わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月23日 11:09

韓国経済ウォッチ~サムスンのグループ再編はうまくいくのか?(前) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 2014年5月10日、サムスングループの会長である李健照(イ・クォンヒ)氏が心筋梗塞で倒れ、その後、早2年の歳月が流れている。
 最近は李会長に関する報道もあまりなく、実際はどのような健康状態に置かれているかを知る由もない。ただ、たまにある報道によると、李会長は意識はあるものの、経営に復帰できるような状況ではないことはたしかなようだ。

 サムスングループでは、李会長が倒れてからのこの2年間で、内外に大きな変化が起こっている。その変化はどのようなもので、サムスンはどのような方向に向かおうとしていて、それは果たして成功するのか――。今回は、それについて取り上げてみたい。

pc サムスングループは、韓国を代表するグループである。サムスングループの時価総額が韓国GDPの約20%を占めていることが象徴するように、韓国経済に与える影響力は絶大である。サムスングループの代表格であるサムスン電子の韓国製造業のなかでの付加価値の比率は8.8%で、ほぼ製造業全体の付加価値の10分の1に達している。
 しかし、これまで成長を続けてきたサムスン電子に陰りが見えてきたことと、世界経済の急激な変化のなかでサムスンが今後も成長し続けられるだろうかということで、韓国ではサムスンの動向に耳目が集まっている。

 サムスン電子は16年第1四半期の業績発表で、売上高は49兆7,800万ウォン、営業利益は、6兆6,800万ウォンと発表している。前年同期比で、売上高は2兆6,600万ウォンの増加、営業利益では7,000億ウォンの増加になっている。
 今回の業績を見ると、V字回復には成功したものの、営業利益率は大幅に縮小されている。懸念されているなかでサムスンが何とか売上を伸ばすことができたのは、ギャラクシーS7の販売開始、高付加価値メモリの販売好調、OLEDの販売拡大などで売上が立っているからだ。

 ところが、このような状況は、今後も続くかどうかまったくわからないという不透明感も増している。なぜかというと、スマートフォンの一番大きな市場である中国で、その前兆が明確に現れているからだ。
 サムスン電子は、中国でシャオミに1位の座を明け渡しただけではく、去年は上位5位にも入らなくなった。シャオミが中国市場で旋風を起こし、それに追従した中国メーカーの躍進で、サムスンは中国で競争力を失いつつある。中国製は価格に比べて性能がかなり良くなって、中低価格品では中国製品に市場を侵食されている。スマートフォンはすでにコモディティ化されていて、スマートフォンの販売だけで売上を確保したり、利益を伸ばすことは難しくなっている。サムスン電子はそんななかでも、何とか世界市場ではシェア1位をかろうじて維持している。それに、今は半導体が好調で、売上にかなり貢献している。

 ところが、半導体も中国の猛追撃が始まっている。中国は国を挙げて半導体の育成を目指していて、25兆円くらいの投資も予定されている。とくに清華ユニーグループの存在は、サムスンにとっても大きな脅威になるだろう。

 このような外部環境の変化に対して、後継者である李在鎔(イ・ジェヨン)副会長がどのような手を打っていくのかが、かなり注目されている。
 李副会長は、アメリカのシリコンバレーに12年にはサムスン戦略革新センターを、13年にはグローバルイノベーションセンターを設立。新しい分野への積極的な投資を通じて、サムスンの未来を開こうとしている。今までの内部の開発だけでは成長の限界があると感じ、シリコンバレーで革新的な技術情報にアンテナを張ると同時に、その企業に投資をすることで、サムスンの未来をつくろうとしている。

 このように、グループの中核であるサムスン電子の未来の布石を打ちながら、一方では後継者になるためのグループ再編に、この2年間尽力してきた。そのプロセスはまだ完成しておらず、道半ばであるが、徐々に方向は見え始めたような気がする。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒NEW!

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop