• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月25日 11:17

【アベ友】悪巧み4人衆の1人、高橋精一郎氏の実家は八女の蔵元「高橋商店」本家

昭恵夫人のFacebookより。左から2人目が高橋精一郎氏

 加計学園の獣医学部新設をめぐる疑惑、そして安倍首相夫人の昭恵氏が名誉校長を務めた森友学園。「首相案件」の特徴といえるのが、首相本人や昭恵氏との個人的つながりが行政判断を左右し、血税の行方まで左右するということだ。

 さかのぼること約2年半前、2015年のクリスマスイブに、昭恵夫人が自身のFacebookに投稿した写真がある。今では広く知られるようになった「男たちの悪巧み」写真だが、この中の1人が意外にも福岡とつながりのある人物であることがわかった。

  写真の左から2人目、安倍首相の隣で指を立ててご機嫌の男は高橋精一郎氏。久留米大学附設高校を経て慶応大学を卒業。住友銀行に入行後は順調に階段を上がり、写真が撮られた当時は三井住友銀行副頭取を務めていた。
 この高橋氏の実家は、八女市の蔵元「高橋商店」本家。高橋商店は、「繁桝」ブランドで知られる名門蔵元で、大吟醸「箱入娘」が日本航空の機内食に採用されたこともある。高橋商店HPによると、主要取引銀行の1つは、「三井住友銀行」だという。

 高橋氏は、『週刊現代』などが「仰天トップ人事」と報じた16年末の頭取レースに敗れた後、17年6月に金融庁参与に就任している。この時は加計学園問題に注目が集まっていたため、抜擢人事が「また忖度か」と話題にもなった。

 忖度政治のツケか、安倍首相はGW明けに大きな決断を迫られるとみられている。

※「悪巧み」写真のほかの人物は、左端が加計孝太郎・加計学園理事長、右端が増岡聡一郎・鉄鋼ビルディング専務

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop