• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月21日 07:03

空気清浄機販売のSoft-EXをめぐるトラブル(後)~九州支社の無節操な営業実態

 支払い遅延のトラブルが発生している空気清浄機の販売・レンタル業者(株)Soft-EX(本社:東京都中央区、髙井理道代表)。同社は、除菌や消臭効果を謳った空気清浄機(1台2万円)を販売し、その購入者から業務委託を受ける形でレンタル事業を展開。レンタル料の約4.9%を「協力金」として購入者に分配する仕組みを提案し、販売を行っていた。購入者からは、収入の少ない学生に借金を勧め、また、ネットによるローン申請の代行、同社社員と偽証した給与明細を発行していたという話も聞いている。

元九州支社長を直撃!無節操な営業実態

 偽の給与明細を用い、借り入れを行うことは有印私文書偽造罪、詐欺罪などに問われる。また、法人が偽の給与明細を発行することは、所得税法242条7号に該当し、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。本当に、このような違法営業が実際に行われていたのだろうか。真実を確かめるべく、同社の九州支社長を務めていた倉持賢一氏に、同支社の営業実態について取材した。


元九州支社内のやり取りの一部(加工はNetIB編集部)

 ――オーナーに対して借り入れの手伝いをしていたと聞くが把握していますか。

 倉持賢一元九州支社長(以下、倉持) 把握している。

 ――学生が銀行系のローンで融資を受けて、それを空気清浄機の購入代金に充てていたと聞きましたが、間違いないでしょうか。

 倉持 間違いですね。学生は基本的にお断りしているはずです。

 ――九州支社の顧客に学生は1人もいないということですか。

 倉持 いないと思いますよ。

 ――実際に、Soft-EXと契約をしたという話を複数の学生から聞いていますが。

 倉持 僕が把握していない学生って大学生ですかね。いないですね。契約は全部、把握しています。

 ――会社の規則として学生はダメということですか。

 倉持 規則ではありません。

 ――社員が契約をとってきた時、相手が学生だったらダメにしていましたか。

 倉持 していますね。

 ――契約先が学生か否か、支社長のほうでチェックしていましたか?

 倉持 監理はしていません。その人の職業を聞いて来いとかは言っていない。私のところにあがってくるのは、契約者名と契約日と金額、台数など。

 ――契約者が(身分を)ウソついていた場合はわからないのでは。

 倉持 わかりません。

 ――支社長の顧客で学生はいませんでしたか。

 倉持 学生はいました。ただし、彼は月50万くらい稼いでおり、借入はしていません。

 ――社員がウソをついて、学生と契約していたということはありませんか。

 倉持 それはあると思う。ガイドラインみたいなものを用意しておらず、口頭での注意だった。


 はじめに、契約者に学生はいないと即答していた元九州支社長の倉持氏だが、質問のなかで管理体制がずさんであったことが浮き彫りになり、自身も学生を相手に契約していたことを認めた。さらに、支社で行われていたとされる借り入れの手伝いに関する一問一答。


 ――会社としてどこまで借り入れの手伝いしていましたか。

 倉持 それはわかりません。

 ――自身がやったことはないですか。

 倉持 やったことありますよ。ただし、僕らはアドバイスするけど、基本的に自己責任でお願いしますと伝えていた。

 ――たとえば、社員が代理で借入申し込みすることはありませんでしたか。

 倉持 それはまずない。できない。

 ――インターネットの借入申し込みとか。

 倉持 ネットとかだったら、物理的にはできるでしょうね。

 ――元社員から、貴方から指示を受けて代理申請したという話を聞いています。

 倉持 僕はそういう指示をしたことはない。


 借り入れの代理申請への関与を全否定していた元九州支社長であったが、記者が見せた某SNSのグループトーク履歴の一部(画像参照)を提示すると言葉を失う。


 ――身に覚えはありませんか。

 倉持 ・・・(しばし沈黙)。記憶はないが、過去ログはあるから調べるとわかる。(やり取りに出てくるのは)私だと思う。

 ――実際は、在籍していない人に、Soft-EXの社員とする“偽の給与明細”を出したという話は?

 倉持 支社として聞いていない。


 「8月には業績が回復し、10月頃には九州支社を復活させたい」と語る倉持氏。同氏は今、同社と業務委託契約の関係にあるという。しかしながら、取材に対して、真実をごまかそうとした一連のやり取りからすると、その言葉の信ぴょう性は疑わしく思える。Aさん、Bさん以外にも複数名の学生から、同社のサポートで借り入れを行い、空気清浄機の契約に至ったという話を聞いており、社会経験が未熟な若者に対し、その収入を大きく超える過剰な投資話を持ちかける、相手を選ばない無節操な営業が九州支社で定着していた様子がうかがえた。とても真っ当な会社とは言い難いのだが・・・。

(了)
【山下 康太】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月17日 16:03
NEW!

阪神淡路大震災から24年~被災者のこころのケアは今

  震災遺構がある神戸市中央区の 神戸港震災メモリアルパーク  1995年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が近...

2019年01月17日 15:38
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(下)

  【表1】を見ていただきたい。日本を代表するトップテン企業の売上高および当期純利益の順位表である。 ~この表から見えるもの~ 2.日本の売上高トップ...

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

pagetop