2024年04月20日( 土 )

天神ビッグバン第1号の概要判明

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 4日、福岡市は天神ビッグバン第1号物件「天神ビジネスセンタープロジェクト」の概要を発表した。同物件は、解体済みの天神セントラルプレイスなどの敷地約1,180坪に計画され、地上16階(約76メートル)、地下2階、延床面積は約1万8,230坪で免震性能を備えた大型プロジェクト。基本設計は(株)日本設計、施工は前田建設工業(株)が手がけ、2020年の完成を目指す。また、建築デザインは建築設計集団OMAのパートナーおよびニューヨーク事務所代表を務める重松象平氏が手がける。

tenjin_bigb_s

1:天神ビジネスセンタープロジェクト
(画像提供:福岡地所)

tenjin_bigb2_s

2:天神ビジネスセンタープロジェクト
(画像提供:福岡地所)

※クリックで拡大


<天神ビジネスセンタープロジェクト概要>(資料:福岡市)

コンセプト:ワークライフバランス。クリエイティブなグローバルトップ企業を、世界でもっとも住みやすい都市「福岡」に呼び込むためのプロジェクト。
ワーク:福岡初(国内でも有数)の⼤規模免震構造。国内屈指のBCP性能、オフィススペック。
ライフ:福岡にふさわしい遊びのあるデザイン。最⾼級ホテル並のインテリア。カフェストリート。

建物概要(予定)
所在地:福岡市中央区天神1丁目
敷地⾯積:約3,900m2(約1,180坪)
建築⾯積:約3,400m2(約1,030坪)
延床⾯積:約60,250m2(約18,230坪)※容積対象外床⾯積含む
階数:地上16階、塔屋2階、地下2階
⽤途:事務所、店舗、駐⾞場等
建物⾼さ:約76m
構造:S造、一部RC造
耐震性能 免震構造
着⼯予定:2017年度予定
竣⼯予定:2020年度予定
設計者: 基本設計:(株)⽇本設計、実施設計・施⼯予定者:前⽥建設⼯業(株)
建築デザイン:重松象平/OMA

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事