• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月08日 16:03

ジェネリック医薬品の急伸で、製薬再編成加速

office2 近年よく耳にするようになったジェネリック医薬品。特許が切れた医薬品の後発品として、新薬より安い薬価がつけられ販売される医薬品がジェネリック医薬品だ。医薬品の価格は、公的保険制度の仕組みとセットで、製薬会社と厚生労働省の間で交渉が行なわれ、中央社会保険医療協議会の了承を経て決定される。新薬が出ると類似薬や製造原価を参照し価格を決め、「薬価改定」で実勢価に合わせる形で引き下げていく。ジェネリック医薬品は、開発費がかからないため新薬の20~70%程度の薬価になる。このジェネリック医薬品が業界に新たな波を起こしつつある。

 これまではジェネリック医薬品が出ても、継続して開発メーカーが販売し、特許切れ薬が製薬メーカー収益を支えていたが、診療報酬改定でジェネリック医薬品が積極的に使用されるようになり、急速に販売額・利益率が低下している。

 そこで大手製薬メーカーは、特許切れ薬の関連技術を売却し、その資金を新薬開発につぎ込む行動に出た。アステラス製薬は消化器病薬などで約500億円、塩野義は感染症や消化器疾患薬などで約200億円にのぼる。とはいえ国際競争力が付いたとはいえない。欧米の大手製薬メーカーは、年間3兆円以上の売上があり豊富な研究開発費と大型のM&Aで新薬開発をして成長を続けている。日本最大手の武田でも売上高は2兆円に届かない。欧米の製薬メーカーと競争し生き残ってゆくためには、ジェネリックの台頭により利益が落ちた国内大手製薬メーカーの再編を加速させ、売上・研究開発費で外資メーカーと肩を並べ、新薬開発ができる体力をつけなければならない。

【酒井 満】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催NEW!

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)NEW!

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)NEW!

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)NEW!

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop