2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

死亡事故受け指名停止、溝江・大高・みぞえJV

 福岡県は24日、溝江建設(株)、大高建設(株)、(株)みぞえ住宅からなる特定建設工事共同企業体、ならびに(株)大濱組、福鳶グループ(株)に指名停止措置処分を下した。県発注工事の施工に当たり、安全管理の措置が不適切であったため、工事関係者に死亡者を生じさせたため。

 死亡事故が発生したのは「久留米スポーツセンター体育館(仮称)メインアリーナ棟改築工事(落札額:23億1,120万円)」の現場。事故が起きたのは8月12日(土)午後4時50分頃。17mの足場から作業員が転落し、全身を強打。直ちに病院へと搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 指名停止期間は2017年10月24日~11月23日までの1ヶ月間となっている。

【代 源太朗】

 

関連キーワード

関連記事