• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月08日 07:05

中国経済新聞に学ぶ~中米貿易戦争、中国が負けない理由(後)

中国に8枚の切り札

 米国の中国に対するプレクシャーと威嚇に対し、中国には中国の切り札がある。中国国際貿易学会専門家委員会の李永委員長は、8つの角度から中国の切り札を全面的に分析した。

(1)中国経済は安定
 李委員長は、「貿易戦争を戦う上で最も重要な資本は経済の安定的発展にほかならない。中国経済は目下、安定した状況を維持しており、将来も安定的発展を継続する力がある」と述べた。

(2)中国には巨大な市場がある
 李委員長は、「14億人の人口、2億人を超える中所得クラスターが擁する中国が、貿易戦争を十分に戦うことができるというその重要な根拠の1つは市場規模の巨大さだ。巨大な市場が中国企業に巨大な発展の可能性を与えると同時に、海外の企業にも利益を創造し発展する機会を与え、巨大な誘致力を発揮する。これは中国にしかない優位性だ」と述べた。

(3)中国には整った産業分類が備わる
 中国は世界で唯一、国際連合(国連)の国際標準産業分類のすべての分類をカバーする国であり、中国独自の分類によれば工業大分類41産業、中分類191産業、小分類525産業をカバーする。
 李委員長は、「中国の整った産業分類は中国に対外貿易の競争における優位性をもたらしており、中国の競争力の重要な源泉であり、中国経済の発展に製造への十分な原動力を与え、また中国の未来の産業バージョンアップに必要な基盤でもある。未来の中国の各産業部門はこの基礎のうえに立って、引き続き質を高める必要がある」と指摘した。

(4)中国には十分な革新の原動力がある
 李委員長の判断は次の2組のデータに基づいている。
 第一に、2017年の中国の国内総生産(GDP)のうち2・12%が研究開発(R&D)に充てられ、中国のR&D経費は工兆7,500億元(約29兆7,500億円)に達し、基本的に先進国と変わらない水準になった。
 第二に、世界知的所有権機関(WIPO)が発表した報告によると、中国は世界2位の特許出願国で、03年以降は唯一の2けた増加を達成する国となっている。WIPOはあと3年で中国は米国を追い抜くと予想する。
 李委員長は、「中国は革新分野で、ここ数年の間に多くの業績を生み出した。ただ未来にもまだ大きな発展の可能性がある」と述べた。

(5)中国には良好な起業ムードがある
 李委員長は、「中国はこれまでずっと国民による起業を強調し、最新のデータでは一日あたりベンチャー企業の平均登録件数は1万7,600件になり、これはこうした新しい企業、新しい雇用機会が、新しい競争の優位性を形作っていくということだ。政府も起業に向けて良好な環境づくりをしている」と述べた。

(6)中国には新業態、新モデル、新興産業が絶えず出現
 李委員長は、「中国には新しい業態、新しいモデルが絶えず出現している。たとえば金融科学技術が推進する電子決済やEC、また共有経済(シェアリングエコノミー)モデルもあり、経済に絶えず新たな優位性をもたらしている。新産業には新エネルギー、新材料、
スマート製造、電気自動車、ロボットなどがあり、どれも革新と発展の過程にあり、将来は経済の発展をより力強く支えることになる」と語った。

(7)中国はグローバルバリューチェーンで重要な位置を占める
 李委員長は、「中国は40年におよぶ発展を経て、グローバルバリューチェーンと供給チェーンのシステムにおいて重要な位置を占めるとともに、地位が絶えず上昇している。『一帯一路』に牽引されて、中国産業のバリューチェーンと供給チェーンが絶えず拡大し、将来は世界のより広い範囲で経済貿易協力を行うようになるとみられる」と述べた。

(8)中国には制度の優位性がある
 李委員長は、「中国には制度の優位性がある、国の政策、政府の方針決定を通じて、優位性のある資源を集中させ、資源を統合することができ、貿易戦争という角度からみると、戦争の始まりも終わりも効果的に管理することが可能だと思われる」との見方を示した。

(了)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年12月10日 17:59

明治「明治エッセルスーパーカップ」など計23商品の値上げを発表

   明治(本社:東京都中央区、松田克也社長)は10日、来年3月1日から市販用アイスクリームの価格改定を実施すると発表した。  対象商品は「明治エッセルスー...

2018年12月10日 17:53

中九州横断道路 朝地IC〜竹田IC、来年1月19日に開通

    国土交通省九州地方整備局は4日、中九州横断道路の一部として建設中の「大野竹田道路」のうち、朝地IC〜竹田ICを結ぶおよそ6.0kmの区間が、2019年1月19...

2018年12月10日 16:23

豊洲市場の「闇」に光差す!東京高裁「抗告許可」決定(前)~技術専門家が解説

   豊洲市場水産仲卸売場棟の構造計算偽装(設計:日建設計)をめぐる裁判において、仮の使用禁止申立に関して、5日、東京高裁は「抗告許可」を決定した。東京地裁、東...

2018年12月10日 15:26

福大・医学部で、浪人生が不利になる不適切な評価を実施~データ・マックスの取材に虚偽回答か?

   福岡大学(福岡市城南区)は8日、同大医学部の入試で浪人生の配点が現役生より低く設定されていたことを発表。同日行われた記者会見で、「不適切だった」と陳謝した。 ...

2018年12月10日 15:08

西鉄、年末年始に太宰府天満宮までの臨時列車、臨時バスを運行

   西日本鉄道(以降、西鉄)は7日、太宰府天満宮参拝客の利便性向上のために臨時列車「大晦日(終夜)臨時列車」「臨時急行『初詣号』」と臨時バスを運行すると発表した。 ...

2018年12月10日 13:50

福岡県知事選の進退、小川知事「早い時期に決めたい」

  議会中継より  小川洋福岡県知事は10日、福岡県議会で来年4月に行われる福岡県知事選の進退について公明党県議団の代表質問(田中正勝県議)で...

2018年12月10日 13:39

『脊振の自然に魅せられて』「ヤブコウジ」藪柑子 ヤブコウジ科

   山道を歩いていると背丈は10cmから15cmぐらいで、ひっそりと赤い実をつけた植物を目にします。晩秋から冬にかけて、たくましく花や実をつける「ヤブコウジ」です。...

2018年12月10日 13:22

くるり九州ひたすら歩く旅~九州一周、完歩を目指す(21)

   国道3号線と10号線をひたすら歩く“九州一周完歩”の旅。歩行距離は実に833kmにおよぶ。週末を利用しつつ、実際に現地に赴き九州の...

2018年12月10日 11:51

仮想通貨関連の(株)フィスコ 業績予想を修正

   ビットコインを中心とした仮想通貨などの金融情報提供、仮想通貨取引所運営などの(株)フィスコ(東証JASDAQグロース、本社:東京都港区、狩野仁志社長)は12月7...

2018年12月10日 11:30

芝浦グループが忘年会開催~かくし芸大賞はホールディングスが受賞

  新規事業を発表する新地哲己会長兼CEO  太陽光発電事業で知られる芝浦グループは、12月7日、「ホテルニューガイアオームタガーデン」で忘年...

pagetop