• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月23日 09:00

日本も台湾も若者の価値観は似通っている~BBA視察団報告(後)

(株)ハタプロ 伊澤 諒太 代表取締役

 「Computex Taipei 2017」のInnoVEX展示エリアには、一般社団法人ブロードバンド推進協議会(略称:BBA、代表理事:宮内謙)の会員のベンチャー企業2社が台湾政府から招聘(しょうへい)され出展した。AIを使った行動情報の分析・調査事業を中心とするレイ・フロンティア(株)とモノづくりとインターネット技術で未来を変える(株)ハタプロである。
 かわいらしい、手乗りサイズのフクロウ型ロボット「ZUKKU」が会場の注目を集めたハタプロの代表取締役 伊澤諒太氏に聞いた。

オープン・イノベーションという言葉を重視する

 ――ハタプロと台湾との関係についておうかがいします。

(株)ハタプロ 伊澤 諒太 代表取締役

 伊澤 ハタプロが台湾とビジネスで関わり始めたのは2012年頃からです。14年には経済部工業局直轄の工業技術研究院(ITRI)とMOU(了解覚書)を締結しました。当時、ITRIは日本のパナソニックやソニーなどの大企業との技術交流はありましたが、日本のベンチャー企業との取引はほとんどありませんでした。
 当時、私はまだ20代でしたが、14年頃から台湾ではオープン・イノベーションという言葉が重視されるようになり、卓越した技術を持っていれば、たとえ創業したてのベンチャー企業でも一緒にやっていこうという雰囲気が高まったことも幸いしました。また、当社はすでに、日本では大手企業とIoTを軸にビジネス展開をして、先進的な取り組みを行い、成果を出していたので信頼いただけたのだと思います。

技術のある台湾の会社を発掘し易くなる

 ――昨年10月5日の日本ブロードバンド推進協議会(BBA)と台湾政府工業技術研究院(ITRI)とのパートナーシップ(MOU)締結の陰には伊澤さんの尽力があったと聞いています。

 伊澤 ハタプロはBBAの会員企業です。ハタプロがMOUを締結後、工業技術研究院(ITRI)の視察団が日本を訪れた際、私からBBA事務局にご紹介しました。BBAは国際交流については、中国インターネット協会(ISC)、韓国ソフトウェア振興院(KIPA)、豪クイーンズランド州政府など、数々の実績があります。ご紹介申し上げた後はスムーズに運び、昨年のMOU締結に至りました。日台相互の技術交流が円滑に高まっていけば、当社としても、技術を持っている台湾の会社を発掘しやすくなるので喜んでいます。

引き合いは日本以外に、世界各国から頂いています

 ――今回の展示品「ZUKKU」はすごい人気ですね。どういう商品か教えていただけますか。

世界中から注目を集める手乗りサイズのロボット「ZUKKU」

 伊澤 「ZUKKU」はIBM社のWatsonを活用した、手乗りサイズのフクロウ型ロボットです。音声認識や画像認証センサー搭載で、IoT向け低価格SIMを通じてクラウドに連携して対話、eコマースでの買い物代行、便利な情報配信など生活をサポートする機能が備わっています。
 どこにでも気軽に設置できるロボット型のコミュニケーションメディアとして、家と店、生活者と企業をつなげます。持ち運びもしやすいサイズなので、家や店舗だけでなく、車やバスなどのモビリティとの相性も抜群です。
 おかげさまで日本だけでなく世界各国(台湾以外に、アメリカ、フランスなど)から引き合いをいただいています。日本の大手自動車メーカーの研究所にはすでに納品が決まりました。実は本日、ITRI発の車載IoTネットワークインフラ構築企業(台湾国内に100万人のユーザーを持つサービスを運営)にも、このロボットの納入が決まりました。今年から実証実験を行い、1年後には全車両に納入する予定です。

ベンチャー魂というよりアスリート魂

 ――すごいスピードですね。伊澤さんのそのバイタリティ、ベンチャー魂はどこから来ているのでしょうか。
 
 伊澤 私は高校までボクシングをやっていました。インターハイにも出場し、大学はスポーツ推薦入学でオリンピックを目指していました。それが、突然目のけがで引退を余儀なくされることになります。そこで、今までスポーツに向けていた情熱を勉強に向けて独学でITを学びました。私の場合はベンチャー魂というより、アスリート魂と言えるかも知れません。スポーツでつらい筋トレ、練習も乗り越えてきていたので、胆力には自信があります。

台湾をビジネスパートナーとして見る

 ――伊澤さんは台湾の同世代の若者をどのようにご覧になられていますか。

 伊澤 台湾の若者は日本と比べて、ベンチャーマインドが強いと感じています。また台湾の若者はリアルタイムで日本と同じマンガを読み、アニメを見て育ってきています。日本語もできるので、若者同士は違和感なくコミュニケ―ションがとれます。ハタプロは、今ではフランスやアメリカともビジネスを展開していますが、私にとっての最初の外国が台湾でつくづくよかったと思っています。台湾の良いところは企業規模に関係なくグローバルな販路を持っているところだと思います。日本企業は一般的には、販路は国内で閉じており、大企業でないとグローバルな販路を持っていません。
 台湾をマーケットとして見るととても小さいと感じる方もいるかも知れませんが、ビジネスパートナーという視点で見れば、中国はもちろん、東南アジアの大中華圏諸国に海外進出していく場合、日本企業にとってこれほど相応しいパートナーはないと思っています。

 ――本日はお忙しい中、ありがとうございました。

(了)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
伊澤 諒太(いざわ・りょうた)
 2010年に(株)ハタプロを創業。12年に台湾へ進出、IoT電子機器製造業を開始。アジアの戦略拠点として台湾政府直轄の工業技術研究院(ITRI)と提携。事業で培った先端テクノロジーのアセットを活かしてし、製造業者と協業し様々なプロダクトの開発に携わる。16年に日本の通信会社と共同でIoTジョイントベンチャーを開始。17年に新規事業としてAI搭載の小型パーソナルロボット「ZUKKU」を展開。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月23日 14:07

東電が九州全県で電力販売を発表~狙いは「転勤族」、低価格以外で差別化図るNEW!

 東京電力ホールディングス傘下の東京電力エナジーパートナーは、東北地方と九州全県での家庭向け電力の販売を行う。同エリアの一般的な電力販売・従量電灯Bの価格と比べ3%程...

2019年08月23日 13:34

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(4)NEW!

 筒井氏がゆとり教育の見直しに正面から取り組むようになったきっかけは、1998年(平成10年)7月29日から3日間、福岡市で開かれた社団法人日本工学教育協会の年次大会...

2019年08月23日 13:00

無許可でサザエ、アワビなどを採捕~福岡市早良区の男性が書類送検NEW!

 福岡県警は8月22日、漁業法違反の疑いで、福岡市早良区に住む自称自営業の男性(60)を福岡地検に書類送検した。

2019年08月23日 12:15

「SBIが地銀支援に本腰」報道~今、地銀に求められることとはNEW!

 本日(8月23日)付の西日本新聞に掲載されたSBIホールディングスの北尾吉孝社長(68)の地銀支援の記事が目に止まった。北尾社長は共同通信のインタビューに応じ、地方...

2019年08月23日 11:43

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(5)NEW!

 柴田社長殿、筆者は西広・荻原社長の挨拶文を読んで感動して涙がでてきました(関連記事:「西日本新聞の未来を読む(1)~2020年に創立70周年・岐路に立つ西広」)。西...

2019年08月23日 11:06

【政界インサイダー情報】隠れていた「安倍・トランプ密約」の本命が…。NEW!

 トランプ大統領の大口献金者はLas Vegas Sand's 、Wynn Resorts 、Caesar'sに加えてMGMも可能性があります。今秋の臨時国会でのカジ...

2019年08月23日 10:47

孫正義氏、アスクル問題で吠える「裏で糸を引いたとか、忖度させた覚えはない」(前)NEW!

 ソフトバンクグループ(SBG)は8月7日、決算説明会を開催した。普段は、孫正義会長兼社長の戦略説明の独演会になるが、今回は趣が異なったようだ。大問題に発展したアスク...

窮地に追い込まれる安倍韓国敵視外交NEW!

 韓国政府が8月22日、日本と締結している軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。日本政府は韓国政府がGSOMIAを破棄しないと高を括っていたようだ...

2019年08月23日 09:00

中国経済新聞に学ぶ~増税で日本旅行はどれくらい値上がりするか(前)NEW!

 日本政府はこのほど消費税率の8%から10%への引き上げをめぐる詳細なルールを発表した。税率が引き上げられると、日本で暮らしている人だけでなく、日本を訪れる外国人観光...

2019年08月23日 07:00

直面する人手不足と採用 解決のカギは健康経営(後)

 タクシー運転手は、座る時間が長く、夜中にまとめて食べるなど不規則な食生活になりやすく、入社して半年から1年で体重が増えてしまうこともある。だが、毎日、出発する前に自...

pagetop