2024年07月21日( 日 )

マックスバリュ九州、24時間営業を見直し

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 マックスバリュ九州(株)は12月1日から一部店舗の営業時間を見直すと発表した。九州の10店舗中8店舗で24時間営業を見直し、朝7時オープン、夜11時閉店とする。そのほかの2店舗については営業時間を短縮する。24時間営業を見直すのは、「マックスバリュ吉井店」(福岡県うきは市)、「同猪野店」(大分県大分市)ほか6店舗。従来から24時間営業ではなかった「ザ・ビッグエクスプレス北野店」(福岡県久留米市)ほか1店は営業時間を短縮する。

 同社は、「営業環境が変わってきているなか、夜間の収益力が低下していた店舗を対象にした」とコメント。採算が取れている店舗は24時間営業を継続していく方針としている。

【矢野 寛之】

<日刊マックス流通のご案内>

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 

関連キーワード

関連記事