• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月17日 16:16

2017年度のZEH支援方針がまとまる

 経済産業省・資源エネルギー庁は13日に発表した2017年(平成29年)度の『住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業)』は、以下の通りである。


1.補助(支援)対象
 ZEHとは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室
 内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することに 
 より、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」とする

(1)強化外皮基準(1~8地域の2015年省エネルギー基準(ηA値、 気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上でUA値 1、 2地域:0.4[W/m2K]相当以下、3地域:0.5[W/m2K] 相当以下、4~7地域:0.6[W/m2K]相当以下)
(2)再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から 20%以上の一次エネルギー消費量削減
(3)再生可能エネルギーを導入(容量不問)
(4)再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減
(5)ZEHビルダーとして登録された者により設計又は施工が行われること
(6)要件に適合した設備・HEMS(Home Energy Management System)を導入すること
(7)補助金受領後、一定期間、定期的にエネルギー使用状況の報告を行うこと

 ηA値とは平均日射熱取得率。住宅内に入る日射の割合
 UA値とは外皮平均熱貫流率。一定の時間あたりどれだけエネルギーが失われるかを示した数値。
 1、2地域は北海道。3地域は青森県、岩手県、秋田県
 4~7地域は、上記以外の都府県。

2.支援(補助)金額
(1)1戸あたり125万円(定額)を予定。ただし『寒冷地特別強化外皮仕様(1,2地域において高断熱外皮を採用し、UA値0.25以下の仕様)』については、150万円(定額:25万円分加算)とする予定。
(2)補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、上記に蓄電容量1kWhあたり5万円(上限:50万円又は蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額)を加算する予定


 同省では、ZEHを2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを掲げている。国をあげて普及・推進していく方向性を示している。

 大手ハウスメーカーが中心となって、自社Webを活用した販売促進に力を入れている。エンドユーザーも東日本大震災をきっかけに、「エネルギー問題に高い関心を寄せて、環境にやさしい住環境をオーダーするケースが増加している」(戸建住宅業界関係者)とZEHの普及・推進における土壌が整いつつある。

 一方で、ZEHの住宅は「間取りが限定的になり、住まい手の希望に添えないケースがある。例えば、吹き抜け、高い天井、大きな窓などは断熱性が低くなる可能性が高い。また、定量的な条件をクリアするための設備に対して、通常の住宅より高コストとなる」と述べる地元の建築設計士のコメント。さらに、供給側において「ZEHは設計図面含め、書類などの手続きが煩雑で、相応の時間を要する。小規模の工務店は、人員面で苦戦することが予想され、導入するまでの体制づくりに時間がかかる。大手ハウスメーカーは、豊富な資金力を背景に投資できるが、中小の地場の工務店は現況では厳しい」(前出設計士)とする課題も指摘されている。

 いずれにせよ、今後の我が国の住宅は、エネルギー対策を講じた住環境を要求されることは不可避である。ZEHへの支援(補助金など)を強化するとともに、特に地場の中小の工務店・ビルダーへのサポートも強化しなければ、地場の業者は取り残されてしまうだろう。

【河原 清明】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop