• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月20日 15:08

震災復興が結んだ日本とネパールの新たな絆!(1)

映画監督・東京情報大学総合情報学部教授 伊藤 敏朗 氏

 2015年4月25日にネパールを巨大地震(マグニチュード7.8)が襲った。世界はただちに救援の手を差し伸べ、日本からは国際緊急援助隊JDR(Japan Disaster Relief Team)が現地に派遣された。そこで、日本とネパールの人々の間に同じ震災国どうしの新たな絆が生まれた。
 こうした実話を基に、JDRの海外での活躍を初めて描いた復興支援映画が誕生した。主演・プロデューサーのガネス・マン・ラマ(Ganesh Man Lama)氏はJDRからの依頼で、現地コーディネーターとして奮闘し、JDRの足となる車両手配や支援物資の分配、住民との交渉など八面六臂の活躍をした人物である。その功績で、民間人で唯一、日本隊から感謝メダルを授与されている。
 4月に公開が迫る『カトマンズの約束』の映画監督・東京情報大学総合情報学部教授の伊藤敏朗氏に聞いた。伊藤監督のネパール入りは、先日のフライトで32回を超えた。

ネパール映画監督協会に外国人として唯一所属

 ――映画公開前の大変にお忙しい中、お時間を賜りありがとうございます。本日は今、大注目の映画『カトマンズの約束』の魅力をたっぷり語っていただきたいと思います。映画を制作された動機からお話いただけますか。

映画監督・東京情報大学総合情報学部教授 伊藤 敏朗 氏

 伊藤敏朗氏(以下、伊藤) まず経緯からお話した方がわかりやすいかもしれません。私はネパール映画に関しては、第1作『カタプタリ~風の村の伝説~』(中編劇映画、2007年)を監督、第2作でネパール文学最高峰の文芸大作『シリスコフル(邦題「カトマンズに散る花」』(2013年)を監督し、ネパール政府国家映画賞など数々の賞をいただきました。そして、第3作目は、前2作で主演・プロデューサーをつとめたガネス・マン・ラマ(Ganesh Man Lama)氏から『マイ・ラブ』というマサラ・ムービーを提案されました。

 マサラとは香辛料のことです。映画には、歌、踊り、ロマンス、アクション、道化の5つのスパイスをどれも欠いてはならないというセオリーに基づく、極めてインド・ネパール的な映画作法のことをいいます。このすべては「神への供物」になるという考え方に立っています。

 最初にこの話を聞いた時、正直言いますと、あまり気乗りがしませんでした。その理由は、シリアスな面をもつ前2作や、私のこれまでの作品と趣向が大きく違っていたからです。また、マサラ・ムービーは日本の映画監督にとっては未踏の地であり、すごくハードルが高いように感じました。

 一方で、私はネパール映画監督協会に唯一外国人として所属し、ネパール映画人の皆さまには、フレンドリーな意味で「伊藤はネパールの映画監督だ」と思って頂いています。このハードルを越えられなければ、名実ともに「ネパールの映画監督」にはなれないのではないかという心の葛藤もありました。そして、最終的に同意し、ポツ、ポツと(大学の春休みや夏休みなどを利用して)撮影をし始めた最中の2015年4月25日にネパールを巨大地震(マグニチュード7.8)が襲いました。

在日ネパール人の支援活動は見事な展開だった

カトマンズの約束

 もちろん映画製作は中断です。次に考えたのはお世話になったネパールの人に「今自分ができることは何か」ということでした。当初は、驚きと悲しみが襲い、すぐ現地に駆けつけたいと思いました。しかし、冷静に考えると、私はネパール語ができませんし、水・食料などの物資が不足している中で、やれることは少ないと判断、当面は日本での支援活動に専念することにしました。

 また、電話は通じなかったのですが、人づてに前2作で主演・プロデューサーをつとめたガネス・マン・ラマ(Ganesh Man Lama)氏が生きていることがわかり、ネパール現地のことは彼に任せることにしました。

 当時の在日ネパール人の支援活動は、日本在住の海外ネパール人協会(NRNA JAPAN)の会長であったヴァバン・ヴァッタ氏(現NRNA ICC会長)を中心に、映画にも現れているように、一糸乱れずに団結し、見事な展開を見せました。ハテマロ会(在日ネパール人とネパールを愛する日本人の会)との連携も見事でした。私は正直言いますと、これには驚きました。

 それは、ネパールは多民族、多宗教国家で、日本に来ても、民族や宗教が違うとちょっとしたことで行き違いが生じることがあって、「もっと皆仲良くしてほしい」と常日ごろ思っていたからです。当時は知り合いのネパール人から、「先生、大変なことになった。ネパールはもう終わりです」という電話が何本もかかってきて、彼らの動揺の大きさがよくわかりました。

 日本の東日本大震災の時もそうでしたが、大きな災害に遭遇すると、埋没した日常生活から解き放たれ、人間は生きる意味や絆の大切などにふと気づくのかも知れません。

(つづく)
【金木 亮憲】

NRNA:Non Resident Nepali Association 海外在住ネパール人協会
ヴァバン・ヴァッタ会長(TBIホールディングス取締役名誉会長・創業者)。外国で蓄積されたノウハウと資本を本国ネパールに還元し、ネパールの平和と繁栄、発展に貢献する目的で2003年に設立されたネパール政府公認の組織。海外出稼ぎ労働者から本国への年間外貨送金の総額が本国の国家予算を超え、政治力ももつ。

<プロフィール>
伊藤 敏朗(いとう・としあき)
 1957年大分市生まれ。現・東京情報大学総合情報学部教授(18年4月より、目白大学メディア学部特任教授に就任予定)日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了・博士(芸術学)ネパール映画監督協会に所属する唯一の外国人監督で、ネパール映画の第1人者。
 『カタプタリ~風の村の伝説~』(中編劇映画、2007年)でネパール政府国家映画賞を受賞。ネパール文学最高峰の文芸大作『シリスコフル(邦題「カトマンズに散る花」)』(2013年)で、ネパールデジタル映画祭批評家賞、ネパール政府国家映画撮影賞を受賞。著書は『ネパール映画の全貌‐その歴史と分析』(2011年、凱風社)など。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年12月03日 17:17

【BIS論壇N0.334】RCEP、TPP、APECの動向NEW!

 11月15日、日中韓、ニュージーランド、豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN)アセアンの15カ国によるRCEP(東アジア地域包括的経済連携)が合意に達した...

2020年12月03日 16:11

福岡市、香椎駅前の土地など市有地を入札へNEW!

 福岡市は、未利用の市有地について入札による売却を行う...

2020年12月03日 16:00

酒類卸最大手のカクヤスグループ 九州での勢力拡大を狙うNEW!

 酒類卸最大手の(株)カクヤスグループは近年、異業種に対するものも含め積極的にM&Aを活用し業容拡大を進めている。こうしたなかで、今年、九州地区で本業での攻勢を一気に...

2020年12月03日 14:33

アビスパ、貴重な勝ち点で昇格に大きく前進 岡山1-1福岡

 サッカーJ2リーグのアビスパ福岡は2日、アウェーの香川県丸亀市・Pikaraスタジアムでファジアーノ岡山と第38節の試合を行った...

2020年12月03日 14:00

経営コンサルのハラトータルオフィスがニュースレターを発行

 個人・中小零細企業向けに資金調達や財務改善など、銀行取引を中心とした経営コンサルタントを提供するハラトータルオフィス(株)が先日からニュースレターの発行を開始した...

2020年12月03日 11:33

麻生グループの御曹司、麻生巌氏は、投資家・孫正義氏になれるか~日本の台所・豊洲市場の東都水産に友好的TOBを実施(2)

 卸売市場に関する改正法が、6月21日に施行された。法改正の目玉は、国の認可制だった中央卸売市場の開設が、一定の基準を満たせば、民間企業でも可能な認定制になったことだ...

2020年12月03日 11:00

【縄文道通信第54号】縄文文化―ユートピア論(前)

 新型コロナウイルスの世界的な蔓延で、人類は改めて生存の危機を感じ始めた。さまざまな世界的な識者の見解を見ていると、悲観論が蔓延している感がある...

2020年12月03日 10:30

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(6)

 「不適切であるが違法ではない」という迷言は近年、ヤメ検によって創作された詭弁である。普通の人には概念的理解ができないため、不適切の場合には違法ではないから、先に事案...

2020年12月03日 10:03

耐震強度不足に加えマンション全体で7,000本鉄筋不足 驚愕の“殺人マンション”パークサンリヤン大橋の裁判(1)

 「パークサンリヤン大橋」の区分所有者が西鉄らを相手取り提訴した損害賠償事件。この裁判では、構造設計一級建築士の仲盛昭二氏ら4名が原告側の技術意見書を作成し 原告側弁...

2020年12月03日 09:44

福岡市、市営住宅向けコインパーキング事業者募集

 福岡市ではコインパーキングの設置・運営事業者の公募を行っている...

pagetop