• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月17日 07:10

【豊洲市場訴訟】被告・東京都の反論への反論(4)

 10月11日に東京都中央卸売市場の移転・開場を予定している豊洲市場。しかし、移転元の築地市場の仲卸業者らが6月29日、東京都を相手取り、同市場・水産仲卸売場棟の建築基準法令違反の是正(除却)を求めて提訴。7月9日、この建物の仮の使用禁止の義務付けを要請する申立が行われた。ついに訴訟に発展した市場移転問題。被告・東京都の反論について、この問題の争点である建築基準法令違反を指摘した(協)建築構造調査機構の仲盛昭二代表理事に解説を依頼した。

 ――東京都は、豊洲市場・水産仲卸売場棟の1階柱脚は、日本建築センターの評定を受けた製品であり、技術基準解説書が定めたDsを用いる必要はないと主張している。(前回からのつづき)

▲柱脚説明図
 (クリックで拡大)

 仲盛昭二代表理事 参考までに、右図で埋込形柱脚と非埋込形柱脚の違いを説明します。豊洲市場・水産仲卸売場棟の場合、左側の非埋込形柱脚に該当します。鉄骨柱下部のベースプレートより下には鉄骨が存在しない鉄筋コンクリート造なので、1階のDsは、鉄筋コンクリート造のDsとし、鉄骨鉄筋コンクリート造の場合に適用されるDsの低減はできないことが、技術基準解説書に定められているのです。

 次の図は「ハイベースNEO」 という製品のカタログからの転載です。(下線は当方で記入)

 東京都や設計者である日建設計が主張している「1階Dsの割増不要」は、このカタログなどに基づいた主張です。しかし、これは純鉄骨用の製品であり、先に述べたように、水産仲卸売場棟に使用されたSRC用ハイベースのカタログには、Dsに関する記載はありません。SRC造である水産仲卸売場棟には「Dsの割増の要・不要」という純鉄骨造における項目は関係ないのです。東京都や設計者の日建設計は、もっともらしい説明をしたつもりかもしれませんが、SRC造の建物についての議論に、鉄骨造の話を当てはめて説明することは的外れです。

 仮に、鉄骨造の建物であったとしても、「1階の保有水平耐力比が1.1 倍以上であることを確認すること」と記載されています。乙6号証によれば本件建物の保有水平耐力比は「1.25」となっており、1階のDs は「0.3」となっています。1階のDs を鉄筋コンクリート造のDs とすれば、Ds は0.35 となり、「1.25 ×(0.3 / 0.35)= 1.07」で、カタログに記載されている「保有水平耐力比が1.1 倍以上」を下回っています。また、本件建物のようなH形鋼柱の場合は「Dsの割増が必要」と記載されています。

 上記の「1.07」という保有水平耐力比は、本件建物に要求された保有水平耐力比「1.25」に対し17%の耐力不足となっています。公設市場に求められる保有水平耐力比を満足していない水産仲卸売場棟を公設市場として使用することは、法的に認められないのです。

▲ハイベース工法の特長
 (クリックで拡大)

 東京都は、自らの主張を正当化するために、実際の構造種別(鉄骨鉄筋コンクリート造)とは異なる鉄骨造の資料を使用するなど、裁判所を混同させること、論点をずらすことを目的としています。これは、PTにおいて日建設計が提出した資料が虚偽の記載がある資料だったことと同様であり、設計ミスを隠ぺいしたい日建設計と、審査ミスを隠ぺいしたい東京都の目的が一致した結果の産物である虚偽の資料です。私たちは、PTにおける日建設計の説明や虚偽の資料を見て、彼らがごまかしていることを認識していました。論点ずらしや裁判所の混同を目的とした証拠について反論することに意味を見出せません。こうした虚偽の資料に惑わされず、裁判官が公正な判断を下されることを期待しています。

 

(つづく)

▼関連記事
小池「安全宣言」はまやかし!豊洲市場は建築基準法令違反を専門家が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月21日 13:12

「小泉・竹中ろくでもない」、大コール響く山本太郎の演説NEW!

 「小泉・竹中ろくでもない、小泉・竹中ろくでもない」。街中に市民の大コールが響いた。れいわ新選組から比例代表で立候補している山本太郎氏(44)の演説中、山本氏に促され...

2019年07月21日 12:39

れいわ新選組が新宿を占拠、マスコミの黙殺はねのけNEW!

 参議院選挙最終日の20日夕、東京・JR新宿駅西口は「れいわ新選組」支持者で埋め尽くされた。前川喜平・前文科事務次官も応援に駆け付け、同党が安倍政権に引導を渡すことに...

2019年07月21日 07:00

【7/22~9/20】鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」開催

 鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」が22日(月)から福岡県庁11階「福岡よかもんひろば!」で開催される。

2019年07月21日 07:00

グループ再編進行中 セメント事業と教育が肝(前)

 飯塚市の密着企業と目される麻生グループだが、事業再編と広域化も着実に行っている。不採算事業は清算、規模を縮小するなどしているほか、単体で売上高が落ちているセメント事...

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

pagetop