• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月12日 10:20

アントシアニン研究会と八幡物産、機能性表示食品の届出情報をめぐり対立

office12-min 機能性表示食品の届出情報をめぐって、日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)と八幡物産(株)(本社:鳥取県米子市、八幡清志代表)が鋭く対立している。

 日本アントシアニン研究会はこのほど、八幡物産(株)の機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』の届出情報について、「エビデンスに裏付けられたものではない」との見解を同研究会のホームページ上で公表した。

 同研究会が問題にしたのは、「研究レビューの作成の際に採択した文献で用いられているビルベリーエキスと同品のビルベリーエキスの同等性が根拠付けられていない」、「機能性表示の内容が採択した文献の結論と矛盾している」とする2点。

 同研究会によれば、同品の届出を撤回するように同社に申し入れたが、「実質的な中身のある回答はなく、同品の販売が行われた」ため、八幡物産とのやり取りを公開することを検討するという内容の通知とともに改めて回答を求めたところ、3月31日付で、八幡物産側から東京地方裁判所に公開差し止めの仮処分が申し立てられたとしている。
 その後、5月11・24日、6月16日の3回にわたる審議を経た後、6月24日付で八幡物産が仮処分を取り下げたという。

 一方、取材に対して八幡物産は、「(日本アントシアニン研究会から)学術的な意見や回答をもらったことはなく、ビルベリーエキスの同等性と有効性の持論を一方的に主張されただけ。ホームページ上の主張も一方的な内容」と反論。「同品の届出に関して問題はない。取り下げはしない」と話している。現在、対応について弁護士と協議を進めているという。

八幡物産株式会社「北の国から届いたブルーベリー」(機能性表示食品 届出番号 A164)についての申し入れについて 八幡物産株式会社「北の国から届いたブルーベリー」(機能性表示食品 届出番号 A164)についての申し入れについて

日本アントシアニン研究会に関するお問合せについて
日本アントシアニン研究会に関する
お問合せについて

※クリックで拡大

【田代 宏】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop