒業後、(株)フジソクに入社。福岡営業所所長まで勤めた後、退社。同営業所の営業基盤を譲り受けて77年3月に会社を設立。代表取締役に就任した。趣味は野球とゴルフ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月10日 07:00

地場総合建設業としての使命

 創業118年の老舗企業(株)未来図建設。同社は地場総合建設業として、中高層ビル・マンションをはじめ、医療・福祉関連・物流・商業および公共施設、ガソリンスタンド、戸建...

2020年08月10日 07:00

増収企業5割超す~2019年度九州流通企業決算

 データ・マックスが集計した九州主要流通企業の2019年度決算によると、前年度との比較可能な42社中、増収は22社で減収の20社を上回った...

2020年08月09日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装

 構造設計一級建築士の仲盛昭二氏は、発覚が相次ぐ耐震偽装マンションに関し、マンション販売会社・設計事務所・行政に対して質問書を送付した。なぜ、この時期に仲盛氏が耐震偽...

2020年08月09日 07:00

復活の道が見えない日産自動車の研究(2)

 指名委員会の次なる仕事は、代表執行役の選任。指名委員会は2019年10月8日、西川氏の後任の社長兼CEOに内田誠・専務執行役員を起用すると発表した...

2020年08月09日 07:00

2019年度九州流通企業売上高ベスト10~4位までの順位は昨年度と変わらず

 2019年度の九州流通企業売上高ベスト10が決まった...

2020年08月08日 07:00

経営者が考えておくべきハラスメント対策とは

 新型コロナウイルス関連の報道に埋もれた感じがありますが、今年6月からいわゆる「パワハラ防止法」(労働施策総合推進法の改正)が施行されました...

2020年08月08日 07:00

生まれ変わった交流拠点、糸島ファームハウス「UOVO」(後)

 UOVOではファミリー層向けに、子どもが遊べるようにと芝生スペースも整備中。日射しの強い夏は、散水用のスプリンクラーがそのまま“涼”を感じられるアイテムになる...

2020年08月08日 07:00

コロナ禍に揺れる新大阪駅~都市機能不足、リニアにも暗雲(後)

 骨格に関してはもう論ずることがないので、地方創生回廊中央駅構想について見ていくことにする...

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

pagetop