• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月10日 08:00

【名門・筑女の異変】筑紫女学園の子会社が『恩を仇で返す』追い出し行為(中)

 浄土真宗の教えに基づく人間教育を建学の精神に掲げている筑紫女学園で、まさに「恩を仇で返す」という言葉がふさわしい実態が明らかになった。筑紫女学園中学・高校の購買部の経営者が、同法人100%出資の子会社から、事業存続のために法外な金額を求められるという追い出し行為を受けていたのだ。

購買部は福利厚生、収益性よりも安全性

school 「いくら赤字経営から脱したとはいっても武田さんは、購買部事業を学校の福利厚生の一部と考えており、ギリギリの経営をやってきた」(学校関係者)。利益を求めない経営方針の具体例の1つが販売しているパン。武田氏は安全性を重視し、(株)トランドールの焼きたてパンを取り寄せ、毎朝、1つ1つを購買部で袋詰めする。手間がかかるうえに薄利だが、市販品に見られる食品添加物の悪影響を心配して行っているという。

 利益至上主義とは真逆の経営を行いながら、損失を極力抑え、それまで年400万円の赤字だった購買部を再建した武田氏。もちろん、そのためには並々ならぬ努力・奮闘があった。事業を立ち上げたばかりの頃、学校から制服、鞄、靴一式を値下げして欲しいとのリクエストを受けた。学生服は、学校ごとにデザインが異なるという事情があり、スケールメリットは得られず、簡単に値引きができない。

 とは言え、安さを求めて、粗末な布地の制服を生徒に着させるわけにはいかない。学校のブランドに傷がつき、入学志願者数に悪影響をおよぼす可能性もある。そこで武田氏が考えたのは、業者には卸だけをやってもらい、購買部が販売を行うという方式。代金回収といった負担(リスク)から業者が解放される分、仕入れ値を安くしてもらう。自ら“川下”に立ち、業者には“川中”の仕事をしてもらうという仕組みだ。

 「武田さんは、納得してもらうため、業者一社一社に頭を下げて回った。結果として、新しいやり方で利益は減ったが、未収がなくなり、代金回収の手間が省けるので助かっている」(地場制服販売業者)。流通業で得た経験と、生徒を大切にする想いからきた情熱が、武田氏の購買部事業の原点にあった。

(つづく)
【山下 康太】

▼関連リンク
・筑紫女学園新理事長(?)長谷川裕一氏解任の勧め(1)~筑紫女学園の迷走

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop