わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月23日 11:42

最低賃金の引き上げによる労働市場のショック(前) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 現在の韓国経済は1990年代の日本の長期不況初期と状況が酷似していると言われ赤信号が灯っている状況だ。だが韓国は日本に比べ、経済面での基礎体力が極めて劣っており、はたしてこの試練に耐えられるか疑問だ。

 消費の一項目である韓国の小売販売は、18年4月、前月対比1%減少し、2カ月連続の減少になっているし、設備投資も前月対比3.2%減少し、3カ月連続の下落となった。より心配なのは、韓国経済が、さらに消費が減少する要因を抱えていることだ。それは何かというと、昨年突入した高齢化社会だ。

 韓国の人口構成における高齢者の割合は20年前と比較して倍になった。日本の高齢者の資産のなかで現金、預金が占める比率は、41.5%であるのに対し、韓国の比率は、18.8%に過ぎない。消費力が旺盛な若者が数多く失業している状況で、高齢者が増加することは必然的に消費の萎縮につながらざるを得ない。

 このように内需にあまり期待できない状況下、韓国経済は輸出だけが支えになっている。ところが、昨年前年対比15%の増加率を示していた輸出も、今年になって増加率に陰りが出ている。今年4月の輸出増加率は前年同月対比1.5%減で、5月には4.8%も減少している。それに、米中貿易戦争が勃発し、いつその影響が韓国の輸出に暗い影を落とすかわからない状況である。米国の貿易赤字額を減らすべく、米国が中国に圧力をかけ、中国の貿易額が10%減少すれば、韓国の成長率は0.9%落ちるという試算がある。韓国経済はこのように課題が山積している。

 このような状況で、韓国政府は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が選挙公約である最低賃金の引き上げと週52時間勤務制を導入したことで、その実施をめぐって、賛否両論が巻き起こっている。庶民の生活に直結する問題だけに、自営業者を中心に反発が巻き起こっているのだ。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、働き方改革の一環として労働時間を減らす一方で、賃金は増やしたいと考えている。そのため、韓国政府は最低賃金を引き上げ、また週の労働時間の上限を68時間から52時間に引き下げた。その背景にあるのは、韓国の労働時間が経済協力開発機構(OECD)加盟国中、トップクラスに長いということが挙げられる。つまり労働時間を減らす必要があったのだ。

 韓国政府は所得の増加を中心に据えて、経済発展を図っている。すなわち国民の所得が増えれば、自然に消費が伸び、消費が伸びたら、仕事も投資も増え、その結果として経済が成長するということを目指しているのだが、現状はなかなかうまくいっていない。

 最低賃金とは、国が労働対価の下限を法律的に決めておく制度だ。これより低い賃金を支払うと、法律違反になってしまう。同制度を最初に導入したのはニュージーランドである。同国は1894年に女性と子どもなど社会的な弱者を保護する目的でこの法律を導入したようだ。

 米国では、1912年にマサチューセツ州で最初に導入された。最近、先進国を中心に最低賃金の引き上げが相次いでいる。イギリスは6.7ポンドだった最低賃金を7.2ポンドに引き上げたし、米国もニューヨーク州とカリフォリニア州は最低賃金を15ドルに引き上げた。日本も毎年3%ずつ最低賃金を引き上げている。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月16日 07:00

【交通取締情報】12月16日、豊前市で実施NEW!

 福岡県警は12月16日(月)、豊前市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年12月16日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(4)NEW!

 ――番外になったが、1月リテールパートナーズ、アークス、バローHDが相互に株式を持ち合い、「新日本スーパーマーケット同盟」を旗揚げした。イオン、セブン&アイHDに代...

2019年12月15日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(3)

 祐徳自動車の食品スーパー(SM)事業からの撤退。5店舗のうち1店を閉鎖し残る4店をアスタラビスタに譲渡した。祐徳は本業のバス・タクシーなどの運輸事業以外にホームセン...

2019年12月14日 15:34

福岡市東区和白で火災

 福岡市東区和白5丁目付近で火災が発生している。現地は立花高等学校から600メートル程の住宅地で出火元は民家とみられる。林に隣接しており、延焼が心配される状況。

2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)

 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き...

2019年12月14日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ローソンの中国デリバリー売上7%に(後)

 外資系コンビニブランドは商品の供給チェーンなどでしっかりした基礎を打ち立てたが、中国人の味覚に合った飲食の現地化イノベーション(革新)では、地元コンビニの挑戦に直面...

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

pagetop