• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月13日 11:29

【7/25】コンプライアンスセミナー、締切迫る!

seminar1min データ・マックスは今月25日、健康食品事業者向けに「コンプライアンス緊急セミナー」を都内で開催する。受付締め切りまで残すところ10日となった。

 同セミナーでは、マスコミの記者や薬事コンサルタントを講師に招き、危機管理に対する取り組み方を示す。

 日本アントシアニン研究会会長で早稲田大学研究院教授の矢澤一良氏が「新制度に向き合う企業姿勢のあり方を問う」と題して基調講演を行う。機能性表示食品の届出をめぐって消費者庁に多くの疑義が提出されるなか、消費者保護・利益に沿った企業の自己責任とは何かを論じる。

 薬事法広告研究所の稲留万希子代表は、関連法規の締め付けが強まる健康食品業界で見落としがちな広告表現の盲点を明らかにする。業界では、景表法に基づく課徴金制度の運用が始まった。健増法の虚偽誇大広告ガイドラインでは、規制対象適用者として「インターネット媒体社」も明記された。これを受けて、健康食品や機能性表示食品の広告表現の注意点をはじめ、アフィリエイトの取り扱い方などについても解説する。

 毎日新聞社の小島正美編集委員と東京・中日新聞の引野肇編集委員は、「適切なニュースリリースを適切な部署に配信しているか?」「あなたの会社は本当に悪いのか?」などをテーマに、行政処分に直面した場合や、メディアに不当に取り上げられた場合の企業の対応策などについて豊富な事例を通して説明する。


■コンプライアンス緊急セミナー

<日 時>
7月25日(月)午後1時~6時30分
※セミナー終了後、懇親会あり(希望者のみ)

<会 場>
主婦会館プラザエフ B2Fクラルテ(懇親会場は2Fエフ)
東京都千代田区六番町15番地 TEL:03-3265-8111
(東京メトロ南北線四谷駅、丸の内線四谷駅、JR中央線四谷駅麹町口からすぐ)

<受講料>
8,000円(ヘルスケアI.B会員は4,000円)

<定 員>
80名

<お問い合わせ>
(株)データ・マックス(東京支店)TEL:03-6908-1651

◇お申し込みはコチラから>>


健康情報サイトはこちら >>
健康情報サイトでは健康・食に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop